プレスリリース


プレスリリースの記事一覧

KDDIとハウステンボス、新技術を活用したサービス開発に関するパートナーシップを締結

KDDIとハウステンボス、新技術を活用したサービス開発に関するパートナーシップを締結

 KDDI株式会社 (東京都千代田区) と、ハウステンボス株式会社 (長崎県佐世保市) は、2017年1月19日に、コンシューマサービス分野におけるパートナーシップについて、MOU (覚書) を締結した。締結の第1弾として、ドローンレースへの協賛や、ドローン撮影サービス実証実験等を実施。


DPA潮見ドローン専用飛行場 開校2か月でドローンスクール受講者数600名突破

DPA潮見ドローン専用飛行場 開校2か月でドローンスクール受講者数600名突破

一般社団法人ドローン操縦士協会( 東京都渋谷区  略称: DPA(ディーパ))は、 世界最大級の屋内施設「DPA潮見ドローン専用飛行場」でのドローンスクール受講者数が、 開校2か月となる2016年12月末時点で、 累計受講者数が600名を超えたと発表。


「エンルート」が大分県の企業「モバイルクリエイト」と産業用ドローン、AI、情報システム等の共同開発を開始

「エンルート」が大分県の企業「モバイルクリエイト」と産業用ドローン、AI、情報システム等の共同開発を開始

株式会社エンルートとモバイルクリエイト株式会社が、 産業用ドローンの製造並びにAI・情報通信システム等の共同開発において業務提携。


EDACと九州大学 救急医療にドローンを活用する実証実験実施

EDACと九州大学 救急医療にドローンを活用する実証実験実施

 一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)は、「救急医療・災害対応におけるIoT利活用モデル実証事業」に関する公開実証実験を1月23日に九州大学伊都キャンパス(福岡市)で実施すると発表した。


スカイロボット社が空中から正確な温度測定可能なドローン用赤外線カメラを発売

スカイロボット社が空中から正確な温度測定可能なドローン用赤外線カメラを発売

産業用ドローンの開発、販売を手掛ける株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ドローンに搭載して空中から正確な温度測定ができる赤外線サーモグラフィカメラ『FLIR Vue PRO R(フリアービュープロアール)』を2017年2月7日に発売すると発表した。


テキサス・インスツルメンツ(TI)、クワッドコプターや産業用ドローンの飛行時間と電池動作時間を延長する新型テクノロジを発表

テキサス・インスツルメンツ(TI)、クワッドコプターや産業用ドローンの飛行時間と電池動作時間を延長する新型テクノロジを発表

日本テキサス・インスツルメンツは、小包の運送、探査や、長距離の通信とアシストに使われるクワッドコプター、その他非軍事用の民生および産業用ドローンの飛行時間と電池動作時間の延長に役立つ、回路ベースのサブシステム・リファレンス・デザイン2種類を発表した。


ドローン複合施設「ライオンズファシリティ」でイベント・講習会・検定を開始

ドローン複合施設「ライオンズファシリティ」でイベント・講習会・検定を開始

ライオンズフィルム株式会社は、墨田区立川に、東京23区内初のドローンフライト練習場と体験型ショールーム・カフェバーが一つになった複合施設『ライオンズファシリティ』でドローンに関するイベント・講習会・検定を2017年1月に開始すると発表。


気圧センサー搭載で高度自動維持がスムーズなドローン「cocoon」ジーフォースから1月20日発売開始

気圧センサー搭載で高度自動維持がスムーズなドローン「cocoon」ジーフォースから1月20日発売開始

気圧センサーが操縦をアシスト。Wi-Fiカメラ内蔵、自動でホバリング、高度自動維持機能搭載のドローン「cocoon」をジーフォースが1月20日発売開始


テラドローン、愛知県に中部支社設立~CIM/i-Construction のモデルケース発信へ

テラドローン、愛知県に中部支社設立~CIM/i-Construction のモデルケース発信へ

ドローン(UAV)土木測量の日本最大手テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、1月、愛知県に支社を設立した。この支社設立を通 して、中部地方におけるドローン測量を中心とした CIM/i-Construction への対応強化を行う。


PwCコンサルティングが国内で「ドローン・パワード・ソリューション」の提供を開始

PwCコンサルティングが国内で「ドローン・パワード・ソリューション」の提供を開始

1月12日。PwCコンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋、以下PwC)は、「ドローン・パワード・ソリューション」を発表した。同ソリューションは、ドローンの活用を検討している企業に、企画・開発から運用設計、実稼働後のデータアナリティクスまでを一貫して支援する。


