コラム・インタビュー


コラム・インタビューの記事一覧

ドローンタイムズ年末恒例・ドローン10大ニュース③ 第1位〜第5位

ドローンタイムズ年末恒例・ドローン10大ニュース③ 第1位〜第5位

2018年は、補助者なしで目視外の自動航行を実現させ、被災地での活用が進み、様々な産業用ドローンも新製品が登場、有望なスタートアップに対し大手企業も巻き込んだファンドの投資が活発化、そしてドローンスクール事業も全国に拡大するなど意義深い1年だったのではないだろうか。第1位〜第5位をピックアップした。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑦

「入門コース」、「操縦技能コース」に続き、いよいよドローンによる写真測量をする『中級コース』を受講した。


ドローンタイムズ年末恒例・ドローン10大ニュース② 第6位〜第10位

ドローンタイムズ年末恒例・ドローン10大ニュース② 第6位〜第10位

2018年は、補助者なしで目視外の自動航行を実現させ、被災地での活用が進み、様々な産業用ドローンも新製品が登場、有望なスタートアップに対し大手企業も巻き込んだファンドの投資が活発化、そしてドローンスクール事業も全国に拡大するなど意義深い1年だったのではないだろうか。第6位〜第10位をピックアップした。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑥

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑥

「入門コース」、「操縦技能コース」に続き、いよいよドローンによる写真測量をする『中級コース』を受講した。


ドローンタイムズ年末恒例・ドローン10大ニュース① 意義深い1年を振り返る

ドローンタイムズ年末恒例・ドローン10大ニュース① 意義深い1年を振り返る

2018年は、補助者なしで目視外の自動航行を実現させ、被災地での活用が進み、様々な産業用ドローンも新製品が登場、有望なスタートアップに対し大手企業も巻き込んだファンドの投資が活発化、そしてドローンスクール事業も全国に拡大するなど意義深い1年だったのではないだろうか。次回からランキングを発表。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑤

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑤

入門コースに続き、今回はドローンを飛ばす操縦技能コースを埼玉県吉見町の「フレンドシップ・ハイツよしみ」で全4日間、びっちり受講した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記④

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記④

入門コースに続き、今回はドローンを飛ばす操縦技能コースを埼玉県吉見町の「フレンドシップ・ハイツよしみ」で全4日間、びっちり受講した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記③

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記③

入門コースに続き、今回からドローンを飛ばす操縦技能コースを「フレンドシップ・ハイツよしみ」(埼玉県吉見町)で全4日間、びっちりとを受講した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記②

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記②

国際航業が展開している「ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得可能」な3次元計測スクール、全7つのコースの中から今回は“入門コース”をドローンタイムズのスタッフ“吉田”、“廣岡”の2名が受講した。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

欧米ではクルーザーのオーナーなどを中心に販売を拡大しているPowerVision社の水中ドローンPowerRay。日本でも、釣具を取り扱う販売店やレジャー用ボートのユーザーを中心に、販売が拡大している。その一方で、PowerRayを水中の工事などで活用しようという取り組みもある。その最前線を取材した。(田中亘)


インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

半導体大手のインテルコーポレーションは、ドローン事業にも積極的な投資を行っている。その理由は、ドローン産業の発展がデータ革命をけん引すると予測しているから。インテルのドローン事業から産業の未来像を考察する。(田中亘)


ドルチェ&ガッバーナ、モデルの代わりにドローンがバッグをお披露目:Sputnik/ツイッター動画

ドルチェ&ガッバーナ、モデルの代わりにドローンがバッグをお披露目:Sputnik/ツイッター動画

イタリアのファッションブランド「ドルチェ&ガッバーナ」は伊ミラノで開いた女性向け秋冬コレクション発表で、ドローンを用いてバッグをお披露目。


2018年は固定翼ドローンの普及年になるか

2018年は固定翼ドローンの普及年になるか

DJIが固定翼ドローンを開発しているのではないか、という噂がネットを駆け巡っている。その真偽はともかくとして、産業用ドローン元年と称された2017年が終わり、2018年はVTOL(垂直離着陸)能力を備えた固定翼ドローンの普及年になるのではないだろうか。


米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(後編)

米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(後編)

欧米でドローンの展示会やニュースを発信しているCOMMERCIAL UAV EXPO社が、2018年の産業用ドローン市場に対する8つの予測を発表した。後編では、残る4つの予測と日本市場について考察する。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【2018展望】慶大・南政樹氏(下)〝つくる人を増やそう〟年間に!

【2018展望】慶大・南政樹氏(下)〝つくる人を増やそう〟年間に!

 「ドローン前提社会」を掲げる慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムで事務局長を務める南政樹氏(慶大大学院特任助教)のインタビューを前回に続いてお届けする。南氏は2018年について「つくる人を増やそう年間」と答えた。そのココロは?


【2018展望】慶大・南政樹氏(上) 〝田村モデル〟の人材育成カリキュラムを拡充 他地域への展開も

【2018展望】慶大・南政樹氏(上) 〝田村モデル〟の人材育成カリキュラムを拡充 他地域への展開も

 ドローンの発展に奔走するキーマンは2018年をどう展望するのか。慶應義塾大学は2016年12月に福島県田村市と〝ドローン連携協定〟を締結し、高校生にドローン講座を提供するなど田村市の活性化に取り組んできた。活動で中心的な役割を担った南政樹特任助教に次の一手と、業界の展望を聞いた。2回に分けてお届けする。


米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(前編)

米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(前編)

欧米でドローンの展示会やニュースを発信しているCOMMERCIAL UAV EXPO社が、米国における2018年の産業用ドローン市場に対する8つの予測を発表した。その8つの予測と日本市場の展望を考察する。