最新の投稿


ドローンを活用して稲の栽培を見える化する「DJアグリサービス」

ドローンを活用して稲の栽培を見える化する「DJアグリサービス」

ドローンのコンサルティングやサービスを提供するために2015年12月に設立されたドローン・ジャパン株式会社(代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、ドローンで田畑を解析し「見える化」する「DJアグリサービス」を2017年4月より開始する。(田中亘)


最大積載量35kg、最大高度2,800m、航続距離90kmの産業用ドローン自動航行型無人ヘリ「FAZER R G2」を開発

最大積載量35kg、最大高度2,800m、航続距離90kmの産業用ドローン自動航行型無人ヘリ「FAZER R G2」を開発

 ヤマハ発動機株式会社は、無人航空機(通称ドローン)の産業用ハイエンドモデルとなる自動航行型無人ヘリコプター「FAZER R G2(フェーザー・アール ジーツー)」を開発し、2017年4月から計測・観測・監視・撮影・運搬等の産業用途向けに機体のレンタル、業務受託を開始すると発表した。


ブイキューブロボティクス、ドローンの全自動運行を実現する「DRONEBOX」の国内独占販売を開始

ブイキューブロボティクス、ドローンの全自動運行を実現する「DRONEBOX」の国内独占販売を開始

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパンは、ドローンを活用した先進的なIoTプラットフォームの開発を手掛け、数多くの特許を保有するH3 Dynamics(本社:シンガポール)と、業務用ドローン分野における戦略的パートナー提携を締結し、H3Dの提供する「DRONEBOX(ドローンボックス)」の国内独占販売を開始する。


DJI、農薬散布ドローン「Agras MG-1」が性能確認番号を取得 2016年内の販売、出荷を開始予定

DJI、農薬散布ドローン「Agras MG-1」が性能確認番号を取得 2016年内の販売、出荷を開始予定

DJI JAPAN株式会社は、DJIの農薬散布ドローン「Agras MG-1」が、一般社団法人 農林水産航空協会より性能確認番号を取得したことを発表した。


IoT新時代。ドローン向けデータプランを米ベライゾンが販売へ

IoT新時代。ドローン向けデータプランを米ベライゾンが販売へ

米キャリアのベライゾンは近日、ドローン向けのデータプランの販売を開始する。


戦争の恐ろしさ:ドローンが破壊されたアレッポを撮影

戦争の恐ろしさ:ドローンが破壊されたアレッポを撮影

シリア北部のアレッポでは、激しさの程度は様々だが数年にわたり戦闘行為が続いた結果、多くの街区が、瓦礫の山と化しているが、このほどBFMTVが空からこれを確認した。無人機に備え付けられたビデオ機器が、シリア北部最大の町の大量破壊の様子を撮影した。


ドローンが撮った偶然ショットに称賛の声! 屋上の芝生に寝転ぶウェディング・カップルが素敵!

ドローンが撮った偶然ショットに称賛の声! 屋上の芝生に寝転ぶウェディング・カップルが素敵!

