FPV映像に見る圧巻の超高速ドローンレース動画

FPV映像に見る圧巻の超高速ドローンレース動画

世界で今最も熱い最新スポーツが「FPVドローンレース」。FPVとは主観映像(First-Person View)の略。つまりドローンに搭載されたカメラの映像を見ながらドローンを操作してレースをするんです!


まずはIEEE Spectrumが紹介している、アメリカのプロリーグDrone Racing Leagueの恐るべきプロの技術をご覧ください。

アメフトの競技場をまるまるレース会場にする贅沢っぷり。映画『トロン』の世界観を思わせる、ネオンカラーで彩られたチェックポイントを次々と通過するドローンたち。そして、セガ・サターンの名作ゲーム『ナイツ』をリアルかつ超高速でプレイしているみたい。…この記事の続きを読む

情報提供元:GIZMODO
http://www.gizmodo.jp/2017/02/dizzying-video-proves-drone.html

この記事のライター

関連する投稿


日本チーム参戦!ドローンレースの世界最高峰 「ドローン チャンピオンズリーグ 2018」J SPORTSがTV独占放送

日本チーム参戦!ドローンレースの世界最高峰 「ドローン チャンピオンズリーグ 2018」J SPORTSがTV独占放送

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツは、日本チームの初参戦で盛り上がりを見せる世界最高峰のドローンレース「ドローンチャンピオンズリーグ」を昨年に引き続きテレビ独占放送する。


JDRAがForest Drone Racing(林間ドローンレース)をさがみ湖リゾート プレジャーフォレストで3月10日開催

JDRAがForest Drone Racing(林間ドローンレース)をさがみ湖リゾート プレジャーフォレストで3月10日開催

一般社団法人日本ドローンレース協会(以下、JDRA)は、2018年3月10日(土)にさがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(以下、プレジャーフォレスト)にて、相模原市と相模原商工会議所主催の Forest Drone Racing(林間ドローンレース)を開催いたします。


JDRAがマイクロドローンレースの開催希望者の公募を開始

JDRAがマイクロドローンレースの開催希望者の公募を開始

一般社団法人日本ドローンレース協会(代表理事 石神嘉兼、以下JDRA)は、ドローンレースの日本全国開催を目指し、各都道府県における開催希望者を募集。JDRAが策定する公式ルールブック、マニュアルを元に運営を行うことで、地域活性化やイベント集客PRにも最適なマイクロドローンレースをだれでも開催可能。



京商、ドローンレーサーのレースイベントの開催を可能にするラップカウントシステムを発売

京商、ドローンレーサーのレースイベントの開催を可能にするラップカウントシステムを発売

ドローンレーサーのコックピットに装備された赤外線LEDの光を感知して、周回数/タイムが計測できるドローンレーサー専用のラップカウントシステム。


最新の投稿


【慶大ドローン】ドロゼミが湘南・辻堂海浜公園を空撮 実践見据えた取り組みの3か月の成果を確認

【慶大ドローン】ドロゼミが湘南・辻堂海浜公園を空撮 実践見据えた取り組みの3か月の成果を確認

 ドローンの研究と社会実装を目指している慶應義塾大学の自主活動“ドロゼミ”のメンバーはこのほど、湘南海岸沿いに国道をはさんで広がる神奈川県立辻堂海浜公園(神奈川県藤沢市)で、空撮活動を実施した。初めてドローンに触れてから3カ月で、公共の場での撮影にこぎつけた。


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。