DJI製ドローンに標準添付される 最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大 ソフトバンクC&S

DJI製ドローンに標準添付される 最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大 ソフトバンクC&S

DJI製ドローン「Phantom 4」限定で標準添付されている最大4億円の賠償責任保険の対象機種を、2016年12月19日出荷分より拡大します。


パシフィックネット、ソーラーモジュールIR検査サービス『ドローンアイ』を提供開始

パシフィックネット、ソーラーモジュールIR検査サービス『ドローンアイ』を提供開始

クラウドとのコンビネーションにより短時間で制度の高い検査が可能に


ドローン空撮による映像作品コンテスト「Drone Movie Contest 2017」開催

ドローン空撮による映像作品コンテスト「Drone Movie Contest 2017」開催

デジタルハリウッドが運営をする「Digital Hollywood Robotics Academy」では、 昨年に引き続き「Drone Movie Contest 2017」を開催する。このコンテストは、 ドローンで空撮映像作品を対象とし、3月の「Japan Drone 2017」の企画の一つとして開催される。


<農業の未来を創造しよう>第2回「ドロンソン」開催 今回のテーマは「ドローン×農業」

<農業の未来を創造しよう>第2回「ドロンソン」開催 今回のテーマは「ドローン×農業」

ドローンの利活用を考える「第2回ドロンソン」が、1月21日、秋田市にぎわい交流館AUで開催される。 午前中は入場無料の「ドローン de UFOキャッチャー」ブースを用意し、子供から大人までドローンの操縦を楽しんでもらう。 午後からは参加者同士がチームになり、 ドローンの活用方法を考えるアイディアソンを実施する。


ソシオネクストがイメージングプロセッサー新製品を開発 ドローン撮影に最適化

ソシオネクストがイメージングプロセッサー新製品を開発 ドローン撮影に最適化

 富士通とパナソニックのシステムLSI事業部門を事業統合で2015年に誕生したソシオネクスト (横浜市) は、イメージングプロセッサーの新製品「SC2000」を開発したと発表した。ドローンやアクションカメラの撮影への最適化を図っているという。


『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』の一般参加者の募集を本格化

『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』の一般参加者の募集を本格化

 ハウステンボス株式会社と一般社団法人日本ドローンレース協会は2017年2月に開催する日本初夜間ドローンレース『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』の一般参加者募集を本格化する。 また招待選手の10名も決定、 昨年12月にJDRAが主催した大会でトップ成績を収めた最年少17歳の選手もレースに参加。


海外の最先端37企業事例を精選・分析『世界のドローンビジネス調査報告書2017』‐各分野の最先端事例から見る日本の可能性

海外の最先端37企業事例を精選・分析『世界のドローンビジネス調査報告書2017』‐各分野の最先端事例から見る日本の可能性

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレスのシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、新産業調査レポート『世界のドローンビジネス調査報告書2017』の販売を2016年12月15日(木)より開始いたします。


中国深圳3泊4日ツアー「SHENZHEN DRONE FIELD WORK 2017」参加者募集開始!

中国深圳3泊4日ツアー「SHENZHEN DRONE FIELD WORK 2017」参加者募集開始!

"中国のシリコンバレー"深圳のドローン業界に触れドローン空撮も体験できるドローン好きのための3泊4日深圳ツアー


セキドが土木・測量業界関係者必見!ドローン活用無料セミナー in 横浜を開催

セキドが土木・測量業界関係者必見!ドローン活用無料セミナー in 横浜を開催

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 2017年1月13日(金)ソフトウェア―メーカー 福井コンピューター 株式会社と共同で、土木・測量業界の関係者を対象とした無料セミナーを開催する。建設生産システム全体の生産性向上を図ることを目的とした、ドローンの導入~運用、ソフトウェア活用まで、トータルソリューションを提案する。


テラドローンが国内初となるレーザー測量用の固定翼無人機の開発を開始

テラドローンが国内初となるレーザー測量用の固定翼無人機の開発を開始

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:徳重 徹/以下、テラドローン)は、測量用のRiegl 社製レーザーを搭載する固定翼無人機の開発を開始した。来年度4月の実用開始を予定している。