 高層ビルの屋上の芝生のうえで寝転ぶウェディング・カップルの写真が、幸福感あふれる写真はSNSで拡散され、称賛の声が寄せられている。


羽ばたく姿は鳥そのもの その名も「Bionic Bird」

羽ばたく姿は鳥そのもの その名も「Bionic Bird」

 もしかしたら、最大の特徴はドローンであると気付かれずに飛ばすことができてしまうことかもしれない。


火山噴火をドローンで撮影 迫力ある動画が、研究の一助にも

火山噴火をドローンで撮影 迫力ある動画が、研究の一助にも

 火山学者は研究のために、火山の火口に近付くことがある。ドローンは、観察に伴う噴火遭遇リスクを、減らしてくれるかもしれない。


ドローン悪用したテロを想定 韓国が総合訓練で撃墜訓練

ドローン悪用したテロを想定 韓国が総合訓練で撃墜訓練

 複合施設のテロに備えた「2016国家対テロ総合訓練」では、ドローンがテロに悪用されたことを想定し、撃墜する戦術訓練も組み込まれたのが特徴だ。


サーモグラフィ画像撮影のドローン 韓国企業が東南アジアにテスト輸出

サーモグラフィ画像撮影のドローン 韓国企業が東南アジアにテスト輸出

 韓国のメーカーが開発した、サーモグラフィ画像を撮影可能なドローンが東南アジアに輸出されることになった。国境監視用に使われることになりそうだという。


町の消防本部で操作講習会 「徳島ドローン特区」の那賀町が〝ドローンの日〟に開催

町の消防本部で操作講習会 「徳島ドローン特区」の那賀町が〝ドローンの日〟に開催

ドローンを町おこしに活用する取り組みを進め、徳島県が「徳島ドローン特区」に指定している、徳島県那賀町で、「ドローンの日」の10月6日、消防職員を対象にした操作講習会が開かれた。


都内に4万平方メートル! 世界最大級の屋内ドローンコート、操縦士協会が開設

都内に4万平方メートル! 世界最大級の屋内ドローンコート、操縦士協会が開設

 ドローン操縦士の技能向上に取り組む一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA=ディーパ、小林一郎理事長)は6日、世界最大級の屋内ドローンコートを東京都内に開設、10月21日に運用を始めると発表した。


資格認定の仕組みを発表 ドローン操縦士協会

資格認定の仕組みを発表 ドローン操縦士協会

一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA=ディーパ、小林一郎理事長)が、「ドローンの日」にあたる10月6日に発表会を開催し、操縦者資格の仕組みと概要を発表した。


「武装ドローン」輸出基準策定を呼びかけ 米主導で宣言発表 日本など44カ国が参加

「武装ドローン」輸出基準策定を呼びかけ 米主導で宣言発表 日本など44カ国が参加

 米国務省は5日、武装無人機の輸出や使用に関する国際基準策定を呼び掛ける共同宣言を発表した。日本を含む44カ国が賛同。中国など新興国で過熱する開発競争を念頭に、米主導で拡散防止体制の構築を目指す。中国、ロシアは不参加。


取り付けて、放り投げる! GoPro向け空撮アクセサリー「AER」の新発想がヤバい!

取り付けて、放り投げる! GoPro向け空撮アクセサリー「AER」の新発想がヤバい!

GoProのアクションカメラを取り付けるスポンジ状のアクセサリー「AER」がとがっている。取り付けて、放り投げると、空撮するというしろものだ。


「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける!~」 東大でワークショップ開催

「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける!~」 東大でワークショップ開催

東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点・一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は、2016年11月26日にワークショップ「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける(かける)!~」を開催する。会場は、東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター。


【全国初】DJIが農協でドローン操縦者育成プログラム「DJI CAMP」開催

【全国初】DJIが農協でドローン操縦者育成プログラム「DJI CAMP」開催

株式会社ホープフィールド(東京都墨田区 代表:望月大二郎)は、 ドローン操縦者育成プログラム「DJI CAMP」の提供を開始する。 第1回は 2016年10月16日(日)~17日(月) 静岡県静岡市清水区 JAしみず両河内支店にて実施。


日本ドローンレース協会(JDRA)が関西、四国、東北に支部発足

日本ドローンレース協会(JDRA)が関西、四国、東北に支部発足

一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は6日、 関西支部、 東北支部、 四国支部を新たにJDRA支部として発足したと発表した。


横にも縦にも飛ぶ未来風ドローンが登場 地球上どこからでも操作可能に

横にも縦にも飛ぶ未来風ドローンが登場 地球上どこからでも操作可能に

ドローンといえば垂直に飛び上がり、そのまま「よっ」と姿勢を傾けて前進するのが一般的。中には固定翼を搭載して投げて飛ばすドローンもありますけれど…ね。しかしそんな固定概念を崩すべく、縦方向にも横方向にも自在に飛べるドローンの開発がすすめられています。