スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

株式会社スカイマティクス(以下「当社」)は、高性能農薬散布ドローンX-F1と専用クラウドサービスをセットにした農薬散布クラウドサービス「はかせ」、及び高性能測量ドローンX-S1と専用クラウドサービスをセットにした葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売を5月31日より開始します。


「はかせ」は“農薬散布の未来が、ここに”をコンセプトに開発した、X-F1と専用クラウド
サービスによる農薬散布クラウドサービスです。X-F1は10Lの液剤タンクを搭載する液剤散
布用オクトコプター(8枚機)で、最大20kgを搭載可能な機体設計に対して余裕のあるタン
ク容量により、極めて安定した飛行と空中散布を実現します。事前に設定したフライトプラ
ンに従い飛行を支援するアシストモード等、複数の操縦支援機能の搭載により初心者の方で
も簡単に安心して操縦することが可能です。水洗いが可能な防水性、機体を長持ちさせる耐
久性、軽トラックでも運搬できる移動性にも優れます。
生産者は専用のタブレットで、圃場の登録、機体の点検、散布計画の作成、飛行状況の確認
や散布後の履歴管理をインターネットを通じて簡単に行えます。散布前の機体点検や散布後
の記録作成を自動化することで、散布に関わる一連の作業時間の削減に貢献します。


「いろは」は“手のひらに、いつでも葉の色を”をコンセプトに開発した、X-S1と専用クラウ
ドサービスによる葉色解析クラウドサービスです。X-S1は高画質カメラを搭載した全天候
型の自律飛行マルチコプター(4枚機)で、簡単なボタン操作により事前に設定した飛行経
路を飛行し、高高度からの撮影により圃場全体を、低高度からの撮影により葉色の詳細を自
動撮影することが可能です。生産者は専用のタブレットで、圃場の登録、機体の点検、飛行
状況の確認、葉色画像の診断・管理をインターネット通じて簡単に行えます。撮影した画像
は、圃場内の位置に合わせて自動管理し、タブレットで全ての葉色を見ることが可能で、害
虫情報、作業情報などを入力することにより、毎日の葉色の確認を容易にし、きめ細かな生
育管理を実現します。


販売面において、購入モデル、シェア(共有)モデル等の複数モデルを用意します。シェア
モデルについては、クラウドサービスの特徴を生かし、「はかせ」と「いろは」共に機体を
複数人で共有し、利用者各々が持つ専用タブレットでサービスを利用することが可能で、1
名あたりの費用負担を減らしながらサービスを利用することが可能です。


今後、「はかせ」と「いろは」をシステム連携することにより、「いろは」を通じて害虫発
生地点などの農薬散布が必要な場所を確認し、X-F1によりその場所に散布をするコストパ
フォーマンスに優れた「適所散布」を支援する機能の追加等を予定しており、当社は、ド
ローンとクラウドサービスにより農作業の効率化、コスト削減や農作業の担い手不足の解決
に貢献するスマートアグリサービスを開発・提供して参ります。

株式会社スカイマティクス概要
スカイマティクスは、「空から無限の情報を届け、あらゆる産業の課題をリモートセンシン
グで解決する」ことを目指し、ドローン・人工衛星という先進的なハードウェアと、画像処
理解析・AI・IoTという革新的なソフトウェアを融合し、お客様が簡単に上空を活用し、業務
に活かせる産業用リモートセンシングサービスを開発・提供致します。
URL: http://skymatix.co.jp/

「はかせ」概要

1. 主要特徴
1)X-F1: 全天候型8枚機
●最大ペイロード20kg
●10L液剤タンク搭載
●飛行時間13分以上(10L搭載時)
●水洗い可能
●1haを10分以内で散布可能
●軽トラックで運搬可能
●初心者の方でも簡単に操縦可能なアシストモードを搭載

2)専用クラウド
●圃場登録
●飛行・散布計画作成
●機体点検
●飛行・散布状況確認
●散布の履歴・実績管理

2. スケジュール(予定)
受注開始: 2017年5月31日
出荷開始: 2017年6月下旬

3. 購入とシェア(共有)

いつでもどこでも
自分が利用したい方向け

機体1機に対して、専用タブレット1個とクラウドサービスを提供します。
自分で機体を保有、散布や撮影を実施し、専用タブレットを使っていつでもクラウドサービスを利用できます。

仲間とシェアして
費用負担を減らしたい方・企業向け

機体1機に対して、最大で専用タブレット5個とクラウドサービスを提供します。
複数人で機体を保有し、専用タブレットとクラウドサービスはシェアユーザー全員に用意されますので、1名当たりの費用負担を減らしながら、全員がサービスを利用できます。

