23区内初のドローン複合施設を飛び出し  屋外でドローン撮影プログラムの提供開始 !

23区内初のドローン複合施設を飛び出し 屋外でドローン撮影プログラムの提供開始 !

ライオンズフィルム株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長 CEO:森健志)は、株式会社館山ファミリーパーク(本社:千葉県館山市、代表取締役社長:上條長永)と提携し、定期的にドローン初心者・経験者を対象に屋外でのドローン撮影技術向上を目的とした会員向けサービスの一環として、「ドローン撮影プログラム」を実施する。


東京23区内初のドローンフライト練習場「ライオンズファシリティ」

 ライオンズフィルム株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長 CEO:森健志)は、株式会社 館山ファミリーパーク(本社:千葉県館山市、代表取締役社長:上條長永)と提携し、定期的にドロー ン初心者・経験者を対象に屋外でのドローン撮影技術向上を目的とした会員向けサービスの一環として、 「ドローン撮影プログラム」を実施する。 第 1 回目は5 月 13 日(土)に開催。

■ドローン撮影プログラムについて ライオンズフィルムでは、ドローンに興味を持っているが、ま だ見たことも触ったこともない人向けに、実際に見て触れる機 会を提供するため、、2016 年 11 月に東京 23 区内初のド ローンフライト練習場「ライオンズファシリティ」をオープンした。
 この練習場は、フライト経験が浅い初心者パイロット (※)にもドローンフライトが練習でき、なおかつ屋内のため夜間飛行練習も可能となっている。施設内には、フライト練習が見学できるカフェや、最新ドローンのショールームも併設し、ドローン未経験者や購入を検 討している人も最新式ドローンをテストフライトすることが可能な複合施設で会員数は 200 名を超えている。

 現在都内では、国土交通省に許可申請を行わなければ屋外でのドローンフライトができない。また、申請時には10時間以上のフライト練習や夜間飛行の練習が必要など、ドローンをとりまく環境には様々な規制がある。
 今回の提携は、「ライオンズファシリティ」を利用している顧客から屋外でのドローン撮影技術向 上の要望が多いことから、館山ファミリーパークに交渉し実現した。 ※館山ファミリーパークでは通常ドローンフライトは禁止となっている。

■雄大な自然の中でドローンによる空撮と空撮技術向上の場を提供 「第 1 回 ドローン撮影プログラム」を行う館山ファミリーパークでは、参加者はドローンの空撮技術を向上させることができる。

第 1 回ドローン撮影プログラム概要

実施日 2017 年 5 月 13 日(土)10:00~15:00
場所 館山ファミリーパーク
募集人数 10 名 対象者 ドローン初心者および経験者(ライオンズファシリティ会員様)
参加費 \9,720(税込)
内容 ドローン撮影プログラムを実施
申込方法 ホームページよりお申込みいただけます。※先着順 http://www.lionsfilm.co.jp/facility/event/event.php?e=20170513

今後もライオンズフィルム株式会社は、定期的にドローン講習会や撮影プログラムを開催し、ドローンによ る空中撮影や事業展開をお考えの個人や企業向けにドローンを活用した様々な提案やコンサルティング を行う予定。 さらに、国土交通省へ行う許可申請に必要な内容や重要な項目などの講習会(無償/有償)を定期的に開催することで、現在ハードルが高いドローンの専門知識を、初めての方にも習得していただき、安全に飛ばす環境を提供していきます。

【会社概要】
社名: ライオンズフィルム株式会社
代表: 代表取締役 CEO 森 健志
本社所在地: 東京都墨田区立川 2-10-10 M・吉原ビル 3F
ホームページ: http://www.lionsfilm.co.jp/
設立: 2009 年 4 月 1 日
資本金: 50,000,000 円
事業内容: オンラインゲーム事業、コンテンツ制作/配信事業、ドローンサービス事業
社名: 株式会社 館山ファミリーパーク
代表: 代表取締役 上條長永
本社所在地: 千葉県館山市布沼 1210
ホームページ: http://familypark.jp/
設立: 1977 年
資本金: 5,000,000 円
事業内容: 観光施設運営・植物卸業・植栽業
電話番号: 0470-28-1110
Email: info@familypark.jp

<お問い合わせ先>
【事業提携・協業をお考えの企業様窓口】
ライオンズフィルム株式会社 ライオンズファシリティ担当
MAIL: facility@lionsfilm.co.jp

2014 年 5 月より「チョコナイト」を運営移管にて運営開始、その後 2016 年 3 月 1 日から運営移管にてブラウザ『少女とドラゴン -幻獣契約クリプトラクト-』のサービスを行っております。 また 2016 年 5 月からはライフスタイル事業も開始し、従来のオンラインゲームに留まらず、ドローンや VR 分野でのサービスも開始し、ゲーム事業にて培ったノウハウの他展開も行っております。

企業理念として『楽しさは世界共通』を掲げており、楽しい時の笑顔は世界共通の言語として、私たちは 世界中の楽しいコンテンツを世界中のお客様の元へ届け、どこの国でも地域でも、世界共通の笑顔が溢れる社会作りを目指します。

この記事のライター

関連する投稿


ライオンズフィルムが初心者も簡単にドローンを飛ばせる練習場あす開業

ライオンズフィルムが初心者も簡単にドローンを飛ばせる練習場あす開業

コンテンツ制作・配信を手掛けるライオンズフィルム(東京都中央区)は、東京23区内初のドローンフライト練習場と体験型ショールーム、カフェバーが一体となった複合施設「ライオンズファシリティ」を東京都墨田区に11月1日にオープンする。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。