DJIが「PHANTOM 4 ADVANCED」を発表

DJIが「PHANTOM 4 ADVANCED」を発表

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードする DJI は、「PHANTOM」シリーズに空撮を より身近にする「PHANTOM 4 ADVANCED」を新たに追加したと発表した。


1 インチ 2,000 万画素のセン サーとメカニカルシャッターを搭載

 Phantom 4 Advanced は、Phantom 4 からさらに改良され、1 インチ 2,000 万画素のセン サーとメカニカルシャッターを搭載した。
 Phantom 4 Advanced のアップグレードしたカメラは、4K/60fps 動画で撮影することが で、さらにパワーアップした映像処理技術により、最大ビットレート 100Mbps で、H.264 フォーマットで 4K 動画を 60fps、H.265 フォーマットでは 30fps で撮影できる。
 卓越した光学性能、センサー、そしてプロセッサーにより、すべての映像がハイ ダイナミックレンジで撮影でき、撮影後の処理も幅広くコントロールできるようになった。

インテリジェント フライト機能を搭載し、非GPS環境でも正確なホバリングが可能

 「PHANTOM 4 PRO」と同様に、Phantom 4 Advanced にはスムーズな自動飛行モードを可 能にする、Draw (ドロー)モードや ActiveTrack (アクティブトラック)、TapFly (タッ プフライ)、ジェスチャーモード、トライポッドモードなどの主要なインテリジェント フライト機能を搭載している。
 また、5 つのカメラや前方障害物認識システム、デュ アルバンド衛星測位システム (GPS と GLONASS)と超音波センサーシステムから構成され る FlightAutonomy (フライトオートノミー)システムを搭載。これにより、 GPS がない環境でも正確なホバリングが可能になり、複雑な環境下でも飛行することが できる。
 同じく発表する「PHANTOM 4 ADVANCED +」は、5.5 インチ 1080p のディスプレイ 一体型の送信機が付属。このディスプレイは、従来のスマートデバイスの 2 倍の明るさで、屋外環境で使用する際に理想的な空撮ソリューションとなっている。さらに、 128GB microSD カードを使用することで、Phantom 4 Advanced のストレージ容量を増加することができる。また、飛行時間は最大 30 分となったことで、クリエイターはより空撮を楽 しむことができるようになった。

製品について詳しくはこちらをご覧ください。http://www.dji.com/phantom-4-adv.

「PHANTOM 4 ADVANCED +」には5.5 インチ 1080p のディスプレイ 一体型の送信機が付属

Phantom 4 は 2017 年 4 月 30 日をもって販売終了

 Phantom 4 Advanced の発表に伴い、Phantom 4 は 2017 年 4 月 30 日をもって販売終了 となる。DJI は、Phantom 4 ユーザーへのアフターサービスを引き続き提供すると ともに、Phantom 4 ユーザーは、DJI GO 4 アプリでの飛行体験が可能。

Phantom 4 Advanced および Phantom 4 Advanced + の販売価格

◯ Phantom 4 Advanced : 179,000 円(税込)
◯ Phantom 4 Advanced + : 214,000 円(税込)

本製品の出荷は 2017 年 4 月末から 5 月上旬を予定しています。

DJIホームページ:http://www.dji.com/ja
Facebook: https://www.facebook.com/dji.jp
Twitter: https://twitter.com/djijapan
YouTube: https://www.youtube.com/c/DJIJapan
Instagram: https://instagram.com/dji_japan/

この記事のライター

最新の投稿


GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

女子高生の間では「デガワカメラ」と呼ばれているアクションカメラのGoPro。そのGoProの活動エリアを空まで広げ、250%は楽しくしてくれるドローンがKarma。白馬で開催されたプレス向けのイベントで初フライトに挑戦した体験レポートをお届けする。


GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoProは、昨年10月に米国で発売した折りたためる小型ドローン「Karma」を、日本国内の一部のGoPro正規販売店で2017年6月から発売予定と発表した。価格は15万8千円(税抜き)。


ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ハクバ写真産業は、Lowepro製のドローンバッグ「クアッドガードシリーズ」より、「クアッドガード BP シリーズ(X1/X2)」「クアッドガード キット」「クアッドガード TXケース」「クアッドガード TXラップ」を発売した。


【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

米国ラスベガスで開催されているNAB(The National Association of Broadcasters:全国放送者協会)展には、最新鋭の空撮用ドローンが数多く展示されている。その中で、小型ドローンで有名なDobbyを開発したZEROTECH社が、新たなドローンの情報をリークした。


セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を使った新サービス「巡回監視サービス」の実証実験を、このたび山口県美祢市にあるPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」で実施する。