ドローンを手軽に自作--DIY組み立てキット20選

ドローンを手軽に自作--DIY組み立てキット20選

 既製のドローンでは物足りないだろうか?ここで紹介するのは、ドローンを自らの手で組み立てて飛ばしたい人のためのDIYキットやプロジェクトだ。


1. DJI F450 Flame Wheel ARF Kit

DJIは主にハイエンドの「Phantom」シリーズなどのドローンで知られるが、「Flame Wheel ARF KIT」として知られる組み立てキットシリーズも提供している。

…この記事の続きを読む

情報提供元:ZDNet Japan
https://japan.zdnet.com/article/35100294/

この記事のライター

関連するキーワード


PHANTOM 組み立て

関連する投稿


<産経女子特区・その2>可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

<産経女子特区・その2>可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

産経女子特区では、産経新聞東京本社に所属する女性記者が中心となり、さまざまなテーマを追いかける。今回は女性記者が最新ドローンを体験ルポした。


熊本県の阿蘇山噴火やうのこの滝を4K空撮 DroneAgent

熊本県の阿蘇山噴火やうのこの滝を4K空撮 DroneAgent

今回のドローン空撮は熊本県、阿蘇山・うのこの滝・轟の滝・通潤橋の景色を空からのドローン映像。Phantom3とINSPIRE1で4K空撮。


新橋ツクモがDJI製ドローン&ジンバルカメラ体験イベントを開催 ドローン女子がサポート

新橋ツクモがDJI製ドローン&ジンバルカメラ体験イベントを開催 ドローン女子がサポート

TSUKUMOは、DJI協力のもと、2月18日・19日に新橋 ツクモデジタル.ライフ館にて、ジンバルカメラ「OSMO体験イベント」および、ドローン「PHANTOM/MAVIC体験イベント」を開催する。


DJI、クリスマスキャンペーンを開始

DJI、クリスマスキャンペーンを開始

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう))は、DJI の旗艦シリーズであるPhantom シリーズを特別価格で提供する「クリスマスキャンペーン」を、本日11月25 日(金)より開始します。


「誰が買うの?」  金ピカのドローン、英専門ショップが250万円で販売

「誰が買うの?」 金ピカのドローン、英専門ショップが250万円で販売

 イギリスのドローン専門ショップ「ドローンダイレクト」が、機体全体をゴールドでコーティングしたドローンを販売している。


最新の投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。