Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase One Japan 株式会社(代表取締役:本田誠)は、DJI社の M600 および M600 Proに完全対応した、iXU、iXU-RS 航空撮影カメラシステムを発表した。このシステムは、 DJI 社のソフトウェア開発キットによって開発された最新ドローンソリューションで、写真測量からインフラ点検などに対応。


1 億画素および 5000 万画素の航空撮影カメラシステム

 このカメラシステムは、 DJI M600、M600 Proと iXU、iXU-RSを一体として使用でき、航空撮影に 高品質なソリューションを提供する。

■■ 今回発表するソリューションの特徴は以下の通り。•
・難しい設定を排除し、組み立て・接続するだけですぐに使用可能
• iX Capture Mobile アプリケーションにより、顧客にターンキーソリューションを提供
• 1 億画素、および 5000 万画素の測量・航空撮影カメラシステム
• 振動や気温・気圧の変化にも耐えられる特別設計
• ドローン搭載に最適な 1.25kg の小型軽量設計
• 最大 1 コマ 0.6 秒間隔で撮影可能
• ウェイポイント・距離・時間・マニュアルなど様々な撮影モードが設定可能
• DJI Ground Station Pro など、飛行計画アプリケーションをサポート
• GPS 情報とジンバル情報を撮影データに埋め込み
• マスターとスレーブによるドローンとカメラの独立したコントロールが可能

新規開発の iX Capture Mobile アプリケーション (iOS) は、直感的で使いやすいインターフェ イスでカメラシステムの遠隔操作を実現

■■ iX Capture Mobile の特徴は以下の通り。
• ライブビューにより上空からの映像をリアルタイムに確認可能
• オートモードにより、ISO、シャッタースピード、絞り値を自動設定
• マニュアルモードにより、ISO、シャッタースピード、絞り値を iX Capture Mobile から個々に設定変更可能
• ウェイポイント、距離、インターバルによる自動トリガーモード
• DJI Lightbridge コントローラの2ダイヤルによるカメラコントロール

 ドローンを使用した送電線、風力発電機、線路、道路、橋梁などの点検作業が、超高解像度画像で確認可能になる。 高い地上解像度を保ちながら広範囲の撮影が短時間に効率的行え、その結果、画像の貼り合 わせなどの後処理にかかる時間を短縮させ、コスト削減につながる。

 Lufthansa 航空 UAV フライトシステム部門マネージャーのTobias Wentzler 氏によると「当社所有の DJI M600 ドローンと、このカメラシステムで撮影した画像の素晴らしい性能に驚 きました。1 ピクセルあたり 1 ミリ以下の高解像度で精度の高い点検ができるようになり、従来 の点検では発見できなかったわずかなひびや欠陥を特定できるようになりました」という。

 またAerial Filmworks 社 のRon Chapple 氏は 「顧客は常に最高の結果を求めています。当社はこのソリューションにより、堅牢な性能、最高 の解像度と画質を得て、顧客が望む映像表現ができるようになりました。送電線やパイプライン の点検を行なっている当社インフラ調査点検部門 GEO1 も、このソリューションを活用して作業 の効率化とコストダウンが可能になります」と航空撮影専門家の厳しい要求も満たものとなっている。

価格と入手法

Phase One の iXU および iXU-RS シリーズカメラシステムは、現在 DJI社製M600/M600Proをフルサポートしている。
カメラシステムの価格は、ソリューションキットとレンズを含み、 税別 3,773,200 円からとなる。
詳しい情報は以下のリンクを参照。
http://industrial.phaseone.com/

Phase One 社について

 Phase One 社は、プロフェッショナルフォトグラファーと産業用アプリケーション向けの中判デ ジタルカメラとイメージングソリューションの世界トップ企業。1990 年の設立以来、デジ タル写真のパイオニアとして最高のイメージクオリティに注力。優れたカメラシステ ムから、撮影ワークフローと RAW ファイル編集を実現するソフトウェアに到るまで、革新を続け てきた。
 Phase One 社の産業用カメラシステムは航空撮影、航空測量、構造物点検検査、赤外撮影、3D マ ッピングなど、幅広い産業用のアプリケーションに最適化されている。
 Phase One 社はデンマーク、コペンハーゲンに本社を置き、ニューヨーク、ロンドン、東京、ケ ルン、香港、上海、テルアビブに支社を持ち、グローバルパートナーとともにサービスとサポー トを行っている。

※M600、M600 PR、Ground Station Pro、Lightbridge は SZ DJI Technology Co., Ltd.の商標です。 Phase One、iXU、iXU-RS、iX Capture は Phase One A/S の登録商標です。 その他のブランド名と製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

本件に対する問い合わせ先:
フェーズワンジャパン株式会社 営業部 笠井 伸啓
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-2VORT永田町8F
TEL. 03-6256-9682 / FAX. 03-6256-9685

この記事のライター

関連する投稿


DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

ドローンをビジネスに活用検討しているお客様向けに、DJI販売代理店である株式会社セキドによる「ドローンのビジネス活用セミナー」を行います。また同時に、空撮映像をリアルタイムで目の前で確認できるエプソンのスマートグラスBT-300とドローンのデモンストレーションを体験いただきます


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


DJI、プロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネ マカメラ「ZENMUSE X7」を発表

DJI、プロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネ マカメラ「ZENMUSE X7」を発表

DJI はプロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネマカメラ「ZENMUSE X7」を発表した。


DJIが飛行中のドローンを識別および管理する新技術「AeroScope」を発表

DJIが飛行中のドローンを識別および管理する新技術「AeroScope」を発表

DJI は、安全性、セキュリティおよびプラ イバシー問題に対応することを目的に、既存技術を活用して、飛行中のドローンを識別、管理する 新技術「AEROSCOPE」を発表した。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。