【第3回 国際ドローン展2017】 産業用ドローンとソリューションが一堂に

【第3回 国際ドローン展2017】 産業用ドローンとソリューションが一堂に

第三回 国際ドローン展が4月19日、千葉市の幕張メッセで開催された。今年は、ドローンを活用した測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。21日まで。


国産ドローンの最新モデルから海外の最新ソリューションが数多く展示

 株式会社自律制御システム研究所(ACSL)の展示コーナーでは、最新モデルのPF1をベースにして、測量や点検に物流そして防災など、用途に合わせたオプションやアダプタを組み合わせたソリューションを展開していた。また、価格が下がってきたLIDAR(Laser Imaging Detection and Ranging「レーザー画像検出と測距」)を搭載し、3次元データをドローンで計測するソリューションも昨年に比べて増えていた。例えば、日本海洋株式会社では、DJI製のドローンにLiDARとカメラを取り付けて、約1,000万円のセットとしてソリューションを提供し、同社では、同じく約1,000万円の固定翼無人機や、約1億円のドローン検出システムなどを展示していた。
 一方、展示会には初参加となった芝本産業株式会社は、3DRobotics社製ドローン「SOLO」を展示していた。展示コーナーの一角では、株式会社日創建が協力して、「SOLO」を活用した測量ソリューションのSite Scanも紹介し注目を集めていた。
 その他にも、ドローンに搭載するセンサー機器やモーターなどの要素部品から、産学協同の研究や実証実験に、測量や点検などに活用するソフトウェアなどが展示されていた。

芝本産業が展示していた3DRobotics社製ドローン「SOLO」

国際ドローンシンポジウムにはunicefも参加

 国際会議場では、国際ドローンシンポジウムも開催された。冒頭、株式会社自律制御システム研究所代表取締役 CEO 野波健蔵氏が「ドローンが可能にする近未来社会」について講演した。野波氏は2020年までに目視外で無人地帯における荷物配送を実用化する、という経済産業省のロードマップを紹介し、それに向けて取り組む重要性について語った。
 特別講演では、unicefでドローンを活用したイノベーションに取り組むChris Fabian氏の特別講演があり、ユニセフがアフリカのマラワイで推進しているドローンの計画などが紹介された。
 続いてドローン議連の田中和徳議員が挨拶し、二つ目の特別講演では、ISO(国際標準化機構) 無人航空機システム 国際標準化検討会 委員長のJohn Walker氏が「ドローンの国際的な標準化に関する最新動向」を語った。最後に、楽天AirMap社の 代表取締役CEO 向井 秀明氏(楽天株式会社)と、中国で飛行制御システムを開発しているTopXGun社のYin Liangliang氏を交えたパネルディスカッションが行われた。ドローン物流を推進し、UTM(運航管理ステム)の提供を計画している楽天AirMapの向井氏は「UTMがあってはじめて、物流など安全な運航ができる」と話し、野波氏も「我々も国の意向に沿う形で、一枚岩でISOとか国際標準化に紺トリビュートしていきたい」と締めくくった。

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】ロックガレッジが開発、Aiによるドローンリアルタイム探査システム

【国際ドローン展】ロックガレッジが開発、Aiによるドローンリアルタイム探査システム

ドローンリアルタイム探査クラウドシステムを開発している株式会社ロックガレッジ(代表取締役:岩倉大輔/Rock Garege)では、AIによる山岳遭難探査、害獣調査、植生調査、ゴミの不法投棄、密猟監視などに応用できるシステムを構築し、現在ユーザーモニター募集中。


【国際ドローン展】東京航空計器の国産ドローン「GNAS SKY」輸送無人ヘリと多目的マルチコプター

【国際ドローン展】東京航空計器の国産ドローン「GNAS SKY」輸送無人ヘリと多目的マルチコプター

ドローンの飛行制御を行うモーションセンサーを開発する東京航空計器株式会社(東京都魔町田市)は、同社独自開発のGNAS SKY フライトコントロールシステム搭載のGNAS SKY輸送用無人ヘリと多目的マルチコプターを、4月18日開催の国際ドローン展の同社ブースで展示した。


【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

4月18日から幕張メッセで開催された国際ドローン展には、ドローン産業に携わる国内メーカーが、数多くの製品やソリューションを展示していた。(田中亘)


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

ACSLは、未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社を引き受けとする第三者割当増資を決定した。


最新の投稿


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。