4. 参考(価格等)
①購入(基本セット)
 価格: 約320万円(税抜)を予定
 内容: X-F1本体・散布装置一式・付属品・タブレット端末・保険・クラウド年間利用料
 その他:注1: 農林水産航空協会から認定された教育施設での教育受講費がかかります。
 注2: 2年目以降:保守点検・保険・クラウド年間利用料がかかります。
 注3: 保険は対人・対物の賠償責任保険と機体保険の両方を含んでおります。
②シェア(基本セットに加えて必要となる費用)
     価格: 約1.5万円/月額・人(税抜)を予定
 内容: タブレット端末・クラウド年間利用料(年間契約)
 例:  3名でシェアする場合の初年度費用:約356万円(約320万円+約18万円*2名)
③販売代理店、整備所、教習所等については順次当社ホームページにて公開致します。

「いろは」概要

1. 主要特徴
1)X-S1:全天候型4枚機(高画質カメラ搭載)
●安定の自律飛行
●最大ペイロード3.5kg
●高画質カメラ搭載
●飛行時間30分
●暴風雪(風速8m)での飛行可能
●乗用車・軽トラックで運搬可能

2)専用クラウド
●圃場登録
●飛行・撮影計画作成
●機体点検
●飛行状況確認
●撮影画像管理
●圃場マップ作成
●コメント入力

2. スケジュール(予定)
受注開始: 2017年5月31日
出荷開始: 2017年6月下旬

3. 購入とシェア(共有)

いつでもどこでも
自分が利用したい方向け

機体1機に対して、専用タブレット1個とクラウドサービスを提供します。
自分で機体を保有、散布や撮影を実施し、専用タブレットを使っていつでもクラウドサービスを利用できます。

仲間とシェアして
費用負担を減らしたい方・企業向け

機体1機に対して、最大で専用タブレット5個とクラウドサービスを提供します。
複数人で機体を保有し、専用タブレットとクラウドサービスはシェアユーザー全員に用意されますので、1名当たりの費用負担を減らしながら、全員がサービスを利用できます。

4. 参考(価格等)
①購入(基本セット)
 価格: 約205万円(税抜)を予定
 内容: X-S1本体・高画質カメラ・付属品・タブレット端末・保険・クラウド年間利用料
 その他:注1: 次年度以降:保守点検・保険・クラウド年間利用料がかかります。
 注2: 保険は対人・対物の賠償責任保険と機体保険の両方を含んでおります。
②シェア(基本セット又は基本利用料に加えて必要となる費用)
 価格: 約1.5万円/月額・人(税抜)を予定
 内容: タブレット端末・クラウド年間利用料(年間契約)
 例:  3名でシェアする場合の初年度費用:約241万円(約205万円+約18万円*2名)
③販売代理店、整備所、教習所等については順次当社ホームページにて公開致します。

空から無限の情報を。|株式会社スカイマティクス(SkymatiX)

http://skymatix.co.jp/

ドローンや衛星画像を活用した、IoT時代に適した産業用リモートセンシングサービスを提供。農業、鉱山、建設、プラントなどあらゆる産業に最適なソリューションを、データの撮影・取得から解析までを一手に引き受けるクラウドサービスとして提供。

情報提供元:株式会社スカイマティクス
http://skymatix.co.jp/news/pdf/press_20170510.pdf

この記事のライター

関連する投稿


三菱商事と日立製作所による新会社スカイマティクス、ドローンのリモートセンシングで農業や建築分野に新たなサービスを提供

三菱商事と日立製作所による新会社スカイマティクス、ドローンのリモートセンシングで農業や建築分野に新たなサービスを提供

「空から無限の情報を。」というキャッチフレーズを掲げる株式会社スカイマティクス(本社:東京、代表取締役COO:渡邉善太郎)は、三菱商事株式会社と株式会社日立製作所の出資により設立された新会社。同社はドローンによるリモートセンシングサービスで、農業や建築分野へのソリューションを提供していく。(田中亘)


DJI、農薬散布ドローン「Agras MG-1」が性能確認番号を取得 2016年内の販売、出荷を開始予定

DJI、農薬散布ドローン「Agras MG-1」が性能確認番号を取得 2016年内の販売、出荷を開始予定

DJI JAPAN株式会社は、DJIの農薬散布ドローン「Agras MG-1」が、一般社団法人 農林水産航空協会より性能確認番号を取得したことを発表した。


農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

土木測量や農薬散布など小型無人機ドローンを使った産業支援を手掛けるドローンベンチャー、テラドローン(東京都渋谷区)は、9月15日、ドローン代理販売の茨城スカイテック(茨城県城里町)を会場に、農薬散布ドローン「Terra 1」のデモフライトを開催した。(田中亘)



テラドローン・Terra1シリーズ〜圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

テラドローン・Terra1シリーズ〜圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

テラドローン株式会社は、約一年前から協力会社と共同で開発を続けてきた農薬散布用UAVのTerra1シリーズを発表し、農薬散布事業に参入する。日本の農業は、高齢化や労働力不足などの課題を抱え、農薬散布をヘリコプター型のUAVで行う農家が増加している。(DRONE TIMES 田中亘)


最新の投稿


エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。