韓国・国立公園管理公団が ドローンで無人島のヤギを捕捉、生態系を守る

韓国・国立公園管理公団が ドローンで無人島のヤギを捕捉、生態系を守る

 韓国では無人島に放牧されたヤギを捕獲するために、ドローンが投入されている。韓国・国立公園管理公団は、今年3月に国内無人島3カ所で放牧したヤギ32匹を捕獲したと、4月16日に明らかにした。


今回の捕獲作戦には、サーモグラフィカメラを搭載したドローンが利用された。まず、ドローンでヤギがどこに、何匹いるなど生態を把握。その後、網を張った場所にヤギを追い込み、人間がこれを捕まえるというプロセスが取られた。

 公団側はヤギを捕獲した理由について「放牧されたヤギは天敵がいない。そのため数が急増し、国立公園の植物など生態系の破壊が深刻だった」としている。また「15匹は放牧した元の所有者が連れて帰った。2匹は保育園など民間施設に寄付した」と、捕獲後のヤギの処遇について知らせた。

…この記事の続きを読む

情報提供元:ROBOTEER
https://roboteer-tokyo.com/archives/8375

この記事のライター

関連するキーワード


韓国 捕獲

関連する投稿


「2017Drone Show KOREA」開催 韓国ドローン動向は「海洋ドローン」から「若手の育成」まで

「2017Drone Show KOREA」開催 韓国ドローン動向は「海洋ドローン」から「若手の育成」まで

 2016年に続き2017年も韓国・釜山で「2017Drone Show KOREA(ドローンショーコリア)」が開催された。


韓国ジャイアントドローン社が1時間以上飛行可能なドローンを開発…水素燃料電池を利用

韓国ジャイアントドローン社が1時間以上飛行可能なドローンを開発…水素燃料電池を利用

長時間飛行ドローンを開発企業する韓国のジャイアントドローン社は、昨年12月に水素燃料電池を利用したドローンを1時間以上飛行させることに成功した。


韓国政府が3年間で「官民共同産業用ドローン事業」に500億円投資

韓国政府が3年間で「官民共同産業用ドローン事業」に500億円投資

 韓国・産業通商資源部は今後3年間、官民合同でドローン産業に5000億ウォン(約500億円)の資金を投資すると明らかにした。コンシューマー(ホビー)用ドローン市場の席捲には出遅れたが、高機能な産業用ドローン市場では主導権を握っていく決意が示された。


世界初の国際ドローン・スポーツ・コンペティションが12月に韓国で開催、JDRAが参加へ

世界初の国際ドローン・スポーツ・コンペティションが12月に韓国で開催、JDRAが参加へ

 一般社団法人日本ドローンレース協会は2018年に韓国平昌冬季五輪を開催する 『韓国江原道政府』と、韓国三大メディアの『中央日報』が2016年12月韓国平昌で開催する、世界初となる”INTERNATIONAL DRONE SPORTS COMPETITION 2016”へ招待された。


ドローン悪用したテロを想定 韓国が総合訓練で撃墜訓練

ドローン悪用したテロを想定 韓国が総合訓練で撃墜訓練

 複合施設のテロに備えた「2016国家対テロ総合訓練」では、ドローンがテロに悪用されたことを想定し、撃墜する戦術訓練も組み込まれたのが特徴だ。


最新の投稿


GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

女子高生の間では「デガワカメラ」と呼ばれているアクションカメラのGoPro。そのGoProの活動エリアを空まで広げ、250%は楽しくしてくれるドローンがKarma。白馬で開催されたプレス向けのイベントで初フライトに挑戦した体験レポートをお届けする。


GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoProは、昨年10月に米国で発売した折りたためる小型ドローン「Karma」を、日本国内の一部のGoPro正規販売店で2017年6月から発売予定と発表した。価格は15万8千円(税抜き)。


ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ハクバ写真産業は、Lowepro製のドローンバッグ「クアッドガードシリーズ」より、「クアッドガード BP シリーズ(X1/X2)」「クアッドガード キット」「クアッドガード TXケース」「クアッドガード TXラップ」を発売した。


【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

米国ラスベガスで開催されているNAB(The National Association of Broadcasters:全国放送者協会)展には、最新鋭の空撮用ドローンが数多く展示されている。その中で、小型ドローンで有名なDobbyを開発したZEROTECH社が、新たなドローンの情報をリークした。


セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を使った新サービス「巡回監視サービス」の実証実験を、このたび山口県美祢市にあるPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」で実施する。