ドローン犯罪を未然に防ぐ「ドローンDNA検出システム」を開発するUAS社

ドローン犯罪を未然に防ぐ「ドローンDNA検出システム」を開発するUAS社

2017年は産業用ドローン元年と言われているが、一方でドローンの性能が向上することは、新たな犯罪の火種になる。その危険性について警鐘を鳴らし、ドローンを識別する検出システムを開発している会社が米国にある。


ドローンを使った犯罪の数々と危険性

 アメリカのテネシー州にあるUnmanned Aerial Specialists(UAS)社は、ドローン検出システムを販売している。同社のサイトには、その必要性を訴える動画が掲載されている。その動画によれば、ドローンは数多くの犯罪に悪用される危険性を秘めている。
 同社が製作した動画の前半では、ドローンがどのような性能を備えているかを紹介し、無人で自動操縦が可能になり、遠距離まで飛行できると説明している。そして、その性能を活用することで、麻薬などを密輸したり、囚人に武器を届けることが可能になると指摘する。また、過去に航空機と接触しそうになった事例や、空撮用のカメラで盗撮などの危険性があると解説している。さらにWifi無線通信を悪用したデータのハッキングや、イベントを台無しにしたり、要人を狙う様子などが紹介される。最後は、ドローンに取り付けたエアガンで標的を撃ち、凶器にもなる可能性を示唆する。

不正なドローンを検出するシステムの必要性を訴えるUAS社

UAS社のドローン検出システム

 ドローンによる犯罪や将来的な危険性を警告するUAS社は、ドローンを検出するシステムを開発し販売している。DeDrone(デ・ドローン)と呼ばれる検出システムは、2.5GHzのWifiセンサーとソフトウェアで構成されている。Wifiセンサーは、ドローンから発信されるWifi通信をスキャンする。そして、そのスキャンデータから、ソフトウェアがドローンのDNAと呼ばれる機体固有の電波パターンを検出する。ドローンが発信する電波からは、機体名やSSIDにMACアドレスなどが検出できるので、そこからどんな種類のドローンが付近を飛行しているかをWifi電波の届く範囲で察知できるようになる。その結果、守りたい設備や地域において、不正なドローンが飛行していないかを警備できる。
 電波法などの関係から、UAS社の検出システムがそのまま日本で利用できるかは未定だが、今後さらに国内でもドローン活用が進めば、このような自衛策を検討するケースが増えるかも知れない。

この記事のライター

関連するキーワード


ドローン犯罪 UAS社 Dedrone

関連する投稿


DedroneとAirbusがタッグ 空港など広い空間で見えないドローン発見に一役

DedroneとAirbusがタッグ 空港など広い空間で見えないドローン発見に一役

飛んではいけない、あるいは飛んでいてほしくない空域を飛んでるドローンを、人間の肉眼以上の能力で検出するDedroneが、民間航空機のメーカーAirbusの電子部門とパートナーして、広い空間や遠い場所におけるドローン検出機能を提供することになった。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。