Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase One Japan 株式会社(代表取締役:本田誠)は、DJI社の M600 および M600 Proに完全対応した、iXU、iXU-RS 航空撮影カメラシステムを発表した。このシステムは、 DJI 社のソフトウェア開発キットによって開発された最新ドローンソリューションで、写真測量からインフラ点検などに対応。


1 億画素および 5000 万画素の航空撮影カメラシステム

 このカメラシステムは、 DJI M600、M600 Proと iXU、iXU-RSを一体として使用でき、航空撮影に 高品質なソリューションを提供する。

■■ 今回発表するソリューションの特徴は以下の通り。•
・難しい設定を排除し、組み立て・接続するだけですぐに使用可能
• iX Capture Mobile アプリケーションにより、顧客にターンキーソリューションを提供
• 1 億画素、および 5000 万画素の測量・航空撮影カメラシステム
• 振動や気温・気圧の変化にも耐えられる特別設計
• ドローン搭載に最適な 1.25kg の小型軽量設計
• 最大 1 コマ 0.6 秒間隔で撮影可能
• ウェイポイント・距離・時間・マニュアルなど様々な撮影モードが設定可能
• DJI Ground Station Pro など、飛行計画アプリケーションをサポート
• GPS 情報とジンバル情報を撮影データに埋め込み
• マスターとスレーブによるドローンとカメラの独立したコントロールが可能

新規開発の iX Capture Mobile アプリケーション (iOS) は、直感的で使いやすいインターフェ イスでカメラシステムの遠隔操作を実現

■■ iX Capture Mobile の特徴は以下の通り。
• ライブビューにより上空からの映像をリアルタイムに確認可能
• オートモードにより、ISO、シャッタースピード、絞り値を自動設定
• マニュアルモードにより、ISO、シャッタースピード、絞り値を iX Capture Mobile から個々に設定変更可能
• ウェイポイント、距離、インターバルによる自動トリガーモード
• DJI Lightbridge コントローラの2ダイヤルによるカメラコントロール

 ドローンを使用した送電線、風力発電機、線路、道路、橋梁などの点検作業が、超高解像度画像で確認可能になる。 高い地上解像度を保ちながら広範囲の撮影が短時間に効率的行え、その結果、画像の貼り合 わせなどの後処理にかかる時間を短縮させ、コスト削減につながる。

 Lufthansa 航空 UAV フライトシステム部門マネージャーのTobias Wentzler 氏によると「当社所有の DJI M600 ドローンと、このカメラシステムで撮影した画像の素晴らしい性能に驚 きました。1 ピクセルあたり 1 ミリ以下の高解像度で精度の高い点検ができるようになり、従来 の点検では発見できなかったわずかなひびや欠陥を特定できるようになりました」という。

 またAerial Filmworks 社 のRon Chapple 氏は 「顧客は常に最高の結果を求めています。当社はこのソリューションにより、堅牢な性能、最高 の解像度と画質を得て、顧客が望む映像表現ができるようになりました。送電線やパイプライン の点検を行なっている当社インフラ調査点検部門 GEO1 も、このソリューションを活用して作業 の効率化とコストダウンが可能になります」と航空撮影専門家の厳しい要求も満たものとなっている。

価格と入手法

Phase One の iXU および iXU-RS シリーズカメラシステムは、現在 DJI社製M600/M600Proをフルサポートしている。
カメラシステムの価格は、ソリューションキットとレンズを含み、 税別 3,773,200 円からとなる。
詳しい情報は以下のリンクを参照。
http://industrial.phaseone.com/

Phase One 社について

 Phase One 社は、プロフェッショナルフォトグラファーと産業用アプリケーション向けの中判デ ジタルカメラとイメージングソリューションの世界トップ企業。1990 年の設立以来、デジ タル写真のパイオニアとして最高のイメージクオリティに注力。優れたカメラシステ ムから、撮影ワークフローと RAW ファイル編集を実現するソフトウェアに到るまで、革新を続け てきた。
 Phase One 社の産業用カメラシステムは航空撮影、航空測量、構造物点検検査、赤外撮影、3D マ ッピングなど、幅広い産業用のアプリケーションに最適化されている。
 Phase One 社はデンマーク、コペンハーゲンに本社を置き、ニューヨーク、ロンドン、東京、ケ ルン、香港、上海、テルアビブに支社を持ち、グローバルパートナーとともにサービスとサポー トを行っている。

※M600、M600 PR、Ground Station Pro、Lightbridge は SZ DJI Technology Co., Ltd.の商標です。 Phase One、iXU、iXU-RS、iX Capture は Phase One A/S の登録商標です。 その他のブランド名と製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

本件に対する問い合わせ先:
フェーズワンジャパン株式会社 営業部 笠井 伸啓
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-2VORT永田町8F
TEL. 03-6256-9682 / FAX. 03-6256-9685

この記事のライター

関連する投稿


DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

大手民生用ドローンメーカーのDJIは、8月16日付のリリースで、ドローン操縦アプリからインターネット通信を停止できる「ローカルデータモード」を開発していると発表した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

ドローンによる空撮を楽しむには、カメラの性能から機種を選ぶ方法がある。今回はDJIの製品ラインナップを比較して、自分の目的に合ったドローンを選ぶヒントを提供しよう。


DJI、 Roger Luo氏がプレジデントに就任

DJI、 Roger Luo氏がプレジデントに就任

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、事業部門のバイスプレジデントを務める Roger Luo(ロジャー ルオ)が新たにプレジデントに就任したと発表した。Luo氏は、革新的 なドローンとカメラアプリケーションの需要が急激に拡大するグローバル市場において、DJI の事業展開に注力するとしている。


DJIがピカチュウと一緒に記念空撮ができる 「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を開催 15日まで

DJIがピカチュウと一緒に記念空撮ができる 「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を開催 15日まで

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、株式会社ポケモン(:東京都港区)が 「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」に参加し、Spark による空撮セルフィーを体験できる「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を、MARK ISみなとみらいで、8 月15 日まで開催。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(2)  飛ばすだけなら5分で習得できる

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(2)  飛ばすだけなら5分で習得できる

1万円から6万円台の入門用ドローンの種類がわかったところで、基本的な飛行方法について紹介しよう。ドローンがホビーからビジネスでの利活用まで注目されている理由は、「簡単に飛ばせる」ことに尽きる。模型飛行機やラジコンヘリとは違い、初心者でもすぐに飛ばせる手軽さが、ドローンの最大の魅力だ。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。