最新の投稿


JUIDA新春パーティー 今年は「ドローン事業化元年」へ

JUIDA新春パーティー 今年は「ドローン事業化元年」へ

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)主催の「2017年新年パーティー」が、各界の無人航空機産業関係者を招き、1月24日、東京・日本橋のコングレスクエアで盛大に催された。


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS株式会社(エムソリューションズ株式会社、 本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:佐藤 光浩、 以下M-SOL)は、 この度、 簡単にドローンの活用を支援するM-SOLのオリジナルサービス「Smart at drone(スマートアットドローン)」の提供を本日より開始すると発表した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

本セミナーの内容を正しくご理解してもらうことで、ユーザーが実際に国土交通省とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートする。


【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

 福島県田村市の県立船引高等学校(伊豆幸男校長)2年生、石井新一さん(写真中央)が、慶應大学が指導する「ドローン特別講座」に参加した感想を、日記にまとめてくれました。昨年12月にスタートした講座は、現在、基礎練習から、空撮、レース、地域課題解決に分かれ、専門のトレーニングにさしかかっています。


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチ社の高性能ドローン(1)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチ社の高性能ドローン(1)

2016年10月に「第7回ロボット大賞」が発表された。その中で、国土交通大臣賞を受賞したのが、ルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)のドローンSPIDER(スパイダー)を用いた高精度地形解析による災害調査技術。国内初となる3次元レーザー測量を実現した同社のドローン技術と受賞のポイントを聞く。


ラウンドアバウト(環状交差点)を上空から見ると… ドローンならでは視点が面白い動画

ラウンドアバウト(環状交差点)を上空から見ると… ドローンならでは視点が面白い動画

ここは新潟市初のラウンドアバウト(新潟中央環状線)での上空からの定点ドローンカメラ動画です。


ドローン格納庫「ロボットボックス」登場 ドローンが自ら飛び出し、自動で戻る

ドローン格納庫「ロボットボックス」登場 ドローンが自ら飛び出し、自動で戻る

 ドローンが自ら格納庫から飛び出し任務を遂行、その後、ふたたび格納庫に戻るというコンセプトを実現した製品が発表された。


高校でドローン授業! 徳島・那賀高校、森林クリエイト科で4月にスタート

高校でドローン授業! 徳島・那賀高校、森林クリエイト科で4月にスタート

 徳島県立那賀高校(那賀町)森林クリエイト科で、ドローンを学べる授業が4月に始まる。公立高校の授業で、ドローンを扱う例は、文部科学省の担当課も「聞いたことがない」という。産業界ではドローン人材の育成が急がれていて、学校の教育現場でドローン指導の導入議論にはずみがつく可能性がある。(写真はUMTA提供)


Tencentのライブストリーミング・ドローン「Ying」開発のZeroTechが大量レイオフ——開発スケジュールに影響か

Tencentのライブストリーミング・ドローン「Ying」開発のZeroTechが大量レイオフ——開発スケジュールに影響か

中国のテック巨人 Tencent(騰訊)初のライブストリーミング・ドローン「Ying(空影)」を作るパートナー企業が、トラブルに見舞われているかもしれない。先週金曜日(12月30日)、北京を拠点とする ZeroTech(零度智控)は全従業員の4分の1にあたる134人をレイオフした。


ドローンコラム:産業向けドローンに舵を切り始める大手ドローンベンダー

ドローンコラム:産業向けドローンに舵を切り始める大手ドローンベンダー

三大ドローンベンダーのうちの二社、仏Parrot社と米3D Robotics社が、相次いでリストラ策を発表した。またクラウドファンディングで資金を集めた米Lily Robotics社も破綻した。コンシューマ向けドローン市場は踊り場なのか。その原因について分析し、日本を含めた産業向けドローンの今後を考察する。(田中亘)


KDDIとハウステンボス、新技術を活用したサービス開発に関するパートナーシップを締結

KDDIとハウステンボス、新技術を活用したサービス開発に関するパートナーシップを締結

 KDDI株式会社 (東京都千代田区) と、ハウステンボス株式会社 (長崎県佐世保市) は、2017年1月19日に、コンシューマサービス分野におけるパートナーシップについて、MOU (覚書) を締結した。締結の第1弾として、ドローンレースへの協賛や、ドローン撮影サービス実証実験等を実施。


「京商ドローンレーサーのプチレースと体験会」を2月4日に開催 ドローン・サーキットSPLASH 横浜ベース

「京商ドローンレーサーのプチレースと体験会」を2月4日に開催 ドローン・サーキットSPLASH 横浜ベース

2016年11月に衝撃的なデビューをした京商ドローンレーサー。従来のレースドローンとは違うユニークな発想で生まれたドローンレーサーを体験できるまたとないチャンス。「京商ドローンレーサーのプチレースと体験会」が2月4日にドローン・サーキットSPLASH 横浜ベースで開催されることになった。


【慶大×田村市】レース、空撮、地域課題… 船引高ドローン講座、第2フェーズに

【慶大×田村市】レース、空撮、地域課題… 船引高ドローン講座、第2フェーズに

 慶應義塾大学からドローンの指導を受けている福島県立船引高校の特別講座が20日、新たなフェーズに入った。レース、空撮、地域課題の3チームに分かれ、これまでの基礎知識や基礎練習を、実践で活用していくことになる。


DPA潮見ドローン専用飛行場 開校2か月でドローンスクール受講者数600名突破

DPA潮見ドローン専用飛行場 開校2か月でドローンスクール受講者数600名突破

一般社団法人ドローン操縦士協会( 東京都渋谷区  略称: DPA(ディーパ))は、 世界最大級の屋内施設「DPA潮見ドローン専用飛行場」でのドローンスクール受講者数が、 開校2か月となる2016年12月末時点で、 累計受講者数が600名を超えたと発表。


「エンルート」が大分県の企業「モバイルクリエイト」と産業用ドローン、AI、情報システム等の共同開発を開始

「エンルート」が大分県の企業「モバイルクリエイト」と産業用ドローン、AI、情報システム等の共同開発を開始

株式会社エンルートとモバイルクリエイト株式会社が、 産業用ドローンの製造並びにAI・情報通信システム等の共同開発において業務提携。


大盛況の第1回ロボデックス展 ドローン活用の展示にも注目集まる

大盛況の第1回ロボデックス展 ドローン活用の展示にも注目集まる

第1回目となるロボデックスが開催され、ドローン関係の出展は少なかったものの、福島県が福島ロボットテストフィールドについて紹介、また産業用ドローンメーカーのエンルートとエンルートM’sもドローンを使った各種ソリューションを展示し注目集めていた。


EDACと九州大学 救急医療にドローンを活用する実証実験実施

EDACと九州大学 救急医療にドローンを活用する実証実験実施

 一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)は、「救急医療・災害対応におけるIoT利活用モデル実証事業」に関する公開実証実験を1月23日に九州大学伊都キャンパス(福岡市)で実施すると発表した。


平成28年度NEDO 『TSC Foresight』セミナー2月10日開催 後半に無人航空機システムについての講演

平成28年度NEDO 『TSC Foresight』セミナー2月10日開催 後半に無人航空機システムについての講演

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(第3回)」を開催します。