最新の投稿


日本のプロフェッショナルチーム「RAIDEN」が2位獲得! 初出場DCLドイツ大会で!

日本のプロフェッショナルチーム「RAIDEN」が2位獲得! 初出場DCLドイツ大会で!

 ドローンレースでの日本のプロフェッショナルチーム「RAIDEN RACING」は22日、ドイツ・ミュンヘンで開幕したドローンレースの最高峰「Drone Champions League(DCL)」に出場し、初戦で2位に入った。RAIDENは日本で初めてのプロチームで、初の海外遠征での快挙となった。


【慶大ドローン】ドロゼミが3チームに分かれて活動準備! 

【慶大ドローン】ドロゼミが3チームに分かれて活動準備! 

 大学の卒業要件にカウントされない慶應義塾大学の自主活動〝ドロゼミ〟は、参加学生を3チームに編成した。今後7月18日に想定した任務に向けて、段取り、練習、役割分担などの具体的な検討、活動に入る。


元乃隅稲成神社 ・山口県長門市【ドローン空撮】

元乃隅稲成神社 ・山口県長門市【ドローン空撮】

123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ景色は圧巻。地上部分は手持ちカメラで撮影。


「長崎鼻灯台」・鹿児島県出水郡長島 ドローン空撮 

「長崎鼻灯台」・鹿児島県出水郡長島 ドローン空撮 

スケールが大きい空撮映像。


【慶大×田村市】船引高校での特別講座第3期開始 「まずは4つの言葉を覚えよう」

【慶大×田村市】船引高校での特別講座第3期開始 「まずは4つの言葉を覚えよう」

 慶大と包括連携協定を締結した福島県田村市で、市内の福島県立船引高校を対象にしたドローン特別講座第3期が6月15日に始まった。未経験の生徒に経験者、卒業生らも加わった。ドローンコンソーシアムたむらの関係者も見守る中、指導を務める慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は「まずこの言葉を覚えよう」と切り出した。


東洋のヴェニス 中国・蘇州の山塘街 [ドローン空撮/かりゆしエア]

東洋のヴェニス 中国・蘇州の山塘街 [ドローン空撮/かりゆしエア]

東洋のヴェニスとも呼ばれる中国江蘇省の蘇州の山塘街を空撮。


撫養城空撮 徳島県鳴門市

撫養城空撮 徳島県鳴門市

Shot on DJI Phantom3 pro.


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。