ヤマハ発動機・エンルートが産業用ドローン分野での業務提携に向けた検討を開始

ヤマハ発動機・エンルートが産業用ドローン分野での業務提携に向けた検討を開始

ヤマハ発動機株式会社(以下ヤマハ)と株式会社エンルート(本社:埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:瀧川正靖)は、 産業用ドローン事業での業務提携に向けた検討を開始したと発表した。


 エンルートとヤマハの両社は8月を目途に業務提携契約を締結、 各々の製品や事業ノウハウを活用し、
1)農薬等の散布ドローンをはじめとした産業用ドローン事業のグローバル展開
2)精密農業※、 各種インフラ点検、 測量、 環境対策、 災害対応、 運輸、 漁業などドローンを
利用した新規市場開拓での協業を目指すことになる。

物件投下・危険物の輸送の対象機体として日本初の認定を受けたZion AC940D

  ヤマハは1989年に農薬散布用無人ヘリを発売、 現在、 国内における防除散布面積は、 主食用米水田の42.5%(2016年実績、 ヤマハ調べ)に及ぶ。 また農業用途での活躍の場は、 韓国をはじめ米国・豪州・ニュージーランド・タイなどグローバルに拡大している。 農業用途以外では、 長距離自動航行が可能なマルチソリューション用の産業用無人ヘリが、 植生調査・計測業務・防災・災害支援など幅広い産業分野で官公庁、 一般企業等に向け高度なサービスを提供している。 さらに2018年には、 これまで培ってきた空力・制御技術、 安全面でのノウハウを生かしたマルチローター型の散布ドローン発売を予定している。

 エンルートは産業用のマルチローター型ドローンを他社に先駆けて開発・販売している。 農業用分野のマルチローター型ドローンでは日本で初めて農林水産航空協会による性能確認基準の適合を受けており、 累計500台を販売(2017年3月末現在)している。 このほか、 災害現場の初動状況把握、 インフラ点検や測量の省力・高能率化、 物流実験など幅広い産業分野で官公庁等に向けたプロ用ドローンを開発、 納入している。
 エンルートが販売する農業用ドローンAC940-Dは、 国土交通省の「資料の一部を省略することが出来る無人航空機 」の物件投下・危険物の輸送の対象機体として日本初の認定を取得している。

この記事のライター

関連するキーワード


エンルート ヤマハ

関連する投稿


エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

株式会社エンルートM’s(福島県福島市 代表取締役 辺見 俊彦)は、 株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市 取締役社長 伊豆 智幸)の、 第三者割当増資引き受けにより、 3月1日付けでエンルートラボの92.6%の議決権を取得し、 子会社化したと発表した。


NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOは、富士通、日本電気、イクシスリサーチ、エンルート、プロドローンとともに、橋梁点検のための無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を千葉県東金市で実施した。


ヘリからドローンは見えるのか NEDO、SUBARU、エンルート、プロドローンが南相馬で実験

ヘリからドローンは見えるのか NEDO、SUBARU、エンルート、プロドローンが南相馬で実験

 ヘリコプターの操縦者は、ドローンを見ることができるのか、などについて、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と関連事業者が、12月15日、福島県南相馬市に整備中の復興工業団地内福島ロボットテストフィールドで実験し、その様子を公開した。


【橋梁・トンネル技術展】エンルートが開発中のドローン用衝突防止システムを展示

【橋梁・トンネル技術展】エンルートが開発中のドローン用衝突防止システムを展示

幕張メッセで開催中の橋梁・トンネル技術展のドローンエリアに出展した株式会社エンルート(本社:埼玉県朝霞市、代表取締役:瀧川正靖)は、開発中の衝突防止システムを搭載したドローンZion PG700を展示していた。


エンルートが9億円増資 JSATグループが発表 同グループの完全傘下に

エンルートが9億円増資 JSATグループが発表 同グループの完全傘下に

 産業用ドローンの開発、製造などを手掛ける株式会社エンルート(埼玉県)は、9億円の増資を実施したと発表した。同社はスカパーJSATグループの一角で、同グループはこの増資などにより10月20日付で100%の議決権を取得した。エンルートはこの増資を機に、量産体制の構築、安全管理、品質管理の充実など事業を加速させる。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。