最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。


テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローンは早稲田大学スマート社会技術融合研究機構の鈴木太郎主任研究員と共同で、 独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の共同開発を完了した。 このシステムは鈴木研究員が内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)において研究開発した技術を応用。


Parrotが精密農業用ドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表

Parrotが精密農業用ドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表

2018年11月8日 - フランス。Parrot(仏)は、マルチスペクトルカメラを標準搭載した精密農業向けのドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表し、アメリカなどで販売を開始した。価格は、$4,490(約50万円)


DJIとPEUGEOTがドローン映画フェスティバル2018-19を開催

DJIとPEUGEOTがドローン映画フェスティバル2018-19を開催

ドローンメーカーのDJI(中国)と、欧州第2位の自動車メーカーのPEUGEOT(仏)に、フランクフルトの豪華ホテルDiaoyutai Mansion Frankfurtは、2019年の春に「PEUGEOTドローン映画フェスティバル2018-19」のグランドファイナルを開催すると発表した。


慶大コンソ、ドローンジャイがドローン普及に活躍 科学と社会をつなぐオープンフォーラム「サイエンスアゴラ2018」

慶大コンソ、ドローンジャイがドローン普及に活躍 科学と社会をつなぐオープンフォーラム「サイエンスアゴラ2018」

 科学と社会をつなぐオープンフォーラム「サイエンスアゴラ」(主催:国立研究開発法人科学技術振興機構)が、11月9~11日、東京・お台場で開催され、慶大ドローン社会共創コンソーシアムと、ドローンの普及を目指す女性チーム、ドローンジョプラス有志で構成する“戦隊”「ドローンジャイ」がドローンのワークショップで活躍した。


トライポッドワークス、AI映像解析を拡充 暗闇でも個体識別や色の認識が可能に

トライポッドワークス、AI映像解析を拡充 暗闇でも個体識別や色の認識が可能に

 映像情報を軸にIoTサービスを展開するトライポッドワークスは、映像認識AIを使った映像解析サービスに、ドローン映像、夜間映像も対応させると発表した。牧場での放牧牛の頭数管理や、明かりのない夜間など肉眼では認識不可能な暗闇の下での個体識別などが可能になる。夜間を含む設備点検、災害対策、セキュリティなどでの需要を見込む。


茂原市とブルーイノベーション、もばらドローン EXPO2018 を11月16日開催

茂原市とブルーイノベーション、もばらドローン EXPO2018 を11月16日開催

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、県内外から世界の最新ドローン技術を展示・披露し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供する「もばらドローン EXPO2018」を、11 月 16 日に開催する。


五輪競技会場周辺 ドローン飛行原則禁止へ

五輪競技会場周辺 ドローン飛行原則禁止へ

政府は、来年のラグビーワールドカップ、2020年の東京五輪・パラリンピックの大会期間中に、懸念されている小型無人機(ドローン)によろテロ対策として、競技場周辺において原則的にドローンの飛行を禁止し、許可なく飛行させた機体を強制的に回収できる法整備をすすめる。


五島列島、ドローンによる海洋ゴミ調査事業を請け負う企業を公募

五島列島、ドローンによる海洋ゴミ調査事業を請け負う企業を公募

五島列島(長崎県五島市)は、平成30年度五島市ドローンi-Landプロジェクト 海洋ゴミ調査事業業務委託 公募型プロポーザルを実施。


マイクロソフトがDJI Windows SDKの公開プレビューを発表

マイクロソフトがDJI Windows SDKの公開プレビューを発表

2018年10月30日。ソフトウェア大手のマイクロソフト(米国)は、DJIが米国で開催したAirWorksと自社のブログで、アプリケーション開発用のDJI Windows SDKの公開プレビューを発表した。


国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

日本郵便は7日、小型無人機「ドローン」を使った荷物輸送を福島県内の郵便局間で行った。操縦者が機体を視認できない範囲で運行する「目視外飛行」で、補助者をつけず航行したのは国内では初めて。南相馬市と浪江町の郵便局間の約9キロを、16分で飛行した。


Delair(仏)が農業・林業の大規模測量に最適化された新しいUAV UX11 Agを発表

Delair(仏)が農業・林業の大規模測量に最適化された新しいUAV UX11 Agを発表

2018年11月6日-フランス、トゥルーズ。商業用UASソリューションのサプライヤであるDelair(仏)は、農業向けに最適化された新しいUASプラットフォームのDelair UX11 Agを発表した。


エンルート、RIEGLスキャナ搭載機「LS1500R」を11月8日に発売 バッテリー含め25㎏未満で20分飛行

エンルート、RIEGLスキャナ搭載機「LS1500R」を11月8日に発売 バッテリー含め25㎏未満で20分飛行

 産業用ドローン製造のエンルート(埼玉県)は7日、オーストリアの測量機器メーカー、RIEGL製レーザースキャナ「VUX-1UAV」を搭載した新型機「LS1500R」を11月8日に発売すると発表した。機体、バッテリー、測量機材をあわせた重量は21.4㎏と25㎏未満に抑え、専用バッテリーで20分飛行可能だ。


DJI ARENA by JDRONE TOKYOがドローンによるGNSS測量術セミナーを開催

DJI ARENA by JDRONE TOKYOがドローンによるGNSS測量術セミナーを開催

2018年11月5日。株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、11月16日(金)13:00から東京都葛飾区のDJI ARENA by JDRONE TOKYOで「GNSS測量術から学ぶドローン活用セミナー」を開催すると発表した。


DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

2018年11月2日。DJIは、英国などで報告されている電力レベルの誤表示について調査中で、TB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意喚起を公式に発表した。