製品・サービス


製品・サービスの記事一覧

スポーツ空撮でフォーメーションの確認やプレー改善 「Bird's view サービス」

スポーツ空撮でフォーメーションの確認やプレー改善 「Bird's view サービス」

ドローン関連の教育事業などを手がけるトライアローは、さまざまなスポーツの練習や試合の様子をドローンを使ってBird's view=俯瞰(ふかん)で空撮し、フォーメーションの改善やプレーの向上につなげる「Bird's view サービス」を4月12日から開始します。


ルアーを飛ばす、水上での離発着もできるドローン

ルアーを飛ばす、水上での離発着もできるドローン

米連邦航空局の予測によれば、およそ5年後には商用ドローンの普及機数は10倍の規模にまで膨れ上がるという。こうした商用ドローン・ブームの陰に隠れがちだが、ホビー用ドローンの世界でも、なかなか面白い商品が開発されている。今回は、その中でも釣りに特化ドローンを紹介したい。



ドローン事業を立ち上げ、飛躍を試みる国際資源リサイクルセンター

ドローン事業を立ち上げ、飛躍を試みる国際資源リサイクルセンター

遊技機のリサイクルを行う国際資源リサイクルセンター(本社:栃木県宇都宮市、代表取締役:千田谷直光)は、昨年11月にUAV事業部を新たに立ち上げた。現在は空撮をメインとしてしているが、今後は測量、点検といったi-Constructionへも拡大、ドローンレースに参入する構想を持つなどドローン事業に積極的に取り組んでいる。


ドローンデパートメントがSkyerとプロフェッショナル養成ドローンスクール「ドローンの学校」を開校

ドローンデパートメントがSkyerとプロフェッショナル養成ドローンスクール「ドローンの学校」を開校

ドローンデパートメント株式会社は株式会社skyerと共同で、 JUIDA認定カリキュラムに加えて独自カリキュラムをプラスした、 プロフェッショナル養成ドローンスクール「ドローンの学校」を4月29日(予定)より、 仙台市で開校すると発表した。


MOCホールディングスがJUIDA認定ドローンスクール 5月開講!

MOCホールディングスがJUIDA認定ドローンスクール 5月開講!

株式会社エム・オー・シーホールディングス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役CEO:三宅保雄/以降MOCホールディングス)は、メディア事業部のドローン事業でJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)公認ドローンスクールを今年5月に開講する。


NASAが火星探査ドローン「Mars Flyer」を開発、動画を公開

NASAが火星探査ドローン「Mars Flyer」を開発、動画を公開

火星の探査にドローンを活用しようという取り組みがNASAで始まっている。NASAのLangley Research Centerは27日、火星探査ドローン「Mars Flyer」を動画で公開した。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


残業中の社員に迫る巡回ドローンでオフィス監視と社員の健康を守る「T-FREND」今秋にも登場

残業中の社員に迫る巡回ドローンでオフィス監視と社員の健康を守る「T-FREND」今秋にも登場

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。JAPAN DRONE 2017の大成ブースでは、オフィスを巡回するドローンソリューション「T-FREND」を参考展示していた。


手のひらサイズのドローン「Kudrone」 4Kカメラ搭載、自動追尾機能付きで99ドル

手のひらサイズのドローン「Kudrone」 4Kカメラ搭載、自動追尾機能付きで99ドル

ドローンを飛ばすからには空撮したい。それも、高画質の映像であれば言うことない。そんな要望に応えるミニドローンがクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。


エンルートのドローン7機種が、国交省への飛行許可・承認申請で資料の一部を省略することができると認定

エンルートのドローン7機種が、国交省への飛行許可・承認申請で資料の一部を省略することができると認定

株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:伊豆智幸)の自社オリジナルブランド、 Zion(ザイオン)製品の7機種が、 国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請にで、 「資料の一部を省略することができる無人航空機」として認定された。


三井不動産ほか7社「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」 幕張新都心でドローン宅配など検討

三井不動産ほか7社「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」 幕張新都心でドローン宅配など検討

三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業の7社は3月16日、千葉市幕張新都心の大規模住宅地区となる「幕張新都心若葉住宅地区」で、住宅に加えオフィス・商業をはじめとする複合機能を備えた街づくり「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」を始動すると発表した。


テラドローン、 ドローン専用画像処理ソフト「Terra Mapper」β版をリリース

テラドローン、 ドローン専用画像処理ソフト「Terra Mapper」β版をリリース

国内外でドローン(UAV)計測事業を展開するテラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン専用の画像処理ソフト“Terra Mapper” のβ版をリリースした。


東京ドローンプラスが農薬散布用ドローン「ヘリオス10」の発売開始

東京ドローンプラスが農薬散布用ドローン「ヘリオス10」の発売開始

東京ドローンプラスは、“農薬散布用ドローンのパイオニア”スカイロードと共同開発した新型農薬散布用ドローン「ヘリオス10」の発売を開始したと発表した。


シー・シー・ピー、気圧センサー搭載の超小型ドローン「リアルライブテトラル」を発売

シー・シー・ピー、気圧センサー搭載の超小型ドローン「リアルライブテトラル」を発売

 株式会社バンダイ(東京都台東区)の子会社である株式会社シー・シー・ピー(東京都台東区)は、撮影動画をスマートフォンやタブレットで見ながら操縦することができる超小型ドローン、「リアルライブテトラル」(12,000円税別)を3月24日(金)に発売すると発表した。


セキド 水中ドローンOpenROV実機に触れるチャンス! 横浜にて無料セミナー初開催

セキド 水中ドローンOpenROV実機に触れるチャンス! 横浜にて無料セミナー初開催

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 近年注目を集める低コスト水中ドローンOpenROVの組み立て、 販売を行っている。 4月7日(金)横浜市金沢産業振興センターで、 初となる無料セミナーを開催する。


ソフトバンクC&S 法人向け「ドローン講習セット」取扱い開始

ソフトバンクC&S 法人向け「ドローン講習セット」取扱い開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(ソフトバンクC&S)は、法人向けにドローン本体と初心者講習をセットにした「ドローン講習セット」の提供を、 3月13日より開始する。


ルーフにドローンを装備した新型ディスカバリーのビスポーク・モデルが登場【ジュネーブモーターショー2017】

ルーフにドローンを装備した新型ディスカバリーのビスポーク・モデルが登場【ジュネーブモーターショー2017】

「PROJECT HERO」は、ルーフにドローンが据え付けられた初の車両。セルフセンタリング技術を備えた完全統合型の着陸システムにより、車両が動いている間でもドローンを「PROJECT HERO」に着陸させることが可能で、これは世界初となる技術。


CCP、ドローンモード対応のラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」7,538円

CCP、ドローンモード対応のラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」7,538円

シー・シー・ピーは、ラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」を発表。3月17日より発売する。


DJIの農薬散布ドローン「アグラスMG-1」の製品発表会を開催 東京・あきる野市

DJIの農薬散布ドローン「アグラスMG-1」の製品発表会を開催 東京・あきる野市

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、3月8日に東京都あきる野市で、報道関係者や販売代理店を対象に農薬散布用ドローン「AGRAS(アグラス) MG-1」の製品発表会を開催した。会場には、実機が用意されて農薬に見立てた水を散布する様子などが披露された。