Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase One Japan 株式会社(代表取締役:本田誠)は、DJI社の M600 および M600 Proに完全対応した、iXU、iXU-RS 航空撮影カメラシステムを発表した。このシステムは、 DJI 社のソフトウェア開発キットによって開発された最新ドローンソリューションで、写真測量からインフラ点検などに対応。


1 億画素および 5000 万画素の航空撮影カメラシステム

 このカメラシステムは、 DJI M600、M600 Proと iXU、iXU-RSを一体として使用でき、航空撮影に 高品質なソリューションを提供する。

■■ 今回発表するソリューションの特徴は以下の通り。•
・難しい設定を排除し、組み立て・接続するだけですぐに使用可能
• iX Capture Mobile アプリケーションにより、顧客にターンキーソリューションを提供
• 1 億画素、および 5000 万画素の測量・航空撮影カメラシステム
• 振動や気温・気圧の変化にも耐えられる特別設計
• ドローン搭載に最適な 1.25kg の小型軽量設計
• 最大 1 コマ 0.6 秒間隔で撮影可能
• ウェイポイント・距離・時間・マニュアルなど様々な撮影モードが設定可能
• DJI Ground Station Pro など、飛行計画アプリケーションをサポート
• GPS 情報とジンバル情報を撮影データに埋め込み
• マスターとスレーブによるドローンとカメラの独立したコントロールが可能

新規開発の iX Capture Mobile アプリケーション (iOS) は、直感的で使いやすいインターフェ イスでカメラシステムの遠隔操作を実現

■■ iX Capture Mobile の特徴は以下の通り。
• ライブビューにより上空からの映像をリアルタイムに確認可能
• オートモードにより、ISO、シャッタースピード、絞り値を自動設定
• マニュアルモードにより、ISO、シャッタースピード、絞り値を iX Capture Mobile から個々に設定変更可能
• ウェイポイント、距離、インターバルによる自動トリガーモード
• DJI Lightbridge コントローラの2ダイヤルによるカメラコントロール

 ドローンを使用した送電線、風力発電機、線路、道路、橋梁などの点検作業が、超高解像度画像で確認可能になる。 高い地上解像度を保ちながら広範囲の撮影が短時間に効率的行え、その結果、画像の貼り合 わせなどの後処理にかかる時間を短縮させ、コスト削減につながる。

 Lufthansa 航空 UAV フライトシステム部門マネージャーのTobias Wentzler 氏によると「当社所有の DJI M600 ドローンと、このカメラシステムで撮影した画像の素晴らしい性能に驚 きました。1 ピクセルあたり 1 ミリ以下の高解像度で精度の高い点検ができるようになり、従来 の点検では発見できなかったわずかなひびや欠陥を特定できるようになりました」という。

 またAerial Filmworks 社 のRon Chapple 氏は 「顧客は常に最高の結果を求めています。当社はこのソリューションにより、堅牢な性能、最高 の解像度と画質を得て、顧客が望む映像表現ができるようになりました。送電線やパイプライン の点検を行なっている当社インフラ調査点検部門 GEO1 も、このソリューションを活用して作業 の効率化とコストダウンが可能になります」と航空撮影専門家の厳しい要求も満たものとなっている。

価格と入手法

Phase One の iXU および iXU-RS シリーズカメラシステムは、現在 DJI社製M600/M600Proをフルサポートしている。
カメラシステムの価格は、ソリューションキットとレンズを含み、 税別 3,773,200 円からとなる。
詳しい情報は以下のリンクを参照。
http://industrial.phaseone.com/

Phase One 社について

 Phase One 社は、プロフェッショナルフォトグラファーと産業用アプリケーション向けの中判デ ジタルカメラとイメージングソリューションの世界トップ企業。1990 年の設立以来、デジ タル写真のパイオニアとして最高のイメージクオリティに注力。優れたカメラシステ ムから、撮影ワークフローと RAW ファイル編集を実現するソフトウェアに到るまで、革新を続け てきた。
 Phase One 社の産業用カメラシステムは航空撮影、航空測量、構造物点検検査、赤外撮影、3D マ ッピングなど、幅広い産業用のアプリケーションに最適化されている。
 Phase One 社はデンマーク、コペンハーゲンに本社を置き、ニューヨーク、ロンドン、東京、ケ ルン、香港、上海、テルアビブに支社を持ち、グローバルパートナーとともにサービスとサポー トを行っている。

※M600、M600 PR、Ground Station Pro、Lightbridge は SZ DJI Technology Co., Ltd.の商標です。 Phase One、iXU、iXU-RS、iX Capture は Phase One A/S の登録商標です。 その他のブランド名と製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

本件に対する問い合わせ先:
フェーズワンジャパン株式会社 営業部 笠井 伸啓
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-2VORT永田町8F
TEL. 03-6256-9682 / FAX. 03-6256-9685

この記事のライター

関連する投稿


DJIが横浜ランドマークプラザの特設フライトゲージでドローン飛行と空撮セルフィー体験イベント開催

DJIが横浜ランドマークプラザの特設フライトゲージでドローン飛行と空撮セルフィー体験イベント開催

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、5 月 27 日(土)と 28 日(日)の 2 日間、横浜ランドマークプラザ 1F ガーデンスクエアで、DJI のドローン飛行と 空撮セルフィーが体験できるポップアップイベントを開催する。


ドローン無料体験イベント「DJI×S-robo×デジタルハリウッドSTUDIO京都」6月4日に開催

ドローン無料体験イベント「DJI×S-robo×デジタルハリウッドSTUDIO京都」6月4日に開催

デジタルハリウッドSTUDIO京都では、 ドローンをはじめとしたロボティクス商品でお客様の「仕事」「生活」「趣味」などをサポートするS-robo主催による、 DJI社公式のドローン無料体験イベント「NEW PILOT EXPERIENCE」を6月4日に開催する。


【ドローン技能資格証明 DJI CAMP】全国8都市にて申込受付中!7月新たに静岡での開催決定

【ドローン技能資格証明 DJI CAMP】全国8都市にて申込受付中!7月新たに静岡での開催決定

DJI社 正規代理店の株式会社 セキド(本社:東京都国立市、 代表取締役:大下貴之)は、 DJIドローンの正しい知識、 正しい操作方法、 そして操縦者としての資質を評価する民間資格「DJI CAMP スペシャリスト育成プログラム」を全国8都市にて開催。7月は新たに静岡での開催を実施する。


Boat trip at Geibikei Gorge 猊鼻渓舟下り in 4K – DJI OSMO, Phantom3

Boat trip at Geibikei Gorge 猊鼻渓舟下り in 4K – DJI OSMO, Phantom3

北上川支流の砂鉄川沿いに、高さ50mを超える石灰岩の岸壁がそびえ立ち、およそ2kmにわたって続く渓谷が猊鼻渓です。


セキドの【ドローン技能資格証明 DJI CAMP】開催都市拡大!<仙台/ 愛媛/ 広島/ 名古屋> 申込み受付開始

セキドの【ドローン技能資格証明 DJI CAMP】開催都市拡大!<仙台/ 愛媛/ 広島/ 名古屋> 申込み受付開始

DJI社 正規代理店である 株式会社 セキド(本社:東京都国立市、 代表取締役:大下貴之)は、 2017年6月(仙台/ 愛媛/ 広島/ 名古屋)国内4都市において、 DJIドローンの正しい知識、 正しい操作方法、 そして操縦者としての資質を評価する民間資格「DJI CAMP スペシャリスト育成プログラム」を開催する。


最新の投稿


エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。