ドイツで二人乗りドローンのVolocopter 2Xが登場

ドイツで二人乗りドローンのVolocopter 2Xが登場

有人マルチコプターとして2016年3月30日に、世界で初めて認可されたVolocopter VC200の最新モデルVolocopter 2Xが、4月18日からドイツで開催されている航空ショー(AERO)に登場。


二人乗りドローン・タクシーを目指すVolocopter 2X

二人乗りドローン・タクシーを目指すVolocopter 2X

 ドイツのスタートアップ企業e-volo社(本社:ドイツ、CEO:フロリアン・ロイター)が開発しているVolocopter(ボロコプター)は、二人乗りの大型ドローン。18基のプロペラを使い、約290kgの機体を飛行させる。昨年、世界で初めて有人ドローンとして認可を得たことで話題になったVolocopterの開発には、米Intel社が買収したドイツのAscending Technologies社も協力している。その関係で、米Intel社もVolocopterには注目している。現在は、ドイツでのみ認可を得ているが、2018年を目標に米国でも有人ドローンとしての販売を計画している。予定価格は約3,000万円。今回、ドイツの航空ショーに向けて新たに発表されたVolocopter 2Xは、デザインを洗練しバッテリーの交換システムを改善し、数分で再飛行が可能になる。現在は、規制の関係からパイロットが操縦することを前提としているが、将来的には遠隔制御や自律飛行により、無人ドローン・タクシーとしての利用を目指す。また、今後は実用化に向けた取り組みを推進すると共に、四人乗りのVolocopterの開発も計画している。

【Volocopter 2Xの主な仕様】
最大飛行重量 450kg
最大ペイロード 160kg
本体重量 290kg
最大飛行距離 27km
最大飛行時間 27分
最大速度 100km/h

http://volocopter.com/

オプションで皮張りのシートも装備できる

この記事のライター

関連する投稿


産業用ドローンの最有力はドイツのベンチャー企業

産業用ドローンの最有力はドイツのベンチャー企業

空撮用ドローンの国際市場では、DJIに代表される中国企業が、世界的なシェアを占有している。一方で、今後の成長が見込まれる産業用ドローンの市場では、ドイツのベンチャー企業に注目と資本が集まっている。


最新の投稿


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。