最新の投稿


EWATTエアロスペースがハイブリッドドローンEWZ-H6を発表

EWATTエアロスペースがハイブリッドドローンEWZ-H6を発表

オランダのアムステルダムで、4月10日から開催されている商用UAV EXPOで、米国のEWATTエアロスペース社(本社:ロサンゼルス)が、ペイロード10kgで最大2.5時間の飛行を可能にするハイブリッドドローンEWZ-H6を発表した。(田中亘)


東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る⑤ 増殖する緑の“立体物”

東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る⑤ 増殖する緑の“立体物”

東日本大震災から7年、津波で甚大な被害を蒙った沿岸地域は堤防工事やかさ上げでその風景は大きく変貌し、一方、東京電力福島第一原発事故の影響を受けた地域は未だ復旧、復興の兆しが見えない。従来のアングルからは分からなかった被災地の姿を、ドローンの“鳥の眼”を通して再検証した。産経新聞写真報道局が報告する。


インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

半導体大手のインテルコーポレーションは、ドローン事業にも積極的な投資を行っている。その理由は、ドローン産業の発展がデータ革命をけん引すると予測しているから。インテルのドローン事業から産業の未来像を考察する。(田中亘)


DJI、NAB 2018 で高精度かつ直感的なジンバルソリューションを発表

DJI、NAB 2018 で高精度かつ直感的なジンバルソリューションを発表

DJI は、「NAB Show 2018」で、新しい映像 制作ツール「DJI MASTER WHEELS」 と「DJI FORCE PRO」を発表した。これはプロ仕様のジンバ ルソリューションで、ジンバルの高精度な制御を可能する。


デンソーが測量機器販売の岩崎に出資 ドローンを使った測量・社会インフラ点検事業で協業

デンソーが測量機器販売の岩崎に出資 ドローンを使った測量・社会インフラ点検事業で協業

株式会社デンソーは、ICT関連機器・測量機器・計測器を販売する技術商社の株式会社岩崎に出資、ドローンを使った測量・社会インフラ点検事業で協業をおこなっていく。


東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る④ 育て!海岸線を守る海岸防災林

東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る④ 育て!海岸線を守る海岸防災林

東日本大震災から7年、津波で甚大な被害を蒙った沿岸地域は堤防工事やかさ上げでその風景は大きく変貌し、一方、東京電力福島第一原発事故の影響を受けた地域は未だ復旧、復興の兆しが見えない。従来のアングルからは分からなかった被災地の姿を、ドローンの“鳥の眼”を通して再検証した。産経新聞写真報道局が報告する。


DroneTimes副編集長がSaashaの番組にゲスト出演 「レディオ湘南」で4月24日オンエア

DroneTimes副編集長がSaashaの番組にゲスト出演 「レディオ湘南」で4月24日オンエア

 ドローン業界関係者の間でイメージソングとして親しまれている楽曲〝fly〟を歌うシンガーソングライター、SaashaがパーソナリティーをつとめるコミュニティFM「レディオ湘南」(藤沢エフエム放送株式会社)の番組「Saashaのbees fly」にDroneTimes副編集長の村山繁がゲスト出演し、収録を終えました。オン


水深50メートル航続距離7キロメートルで群制御が可能な水中ドローンSwarmDiver

水深50メートル航続距離7キロメートルで群制御が可能な水中ドローンSwarmDiver

2018年4月9日。シドニー、マサチューセッツ。水中ドローンを開発しているAquabotix社は、1人で複数の水中ロボットを操作できるSwarmDiverを発表した。海洋調査や防衛などに活用できる。(田中亘)


テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

4月10日。テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下「テラドローン」)とセハン測器(本社:釜山広域市中区、代表:鄭世鎮)は、韓国・釜山にある荒嶺山にて、韓国初となるUAV3 次元レーザー計測を実施したと発表した。(田中亘)


ドローンのナビゲーションや測量に適したOUSTERの新型LiDARセンサー

ドローンのナビゲーションや測量に適したOUSTERの新型LiDARセンサー

カリフォルニア州サンノゼ、2018年3月28日。高性能なLiDARを開発しているOUSTER社(本社:サンフランシスコ)は、NVIDIA DRIVE AIプラットフォームに対応する2つの新製品を発表した。(田中亘)


KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI株式会社 (東京都千代田区) は、産業用ドローンを開発・製造する株式会社プロドローン (愛知県名古屋市) と追加出資に関する資本提携、業務提携契約を締結した。これによりプロドローンは、KDDIの持分法適用関連会社となった。


日本から水中ドローンで米国のSXSWに参加したイノベーション企業の挑戦

日本から水中ドローンで米国のSXSWに参加したイノベーション企業の挑戦

毎年3月にアメリカ合衆国テキサス州オースティンで行なわれるSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト:South by Southwest)は、音楽祭や映画祭にインタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模イベント。最近では、スタートアップの登竜門として世界から注目が集まっている。(田中亘)


東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る③ 「解体か保存か」遺構めぐり町を2分

東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る③ 「解体か保存か」遺構めぐり町を2分

東日本大震災から7年、津波で甚大な被害を蒙った沿岸地域は堤防工事やかさ上げでその風景は大きく変貌し、一方、東京電力福島第一原発事故の影響を受けた地域は未だ復旧、復興の兆しが見えない。従来のアングルからは分からなかった被災地の姿を、ドローンの“鳥の眼”を通して再検証した。産経新聞写真報道局が報告する。


東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る② 被災地見守る一本松

東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る② 被災地見守る一本松

東日本大震災から7年、津波で甚大な被害を蒙った沿岸地域は堤防工事やかさ上げでその風景は大きく変貌し、一方、東京電力福島第一原発事故の影響を受けた地域は未だ復旧、復興の兆しが見えない。従来のアングルからは分からなかった被災地の姿を、ドローンの“鳥の眼”を通して再検証した。産経新聞写真報道局が報告する。


天空の菜の花畑 会津喜多方三ノ倉高原 (2017年空撮)

天空の菜の花畑 会津喜多方三ノ倉高原 (2017年空撮)

昨年行われた福島県喜多方市の「菜の花フェスタ in 三ノ倉高原花畑」。


東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る① あの日から変わらぬ時間

東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る① あの日から変わらぬ時間

東日本大震災から7年、津波で甚大な被害を蒙った沿岸地域は堤防工事やかさ上げでその風景は大きく変貌し、一方、東京電力福島第一原発事故の影響を受けた地域は未だ復旧、復興の兆しが見えない。従来のアングルからは分からなかった被災地の姿を、ドローンの“鳥の眼”を通して再検証した。産経新聞写真報道局が報告する。


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


徳島県版“ドローン特区”「那賀町」

徳島県版“ドローン特区”「那賀町」

徳島県版ドローン特区となった那賀町の奥深い自然を紹介。


青森県弘前市の弘前公園(弘前城)の満開の桜 【2016年・ドローン空撮】

青森県弘前市の弘前公園(弘前城)の満開の桜 【2016年・ドローン空撮】

日本の美しい風景 "青森 弘前公園の桜と夜桜" 死ぬまでに行きたい世界の絶景。2016年撮影。


DJI ZENMUSE X7 が ファームウェア更新でApple ProRes RAW に対応

DJI ZENMUSE X7 が ファームウェア更新でApple ProRes RAW に対応

空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、空撮用 Super 35mm デジタルシネマ カメラ「ZENMUSE X7」が最新のファームウェア更新で、Apple ProRes RAW に対応することを 発表した。