日本建築学会が第1回建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」を5月18日に開催

日本建築学会が第1回建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」を5月18日に開催

日本建築学会では建築分野でのドローンの活用を促進させるため、建築に携わる関係者がドローン技術の現状と課題を把握できるプラットフォームを作ることが必要であると考え、第1回建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」を企画した。


 日本建築学会では、建築物の維持保全の合理化を図る一つの手段として、UAV(以下、ドローン)技術の利活用に着目し、建築分野に係るドローンの技術情報の収集、建築物の点検・調査技術、そして建築分野でドローンを安全に活用するためのガイドライン等について検討している。
 一方で、ドローン産業は未だ黎明期にあり、建築分野でのドローンの活用を促進させるためには、建築に携わる関係者がドローン技術の現状と課題を把握できるプラットフォームを作ることが必要であると考え、第1回建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」を企画した。
 本シンポジウムでは、ドローンにおける国交省の動向、本WGの活動内容、安全飛行と技能、建築物の点検・調査事例、海外のドローン技術等の最新情報を通して、建築分野におけるドローンの活用の可能性を見出すきっかけとなることを期待する。

主催:   日本建築学会(材料施工委員会耐久・保全運営委員会)
後援:   日本建築仕上学会、日本ドローンコンソーシアム
日時:   5月18日(木)、13 :30~17:00
会場:   建築会館ホール(東京都港区芝 5-26 -20)

定員:   180名
参加費:  会員4,000円 後援 5,000円 会員外6,000円 学生2, 000円
     (資料代含む/当日払い)
Web申込み  https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=1765
       よりお申し込みください。
問合せ:  事務局事業グループ 浜田
      TEL 03-3456-2051

プログラム

司会:兼松学(東京理科大学)
1.主旨説明   宮内博之(建築研究所)
2.ドローンに関わる国交省(建築分野)の動向  眞方山美穂(国土技術政策総合研究所)
3.UAVを活用した建築保全技術開発WGの活動報告  宮内博之(前掲)
4.ドローンを活用したインフラ点検調査事例  石田敦則(三信建材工業)
5.ドローンを活用した建物外壁点検調査事例  大場喜和(ERIソリューション)
6.ドローンを活用した建築外壁タイル仕上げ調査事例
  河辺伸二(名古屋工業大)、渡辺正雄・中島圭二(コンクリート技術支援機構)
7.構造被害調査へのドローンの活用  楠浩一(東京大学)
8.海外におけるドローン最新技術動向  石田晃啓(三信建材工業)
9.ドローンの飛行安全と操縦技能について  酒井学雄(日本ドローンコンソーシアム/スカイスコープソリューションズ)
10.まとめ鹿毛忠継 (国土技術政策総合研究所)

この記事のライター

関連する投稿


建築学会が「第1回建築ドローンシンポ」 国の動向、民間の事例など報告

建築学会が「第1回建築ドローンシンポ」 国の動向、民間の事例など報告

 一般社団法人日本建築学会材料施工委員会耐久・保全委員会は5月18日、「第1回建築ドローンシポジウム 建築×ドローン2017」を建築会館ホールで開催した。当日は立ち見が出るほどに観覧者がつめかけ、関心の高さを伺わせた。


最新の投稿


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。