DJIが「PHANTOM 4 ADVANCED」を発表

DJIが「PHANTOM 4 ADVANCED」を発表

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードする DJI は、「PHANTOM」シリーズに空撮を より身近にする「PHANTOM 4 ADVANCED」を新たに追加したと発表した。


1 インチ 2,000 万画素のセン サーとメカニカルシャッターを搭載

 Phantom 4 Advanced は、Phantom 4 からさらに改良され、1 インチ 2,000 万画素のセン サーとメカニカルシャッターを搭載した。
 Phantom 4 Advanced のアップグレードしたカメラは、4K/60fps 動画で撮影することが で、さらにパワーアップした映像処理技術により、最大ビットレート 100Mbps で、H.264 フォーマットで 4K 動画を 60fps、H.265 フォーマットでは 30fps で撮影できる。
 卓越した光学性能、センサー、そしてプロセッサーにより、すべての映像がハイ ダイナミックレンジで撮影でき、撮影後の処理も幅広くコントロールできるようになった。

インテリジェント フライト機能を搭載し、非GPS環境でも正確なホバリングが可能

 「PHANTOM 4 PRO」と同様に、Phantom 4 Advanced にはスムーズな自動飛行モードを可 能にする、Draw (ドロー)モードや ActiveTrack (アクティブトラック)、TapFly (タッ プフライ)、ジェスチャーモード、トライポッドモードなどの主要なインテリジェント フライト機能を搭載している。
 また、5 つのカメラや前方障害物認識システム、デュ アルバンド衛星測位システム (GPS と GLONASS)と超音波センサーシステムから構成され る FlightAutonomy (フライトオートノミー)システムを搭載。これにより、 GPS がない環境でも正確なホバリングが可能になり、複雑な環境下でも飛行することが できる。
 同じく発表する「PHANTOM 4 ADVANCED +」は、5.5 インチ 1080p のディスプレイ 一体型の送信機が付属。このディスプレイは、従来のスマートデバイスの 2 倍の明るさで、屋外環境で使用する際に理想的な空撮ソリューションとなっている。さらに、 128GB microSD カードを使用することで、Phantom 4 Advanced のストレージ容量を増加することができる。また、飛行時間は最大 30 分となったことで、クリエイターはより空撮を楽 しむことができるようになった。

製品について詳しくはこちらをご覧ください。http://www.dji.com/phantom-4-adv.

「PHANTOM 4 ADVANCED +」には5.5 インチ 1080p のディスプレイ 一体型の送信機が付属

Phantom 4 は 2017 年 4 月 30 日をもって販売終了

 Phantom 4 Advanced の発表に伴い、Phantom 4 は 2017 年 4 月 30 日をもって販売終了 となる。DJI は、Phantom 4 ユーザーへのアフターサービスを引き続き提供すると ともに、Phantom 4 ユーザーは、DJI GO 4 アプリでの飛行体験が可能。

Phantom 4 Advanced および Phantom 4 Advanced + の販売価格

◯ Phantom 4 Advanced : 179,000 円(税込)
◯ Phantom 4 Advanced + : 214,000 円(税込)

本製品の出荷は 2017 年 4 月末から 5 月上旬を予定しています。

DJIホームページ:http://www.dji.com/ja
Facebook: https://www.facebook.com/dji.jp
Twitter: https://twitter.com/djijapan
YouTube: https://www.youtube.com/c/DJIJapan
Instagram: https://instagram.com/dji_japan/

この記事のライター

最新の投稿


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。