ドローン犯罪を未然に防ぐ「ドローンDNA検出システム」を開発するUAS社

ドローン犯罪を未然に防ぐ「ドローンDNA検出システム」を開発するUAS社

2017年は産業用ドローン元年と言われているが、一方でドローンの性能が向上することは、新たな犯罪の火種になる。その危険性について警鐘を鳴らし、ドローンを識別する検出システムを開発している会社が米国にある。


ドローンを使った犯罪の数々と危険性

 アメリカのテネシー州にあるUnmanned Aerial Specialists(UAS)社は、ドローン検出システムを販売している。同社のサイトには、その必要性を訴える動画が掲載されている。その動画によれば、ドローンは数多くの犯罪に悪用される危険性を秘めている。
 同社が製作した動画の前半では、ドローンがどのような性能を備えているかを紹介し、無人で自動操縦が可能になり、遠距離まで飛行できると説明している。そして、その性能を活用することで、麻薬などを密輸したり、囚人に武器を届けることが可能になると指摘する。また、過去に航空機と接触しそうになった事例や、空撮用のカメラで盗撮などの危険性があると解説している。さらにWifi無線通信を悪用したデータのハッキングや、イベントを台無しにしたり、要人を狙う様子などが紹介される。最後は、ドローンに取り付けたエアガンで標的を撃ち、凶器にもなる可能性を示唆する。

不正なドローンを検出するシステムの必要性を訴えるUAS社

UAS社のドローン検出システム

 ドローンによる犯罪や将来的な危険性を警告するUAS社は、ドローンを検出するシステムを開発し販売している。DeDrone(デ・ドローン)と呼ばれる検出システムは、2.5GHzのWifiセンサーとソフトウェアで構成されている。Wifiセンサーは、ドローンから発信されるWifi通信をスキャンする。そして、そのスキャンデータから、ソフトウェアがドローンのDNAと呼ばれる機体固有の電波パターンを検出する。ドローンが発信する電波からは、機体名やSSIDにMACアドレスなどが検出できるので、そこからどんな種類のドローンが付近を飛行しているかをWifi電波の届く範囲で察知できるようになる。その結果、守りたい設備や地域において、不正なドローンが飛行していないかを警備できる。
 電波法などの関係から、UAS社の検出システムがそのまま日本で利用できるかは未定だが、今後さらに国内でもドローン活用が進めば、このような自衛策を検討するケースが増えるかも知れない。

この記事のライター

関連するキーワード


ドローン犯罪 UAS社 Dedrone

関連する投稿


DedroneとAirbusがタッグ 空港など広い空間で見えないドローン発見に一役

DedroneとAirbusがタッグ 空港など広い空間で見えないドローン発見に一役

飛んではいけない、あるいは飛んでいてほしくない空域を飛んでるドローンを、人間の肉眼以上の能力で検出するDedroneが、民間航空機のメーカーAirbusの電子部門とパートナーして、広い空間や遠い場所におけるドローン検出機能を提供することになった。


最新の投稿


GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

女子高生の間では「デガワカメラ」と呼ばれているアクションカメラのGoPro。そのGoProの活動エリアを空まで広げ、250%は楽しくしてくれるドローンがKarma。白馬で開催されたプレス向けのイベントで初フライトに挑戦した体験レポートをお届けする。


GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoProは、昨年10月に米国で発売した折りたためる小型ドローン「Karma」を、日本国内の一部のGoPro正規販売店で2017年6月から発売予定と発表した。価格は15万8千円(税抜き)。


ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ハクバ写真産業は、Lowepro製のドローンバッグ「クアッドガードシリーズ」より、「クアッドガード BP シリーズ(X1/X2)」「クアッドガード キット」「クアッドガード TXケース」「クアッドガード TXラップ」を発売した。


【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

米国ラスベガスで開催されているNAB(The National Association of Broadcasters:全国放送者協会)展には、最新鋭の空撮用ドローンが数多く展示されている。その中で、小型ドローンで有名なDobbyを開発したZEROTECH社が、新たなドローンの情報をリークした。


セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を使った新サービス「巡回監視サービス」の実証実験を、このたび山口県美祢市にあるPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」で実施する。