DJIが「PHANTOM 4 ADVANCED」を発表

DJIが「PHANTOM 4 ADVANCED」を発表

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードする DJI は、「PHANTOM」シリーズに空撮を より身近にする「PHANTOM 4 ADVANCED」を新たに追加したと発表した。


1 インチ 2,000 万画素のセン サーとメカニカルシャッターを搭載

 Phantom 4 Advanced は、Phantom 4 からさらに改良され、1 インチ 2,000 万画素のセン サーとメカニカルシャッターを搭載した。
 Phantom 4 Advanced のアップグレードしたカメラは、4K/60fps 動画で撮影することが で、さらにパワーアップした映像処理技術により、最大ビットレート 100Mbps で、H.264 フォーマットで 4K 動画を 60fps、H.265 フォーマットでは 30fps で撮影できる。
 卓越した光学性能、センサー、そしてプロセッサーにより、すべての映像がハイ ダイナミックレンジで撮影でき、撮影後の処理も幅広くコントロールできるようになった。

インテリジェント フライト機能を搭載し、非GPS環境でも正確なホバリングが可能

 「PHANTOM 4 PRO」と同様に、Phantom 4 Advanced にはスムーズな自動飛行モードを可 能にする、Draw (ドロー)モードや ActiveTrack (アクティブトラック)、TapFly (タッ プフライ)、ジェスチャーモード、トライポッドモードなどの主要なインテリジェント フライト機能を搭載している。
 また、5 つのカメラや前方障害物認識システム、デュ アルバンド衛星測位システム (GPS と GLONASS)と超音波センサーシステムから構成され る FlightAutonomy (フライトオートノミー)システムを搭載。これにより、 GPS がない環境でも正確なホバリングが可能になり、複雑な環境下でも飛行することが できる。
 同じく発表する「PHANTOM 4 ADVANCED +」は、5.5 インチ 1080p のディスプレイ 一体型の送信機が付属。このディスプレイは、従来のスマートデバイスの 2 倍の明るさで、屋外環境で使用する際に理想的な空撮ソリューションとなっている。さらに、 128GB microSD カードを使用することで、Phantom 4 Advanced のストレージ容量を増加することができる。また、飛行時間は最大 30 分となったことで、クリエイターはより空撮を楽 しむことができるようになった。

製品について詳しくはこちらをご覧ください。http://www.dji.com/phantom-4-adv.

「PHANTOM 4 ADVANCED +」には5.5 インチ 1080p のディスプレイ 一体型の送信機が付属

Phantom 4 は 2017 年 4 月 30 日をもって販売終了

 Phantom 4 Advanced の発表に伴い、Phantom 4 は 2017 年 4 月 30 日をもって販売終了 となる。DJI は、Phantom 4 ユーザーへのアフターサービスを引き続き提供すると ともに、Phantom 4 ユーザーは、DJI GO 4 アプリでの飛行体験が可能。

Phantom 4 Advanced および Phantom 4 Advanced + の販売価格

◯ Phantom 4 Advanced : 179,000 円(税込)
◯ Phantom 4 Advanced + : 214,000 円(税込)

本製品の出荷は 2017 年 4 月末から 5 月上旬を予定しています。

DJIホームページ:http://www.dji.com/ja
Facebook: https://www.facebook.com/dji.jp
Twitter: https://twitter.com/djijapan
YouTube: https://www.youtube.com/c/DJIJapan
Instagram: https://instagram.com/dji_japan/

この記事のライター

最新の投稿


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。