【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

第三回 国際ドローン展が4月19日〜21日、千葉市の幕張メッセで開催された。今回は「ドローン活用元年」にふさわしく、測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。


PF1ベースの各種ソリューションを展示したACSL

 株式会社自律制御システム研究所(ACSL)の展示ブースでは、最新モデルのPF1をベースにして、測量や点検に物流そして防災など、用途に合わせたオプションやアダプタを組み合わせたソリューションを展開していた。例えば「PF1-Survey」は、時速50Kmに対応可能な高速カメラを開発し装備した。 ACSLでは、計測、測量分野で必要とされるオーバーラップ率80%が可能な、高速飛行に十分対応できる独自に4眼高速カメラを開発した。

4眼高速カメラを装備したPF1-Survey

SkylinkとPhaseOne 1億画素センサーサイズの高画素デジタルカメラによる点検ドローン

 株式会社worldLink & Companyが運営する日本初の実店舗型ドローン総合販売店であり、DJIの日本正規代理店であるSkilinkの展示ブースでは、農薬散布、精密農業、測量、土木、点検といったドローンが活用できる各分野を分かり易く分類した展示を行って、多くの来場者の注目を集めていた。
 中でも中版デジタルカメラとして商業写真分野で多用されているPhaseOne社が、センサーサイズと高画素をそのままドローン搭載型カメラえとして開発したPhaseOne iXU-RS 1000を紹介していた。総画素数1億画素の超高画素デジタルカメラで撮影された画像は、約20メートルの距離から0.2ミリのクラックを確認することができる。暗所でISO感度50という低感度撮影されたアンダーな画像を、画像処理しても画像の荒れもほとんど見られない。DJI社製のMatrice600Proに搭載することで、ダムなどの巨大な建造物をはじめ、橋梁、送電線。タンカーなどの大型船舶、航空機といったものの点検に活用されている。

PhaseOne iXU-RS 1000を搭載したDJI社製のMatrice600Pro

1億画素のドローン搭載型超高画素デジタルカメラPhaseOne iXU-RS 1000

田中電気 札幌で全天候有線ドローンPARCのデモフライト

 東京・秋葉原でドローン事業を展開する田中電気は、全天候型の有線給電ドローン「PARC」を展示。PARCは、日本ではドローンの飛行できる150mの高度で、有線給電のため長時間の飛行が可能となっている。同社によると、今回初めて北海道・札幌でデモフライトを行うことが分かった。

 日時  4月26日(水) 午前10時〜12時
 会場  札幌サッカーアミューズメントパーク
     札幌市東区東雁来12条3−1−1
 主催  田中電気、株式会社三新
 問い合わせ 011-736-7261
       sanshin@k-sanshin.jp
当日はPARCをはじめ、Inspire 2、Phantom 3のデモフライト見学ができる他に体験会も催される。  

PARCが前面に置かれた田中電気のブース。4月26日には初めて北海道でデモフライトを行う

この記事のライター

関連する投稿


DroneAgentが高解像度一眼レフカメラをDJI大型ドローンに搭載し撮影した360度パノラマ写真を公開

DroneAgentが高解像度一眼レフカメラをDJI大型ドローンに搭載し撮影した360度パノラマ写真を公開

『DroneAgent』 高解像度一眼カメラ「SONY α7R III」をDJI製大型ドローン「Matrice600pro」に搭載し撮影した、360度のパノラマ眺望写真を公開。眺望撮影に最適な機材の提案や導入相談にも対応、各種機材も販売。


【国際ドローン展】ロックガレッジが開発、Aiによるドローンリアルタイム探査システム

【国際ドローン展】ロックガレッジが開発、Aiによるドローンリアルタイム探査システム

ドローンリアルタイム探査クラウドシステムを開発している株式会社ロックガレッジ(代表取締役:岩倉大輔/Rock Garege)では、AIによる山岳遭難探査、害獣調査、植生調査、ゴミの不法投棄、密猟監視などに応用できるシステムを構築し、現在ユーザーモニター募集中。


【国際ドローン展】東京航空計器の国産ドローン「GNAS SKY」輸送無人ヘリと多目的マルチコプター

【国際ドローン展】東京航空計器の国産ドローン「GNAS SKY」輸送無人ヘリと多目的マルチコプター

ドローンの飛行制御を行うモーションセンサーを開発する東京航空計器株式会社(東京都魔町田市)は、同社独自開発のGNAS SKY フライトコントロールシステム搭載のGNAS SKY輸送用無人ヘリと多目的マルチコプターを、4月18日開催の国際ドローン展の同社ブースで展示した。


【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

4月18日から幕張メッセで開催された国際ドローン展には、ドローン産業に携わる国内メーカーが、数多くの製品やソリューションを展示していた。(田中亘)


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。