DJIが「PHANTOM 4 ADVANCED」を発表

DJIが「PHANTOM 4 ADVANCED」を発表

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードする DJI は、「PHANTOM」シリーズに空撮を より身近にする「PHANTOM 4 ADVANCED」を新たに追加したと発表した。


1 インチ 2,000 万画素のセン サーとメカニカルシャッターを搭載

 Phantom 4 Advanced は、Phantom 4 からさらに改良され、1 インチ 2,000 万画素のセン サーとメカニカルシャッターを搭載した。
 Phantom 4 Advanced のアップグレードしたカメラは、4K/60fps 動画で撮影することが で、さらにパワーアップした映像処理技術により、最大ビットレート 100Mbps で、H.264 フォーマットで 4K 動画を 60fps、H.265 フォーマットでは 30fps で撮影できる。
 卓越した光学性能、センサー、そしてプロセッサーにより、すべての映像がハイ ダイナミックレンジで撮影でき、撮影後の処理も幅広くコントロールできるようになった。

インテリジェント フライト機能を搭載し、非GPS環境でも正確なホバリングが可能

 「PHANTOM 4 PRO」と同様に、Phantom 4 Advanced にはスムーズな自動飛行モードを可 能にする、Draw (ドロー)モードや ActiveTrack (アクティブトラック)、TapFly (タッ プフライ)、ジェスチャーモード、トライポッドモードなどの主要なインテリジェント フライト機能を搭載している。
 また、5 つのカメラや前方障害物認識システム、デュ アルバンド衛星測位システム (GPS と GLONASS)と超音波センサーシステムから構成され る FlightAutonomy (フライトオートノミー)システムを搭載。これにより、 GPS がない環境でも正確なホバリングが可能になり、複雑な環境下でも飛行することが できる。
 同じく発表する「PHANTOM 4 ADVANCED +」は、5.5 インチ 1080p のディスプレイ 一体型の送信機が付属。このディスプレイは、従来のスマートデバイスの 2 倍の明るさで、屋外環境で使用する際に理想的な空撮ソリューションとなっている。さらに、 128GB microSD カードを使用することで、Phantom 4 Advanced のストレージ容量を増加することができる。また、飛行時間は最大 30 分となったことで、クリエイターはより空撮を楽 しむことができるようになった。

製品について詳しくはこちらをご覧ください。http://www.dji.com/phantom-4-adv.

「PHANTOM 4 ADVANCED +」には5.5 インチ 1080p のディスプレイ 一体型の送信機が付属

Phantom 4 は 2017 年 4 月 30 日をもって販売終了

 Phantom 4 Advanced の発表に伴い、Phantom 4 は 2017 年 4 月 30 日をもって販売終了 となる。DJI は、Phantom 4 ユーザーへのアフターサービスを引き続き提供すると ともに、Phantom 4 ユーザーは、DJI GO 4 アプリでの飛行体験が可能。

Phantom 4 Advanced および Phantom 4 Advanced + の販売価格

◯ Phantom 4 Advanced : 179,000 円(税込)
◯ Phantom 4 Advanced + : 214,000 円(税込)

本製品の出荷は 2017 年 4 月末から 5 月上旬を予定しています。

DJIホームページ:http://www.dji.com/ja
Facebook: https://www.facebook.com/dji.jp
Twitter: https://twitter.com/djijapan
YouTube: https://www.youtube.com/c/DJIJapan
Instagram: https://instagram.com/dji_japan/

この記事のライター

最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。