NTTドコモが世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発 -360度どこからでも見える広告展開が可能

NTTドコモが世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発 -360度どこからでも見える広告展開が可能

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、無人航空機(以下ドローン)を活用した新たなビジネスの創出に向けて、全方位に映像を表示しながら飛行することができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を世界で初めて※1 開発した。


 今回ドコモが開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」は、環状のフレームにLEDを並べたLEDフレームの内部にドローンを備え、LEDフレームを高速に回転させながら飛行する。そして回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレイを、内部のドローンで任意の場所に動かして見せることができるというもの。これにより、コンサートやライブ会場において、空中で動き回る球体ディスプレイによるダイナミックな演出や、会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能となった。
 ドローンの機体周りに球形のディスプレイを備えることにおいては、これまではドローンのプロペラによる空気の流れをディスプレイがさまたげてしまう課題や、ディスプレイ搭載による重量の増加といった課題があった。この開発では、LEDの残像によってディスプレイを表示する技術を応用することにより、空中で球形ディスプレイを活用した演出が可能となった。
 今後、2018年度の商用化をめざし、スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューション(舞台演出、広告および案内等)としての提供を検討していくという。
 なお、「浮遊球体ドローンディスプレイ」を4月29日(土)から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展し、会場内でのデモ飛行を予定している。

※1  2017年4月16日時点(ドコモ調べ)。

別紙 「浮遊球体ドローンディスプレイ」概要

【今回開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」の主な仕様】※1

図3:「浮遊球体ドローンディスプレイ」浮遊時

※2017年4月16日現在。

情報提供元:株式会社NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/04/17_00.html

この記事のライター

関連する投稿


仙台市とNTTドコモ「ドローンを活用した冬山遭難者捜索支援の実証実験」にブイキューブロボティクスが参加

仙台市とNTTドコモ「ドローンを活用した冬山遭難者捜索支援の実証実験」にブイキューブロボティクスが参加

2017年2月25日。仙台市と株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘、以下NTTドコモ)は、「ドローンを活用した冬山捜索支援の実証実験」を実施。この実験に、株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋、以下ブイキューブロボティクス)も参加した。


ドローンコラム: 過疎地の“買い物弱者”を救え! 夢と笑顔運ぶドローン

ドローンコラム: 過疎地の“買い物弱者”を救え! 夢と笑顔運ぶドローン

 ドローンが、ほしいものを自宅まで届けてくれる、そんな日が近づいている。外出が難しい高齢者や障害者、近所にスーパーやコンビニエンスストアがない過疎地の住民といった“買い物弱者”の問題を解決するための実証実験が各地で始まっている。


首都圏直下型を想定したドコモの防災訓練 ドローンによる電波中継など先端技術が登場

首都圏直下型を想定したドコモの防災訓練 ドローンによる電波中継など先端技術が登場

 ドローンで電波を中継し、パワードスーツで可搬型基地局を搬入する――NTTドコモが30日に実施した防災訓練において、先端技術を活用する試みが披露された。


新潟市がドローンを活用し、稲の生育と松林の保全に貢献する実証プロジェクトの連携協定を締結

新潟市がドローンを活用し、稲の生育と松林の保全に貢献する実証プロジェクトの連携協定を締結

国家戦略特区の新潟市は、株式会社NTTドコモ、農業のIT化に取り組むベジタリア株式会社、ドローンの機体を開発している株式会社自律制御システム研究所、ドローンの産業用ソリューションを提供するエアロセンス株式会社の4社と、ドローンを活用した「水稲プロジェクト」と「海岸保安林プロジェクト」の連携協定を締結した。(田中亘)


NTTドコモ、ドローンにおける携帯電話の利用に向けた実証実験を開始

NTTドコモ、ドローンにおける携帯電話の利用に向けた実証実験を開始

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、総務省より神奈川県横須賀市※1における「無人航空機における携帯電話の利用に係る実用化試験局の免許(以下本免許)」を2016年9月6日(火曜)に取得した。


最新の投稿


GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

女子高生の間では「デガワカメラ」と呼ばれているアクションカメラのGoPro。そのGoProの活動エリアを空まで広げ、250%は楽しくしてくれるドローンがKarma。白馬で開催されたプレス向けのイベントで初フライトに挑戦した体験レポートをお届けする。


GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoProは、昨年10月に米国で発売した折りたためる小型ドローン「Karma」を、日本国内の一部のGoPro正規販売店で2017年6月から発売予定と発表した。価格は15万8千円(税抜き)。


ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ハクバ写真産業は、Lowepro製のドローンバッグ「クアッドガードシリーズ」より、「クアッドガード BP シリーズ(X1/X2)」「クアッドガード キット」「クアッドガード TXケース」「クアッドガード TXラップ」を発売した。


【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

米国ラスベガスで開催されているNAB(The National Association of Broadcasters:全国放送者協会)展には、最新鋭の空撮用ドローンが数多く展示されている。その中で、小型ドローンで有名なDobbyを開発したZEROTECH社が、新たなドローンの情報をリークした。


セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を使った新サービス「巡回監視サービス」の実証実験を、このたび山口県美祢市にあるPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」で実施する。