【第3回 国際ドローン展2017】 産業用ドローンとソリューションが一堂に

【第3回 国際ドローン展2017】 産業用ドローンとソリューションが一堂に

第三回 国際ドローン展が4月19日、千葉市の幕張メッセで開催された。今年は、ドローンを活用した測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。21日まで。


国産ドローンの最新モデルから海外の最新ソリューションが数多く展示

 株式会社自律制御システム研究所(ACSL)の展示コーナーでは、最新モデルのPF1をベースにして、測量や点検に物流そして防災など、用途に合わせたオプションやアダプタを組み合わせたソリューションを展開していた。また、価格が下がってきたLIDAR(Laser Imaging Detection and Ranging「レーザー画像検出と測距」)を搭載し、3次元データをドローンで計測するソリューションも昨年に比べて増えていた。例えば、日本海洋株式会社では、DJI製のドローンにLiDARとカメラを取り付けて、約1,000万円のセットとしてソリューションを提供し、同社では、同じく約1,000万円の固定翼無人機や、約1億円のドローン検出システムなどを展示していた。
 一方、展示会には初参加となった芝本産業株式会社は、3DRobotics社製ドローン「SOLO」を展示していた。展示コーナーの一角では、株式会社日創建が協力して、「SOLO」を活用した測量ソリューションのSite Scanも紹介し注目を集めていた。
 その他にも、ドローンに搭載するセンサー機器やモーターなどの要素部品から、産学協同の研究や実証実験に、測量や点検などに活用するソフトウェアなどが展示されていた。

芝本産業が展示していた3DRobotics社製ドローン「SOLO」

国際ドローンシンポジウムにはunicefも参加

 国際会議場では、国際ドローンシンポジウムも開催された。冒頭、株式会社自律制御システム研究所代表取締役 CEO 野波健蔵氏が「ドローンが可能にする近未来社会」について講演した。野波氏は2020年までに目視外で無人地帯における荷物配送を実用化する、という経済産業省のロードマップを紹介し、それに向けて取り組む重要性について語った。
 特別講演では、unicefでドローンを活用したイノベーションに取り組むChris Fabian氏の特別講演があり、ユニセフがアフリカのマラワイで推進しているドローンの計画などが紹介された。
 続いてドローン議連の田中和徳議員が挨拶し、二つ目の特別講演では、ISO(国際標準化機構) 無人航空機システム 国際標準化検討会 委員長のJohn Walker氏が「ドローンの国際的な標準化に関する最新動向」を語った。最後に、楽天AirMap社の 代表取締役CEO 向井 秀明氏(楽天株式会社)と、中国で飛行制御システムを開発しているTopXGun社のYin Liangliang氏を交えたパネルディスカッションが行われた。ドローン物流を推進し、UTM(運航管理ステム)の提供を計画している楽天AirMapの向井氏は「UTMがあってはじめて、物流など安全な運航ができる」と話し、野波氏も「我々も国の意向に沿う形で、一枚岩でISOとか国際標準化に紺トリビュートしていきたい」と締めくくった。

この記事のライター

関連する投稿


未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

ACSLは、未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社を引き受けとする第三者割当増資を決定した。


【橋梁・トンネル技術展】三信建材工業の非GPS環境下での点検ソリューション

【橋梁・トンネル技術展】三信建材工業の非GPS環境下での点検ソリューション

三信建材工業株式会社(愛知県豊橋市)は、土木、構造物そして、特に非GPS環境下でドローンを使った点検の実験を繰り返し、すでに実際の現場で活用し紹介していた。。


ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンを活用した農業で日本の土づくりを世界に発信するドローンジャパン(東京都千代田区)が、2017年度に推進する「ドローン米」プロジェクトを知るため、ドローンジャパンの春原久徳会長と勝俣喜一朗社長が稲作と畑作の生育調査を行うドローンによるリモートセンシングの現場に同行した。


新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

8月7日。農業特区に指定されている新潟市は、有限会社米八圃場(新潟市南区、代表取締役:加藤誉士寛)でドローンを活用した「水稲のモニタリングおよび栽培管理」の実証実験の様子を公開した。


日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

ドローンメーカーのTEAD株式会社(本社:群馬県、代表取締役社長:横山勉、以下TEAD)と株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県、代表取締役:野波健蔵、以下ACSL)は、農業用ドローンの開発と生産に関する協業を発表した。


最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。