技術・開発


技術・開発の記事一覧

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

Kittyhawk(米国)は、ドローンのナンバープレートにあたるリモートIDの登録を推奨するホワイトペーパーを自社のサイトで公開した。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


Xbox Kinectセンサーで自律飛行するドローン

Xbox Kinectセンサーで自律飛行するドローン

2019年2月6日 - オーストラリア。ニューサウスウェールズ大学(UNSW)のCanberra Trusted Autonomy Groupの研究者であるJiefei Wang博士は、ドローンが自分の環境を「見る」ために入力カメラにXbox Kinectセンサーを使用した。


Amazonがドローン配送に関連した特許を新たに取得

Amazonがドローン配送に関連した特許を新たに取得

2019年2月5日 - 米国。Amazon(米国ワシントン州シアトル)は、配送用ドローンが着陸位置を確認するために、ドローン用の着陸マーカーと着陸位置を検証する特許を取得した。


DJI の SDK に対応した「ドローンプログラミング」発刊

DJI の SDK に対応した「ドローンプログラミング」発刊

ドローン・ジャパン株式会社取締役会長CEOの春原久徳氏と、株式会社リアルグローブ主幹技師の福地大輔氏が、日本初となる DJI の SDK に対応した「ドローンプログラミング」を共著。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


韓国サムスンが米国でドローン関連の特許を取得

韓国サムスンが米国でドローン関連の特許を取得

スマートフォンや半導体大手のサムスン(韓国)が、米国で折りたたみ式ドローンの特許を取得した。プロペラが収納できる折りたたみ式のアームと、伸縮する本体でコンパクトに持ち運べる構造になっている。


チューリッヒ大学が変形するドローンを公開

チューリッヒ大学が変形するドローンを公開

スイスのチューリッヒ大学のダヴィド・ファランガ博士と研究者たちは、狭い空間を移動するために形状を変形できるドローンを設計し、飛行の様子を動画で公開した。


カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル株式会社(東京都中央区)が、仏セルベア(CerBair)社のアンチドローンシステムを関係者に紹介。


ドローンの精密な配送システム技術でDrone Delivery SystemsとFlytBaseが協力

ドローンの精密な配送システム技術でDrone Delivery SystemsとFlytBaseが協力

2018年11月12日、バーモント州リッチモンド。ドローン・デリバリー・システムズ(DRONE Delivery Systems)とFlytBaseは、AirBox Homeへの無人で正確なドローン配送を可能にするために、各社のUASと互換性のある正確な着陸キットを開発するためのパートナーシップを発表した。


初飛行実験で高度6000mに到達 米UAVOS とStratodynamicsの 高高度ドローン「HiDRON」

初飛行実験で高度6000mに到達 米UAVOS とStratodynamicsの 高高度ドローン「HiDRON」

 米シリコンバレーのドローン関連システム開発を手掛けるUAVOS社と 高高度無人機開発のStratodynamics Aviationは、共同で高高度ドローン「HiDRONE」の初飛行に臨み、6000mに到達したと発表した。高高度の大気の効率的なデータ収集が目的で、次回は25~30キロを目指すという。


エアロネクストまた受賞! ドローンの本場、中国・深圳の大会で3位! 「知的財産賞」も同時に

エアロネクストまた受賞! ドローンの本場、中国・深圳の大会で3位! 「知的財産賞」も同時に

  機体の姿勢制御技術で知られるエアロネクスト (東京都渋谷区)がまた受賞した。中国・深圳で11月15、16日に開催された国際ピッチ大会、「創業之星2018」に日本企業として初めて出場し、スタートアップ部門で第3位に入賞。今回創設された「知的財産賞」も同時受賞した。同社は儒層を足掛かりに、国際展開を加速する方針だ。


国土交通省 国土地理院がUAV レーザ測量に関する技術開発チームを結成

国土交通省 国土地理院がUAV レーザ測量に関する技術開発チームを結成

国土交通省 国土地理院は、「UAV レーザ測量の精度向上、作業効率化に資する技術開発」に参加する企業などを募集し、4 つの開発チームを結成した。


MITの研究者が水中と空気中での通信を可能にするワイヤレス技術を開発

MITの研究者が水中と空気中での通信を可能にするワイヤレス技術を開発

2018年8月22日、米国。MITの研究者が、水中と空気中で無線データを伝送する技術を発表した。


シンガポール国立大学(NUS)が100%の太陽光で飛行するドローンを開発

シンガポール国立大学(NUS)が100%の太陽光で飛行するドローンを開発

シンガポール。シンガポール国立大学(NUS)は、太陽光だけでモーターを回転させて飛行するドローンを開発したと8月21日に発表し、動画も公開した


MITがミニドローン用の制御チップ「Navion」をアップグレード

MITがミニドローン用の制御チップ「Navion」をアップグレード

2018年6月20日 – 米国マサチューセッツ州。マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者は、2017年に設計したミニドローン用の制御チップをアップグレードし、さらに小さく省電力になったと発表した。


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)