【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

第三回 国際ドローン展が4月19日〜21日、千葉市の幕張メッセで開催された。今回は「ドローン活用元年」にふさわしく、測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。


PF1ベースの各種ソリューションを展示したACSL

 株式会社自律制御システム研究所(ACSL)の展示ブースでは、最新モデルのPF1をベースにして、測量や点検に物流そして防災など、用途に合わせたオプションやアダプタを組み合わせたソリューションを展開していた。例えば「PF1-Survey」は、時速50Kmに対応可能な高速カメラを開発し装備した。 ACSLでは、計測、測量分野で必要とされるオーバーラップ率80%が可能な、高速飛行に十分対応できる独自に4眼高速カメラを開発した。

4眼高速カメラを装備したPF1-Survey

SkylinkとPhaseOne 1億画素センサーサイズの高画素デジタルカメラによる点検ドローン

 株式会社worldLink & Companyが運営する日本初の実店舗型ドローン総合販売店であり、DJIの日本正規代理店であるSkilinkの展示ブースでは、農薬散布、精密農業、測量、土木、点検といったドローンが活用できる各分野を分かり易く分類した展示を行って、多くの来場者の注目を集めていた。
 中でも中版デジタルカメラとして商業写真分野で多用されているPhaseOne社が、センサーサイズと高画素をそのままドローン搭載型カメラえとして開発したPhaseOne iXU-RS 1000を紹介していた。総画素数1億画素の超高画素デジタルカメラで撮影された画像は、約20メートルの距離から0.2ミリのクラックを確認することができる。暗所でISO感度50という低感度撮影されたアンダーな画像を、画像処理しても画像の荒れもほとんど見られない。DJI社製のMatrice600Proに搭載することで、ダムなどの巨大な建造物をはじめ、橋梁、送電線。タンカーなどの大型船舶、航空機といったものの点検に活用されている。

PhaseOne iXU-RS 1000を搭載したDJI社製のMatrice600Pro

1億画素のドローン搭載型超高画素デジタルカメラPhaseOne iXU-RS 1000

田中電気 札幌で全天候有線ドローンPARCのデモフライト

 東京・秋葉原でドローン事業を展開する田中電気は、全天候型の有線給電ドローン「PARC」を展示。PARCは、日本ではドローンの飛行できる150mの高度で、有線給電のため長時間の飛行が可能となっている。同社によると、今回初めて北海道・札幌でデモフライトを行うことが分かった。

 日時  4月26日(水) 午前10時〜12時
 会場  札幌サッカーアミューズメントパーク
     札幌市東区東雁来12条3−1−1
 主催  田中電気、株式会社三新
 問い合わせ 011-736-7261
       sanshin@k-sanshin.jp
当日はPARCをはじめ、Inspire 2、Phantom 3のデモフライト見学ができる他に体験会も催される。  

PARCが前面に置かれた田中電気のブース。4月26日には初めて北海道でデモフライトを行う

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【Japan Drone 2019】田中電気、中国HARWAR社の強力な災害支援ドローンD-HOPEを紹介

【Japan Drone 2019】田中電気、中国HARWAR社の強力な災害支援ドローンD-HOPEを紹介

秋葉原でJUIDA認定のドローンスクールを開講する田中電気株式会社(東京都千代田区)は、これまでに有線給電ドローン「PARC」を防災、警備などに提案している。今回は今年5月に実機が入荷予定の中国HARWAR社の強力な災害支援ドローン「D-HOPE」を紹介した。


ACSL株、一時、1株4000円台を突破 週末2月1日のマザーズ市場で

ACSL株、一時、1株4000円台を突破 週末2月1日のマザーズ市場で

 東京証券取引所マザーズ市場では前週末の1日、ドローン技術の株式会社自律制御システム研究所(千葉市、ACSL)が1株あたり一時、4180円と上場来高値を更新した。ドローン事業者や利活用する関係者の期待が高まっている。


ACSL上場来高値更新で公開価格超え 1月8日に一時3500円

ACSL上場来高値更新で公開価格超え 1月8日に一時3500円

 東京証券取引所マザーズ市場では1月8日の午前の取引で、2018年12月21日に上場したドローン技術の株式会社自律制御システム研究所(千葉市、ACSL)が1株あたり一時、上場来高値を更新する3500円をつけ、公開価格の3400円を上回った。


最新の投稿


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。