ドローンを活用した動画コンテスト「FUKUOKA DRONE CREATIVE AWARD」作品募集の締切り迫る!

ドローンを活用した動画コンテスト「FUKUOKA DRONE CREATIVE AWARD」作品募集の締切り迫る!

クリエイティブ・ラボ・フクオカ、福岡市、福岡地域戦略推進協議会が主催して、ドローンを創作に取り入れること、また新たな人材の発掘を目的としてドローンによる動画コンテストを開催する。テーマは能古島と福岡の魅力を再発見・新発見できる作品。締切りは5月15日まで。


能古島および福岡の魅力を再発見・新発見できる作品の応募をお待ちしています

[募集部門]
◆カテゴリーA 【福岡市長賞:賞金10万円】
ドローンで撮影した能古島の映像を含む作品
        
◆カテゴリーB 【賞金3万円】
ドローンで撮影した福岡市内の映像を含む作品

[募集期間]
2017年4月10日(月)~5月15日(月)

[応募方法]
YoutubeもしくはVimeoの自身のアカウントに動画をアップロードし、URL、作品タイトル、氏名、住所、電話番号、撮影日(ドローン関連法改正前後を確認するため)を記入の上、Emailにてinfo@reevo.jpに送付すること。

[応募規定]
・作品の長さは、1分前後(50秒以上90秒以内)。
・作品の制作時期は問わない。
・作品の応募は、ひとり何作品でも可能。
・下記同意事項に同意のうえで応募すること。
なお、応募された場合は、同意事項に同意したうえで応募されたものとみなす。
・18歳未満の方は保護者の同意を得たうえで応募すること。
なお、応募された場合は、保護者の同意を得たうえで応募されたものとみなす。

[同意事項]
以下の事項について、確認、同意の上ご応募すること。
・ドローンの飛行に関する法令等を順守して撮影したものであること。
・応募作品は、第三者の著作権や名誉権及びその他の権利を侵害しないものとし、これに抵触する作品は審査の対象外となります。権利侵害に関する問題は、すべて応募者の責任と費用負担で解決するものとする。
・応募者は福岡市のPRに資する広報活動等(本コンテストの告知・周知活動を含む)において、主催者及び主催者が認める第三者が、営利を目的とせず、応募作品の公開、上映、印刷等を無償かつ無期限にて行うことができることを、あらかじめご了承すること。
・審査に関するお問い合わせについては答えられないので、あらかじめご了承すること。
・他のコンテストとの重複応募も可能。他のコンテストなどで重複応募が禁止されている作品、応募者がコンテストの主催者または第三者に著作権を譲渡もしくは使用許諾している作品、コンテスト主催者または第三者への著作権の譲渡もしくは使用許諾が条件となっている作品は応募できない。

[一次審査]
・事務局選考により優秀作品数点を選出する。
ファイナリストとしてホームページ等で公表する。
※福岡市公認動画として広報等に活用する。

[最終審査・大賞発表]
 2017年5月23日
 Grobal Startup Drone MeetFes(※)で表彰式を実施
http://drone.startup.fukuoka.jp/
※FUKUOKA growth next及び旧大名小学校にて開催(福岡市中央区大名二丁目6番11号)

[審査員]
山口千貴・真理子夫妻(Honeymoon Traveler ドローンを片手に世界一周新婚旅行)
Ms. Gosia Petaux (Bordeaux Technowest Secretary General)
西谷郁氏(西南学院大学 非常勤講師/アジアフォーカス・福岡国際映画祭プログラミングチーム)

[関連イベント]
 ドローン・フライト体験会 2017年4月15日(土)14:00~16:00
 旧簀子小学校体育館(福岡市中央区大手門三丁目15番1号)
参加方法:info@reevo.jp へ参加者全員の氏名、代表者Email、電話番号(当日連絡の撮れるもの)を明記してメールをご送付下さい。

[主催] クリエイティブ・ラボ・フクオカ、福岡市、福岡地域戦略推進協議会
[運営事務局] 株式会社リーボ
[お問合せ先] info@reevo.jp

[審査員] 山口千貴・真理子夫妻(Honeymoon Traveler ドローンを片手に世界一周新婚旅行)

[審査員] Ms. Gosia Petaux (Bordeaux Technowest Secretary General)

[審査員] 西谷郁氏(西南学院大学 非常勤講師/アジアフォーカス・福岡国際映画祭プログラミングチーム)

この記事のライター

関連する投稿


女子大生ドローン団体「JDx drone」始動! 6月18日に福岡・糸島で体験イベント!

女子大生ドローン団体「JDx drone」始動! 6月18日に福岡・糸島で体験イベント!

 ドローンの普及を推進する女子大生の団体「JDx drone」(ジェイドローン)が活動を開始した。6月18日(日)に、福岡県糸島市で、パラグライダーに挑戦する女子大生をドローンで撮影したり、子供向けのトイドローン体験会を開いたりするイベントを開催する。参加は無料。


新婚旅行空撮で世界から大反響 Honeymoon Traveler 山口夫妻に聞く

新婚旅行空撮で世界から大反響 Honeymoon Traveler 山口夫妻に聞く

新婚旅行で撮影したドローンによる記念空撮動画が、世界中の話題となったHoneymoon Travelerこと山口千貴、真理子夫妻に、400日間の旅についてお話しをうかがった。夫妻は福岡で行われる「FUKUOKA DRONE CREATIVE AWARD」に審査員として出席する。


キーマンが講演 国際航業など「ドローン活用シンポジウム」を福岡で開催 5月11日、入場無料

キーマンが講演 国際航業など「ドローン活用シンポジウム」を福岡で開催 5月11日、入場無料

 地理空間情報技術サービス大手の国際航業株式会社(東京)とドローン空撮などのクリエイター集団で構成する一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA、京都市)が、5月11日、福岡市で、「ドローン活用シンポジウムin九州」を開く。ドローン産業、行政のキーマンが最新情勢などを講演する。入場無料。事前申し込みが必要。


福岡に屋内常設型のドローン操縦士協会認定「ドローンスクールジャパン福岡東校」が4月21日開校

福岡に屋内常設型のドローン操縦士協会認定「ドローンスクールジャパン福岡東校」が4月21日開校

産業用ドローンの開発、販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区、 代表取締役社長:貝應大介)は、九州初となる常設屋内飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン福岡東校』を4月21日(金)に開校する。 当日は、 開校式典のほか、 デモフライトや操縦体験会も開催する。


セキドの【ドローン技能資格証明】DJI CAMP が福岡で3月初開催

セキドの【ドローン技能資格証明】DJI CAMP が福岡で3月初開催

九州・関西地区の顧客のご要望に応えて、九州地区でセキド DJI CAMPを初開催が決定した。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。