スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

株式会社スカイマティクス(以下「当社」)は、高性能農薬散布ドローンX-F1と専用クラウドサービスをセットにした農薬散布クラウドサービス「はかせ」、及び高性能測量ドローンX-S1と専用クラウドサービスをセットにした葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売を5月31日より開始します。


「はかせ」は“農薬散布の未来が、ここに”をコンセプトに開発した、X-F1と専用クラウド
サービスによる農薬散布クラウドサービスです。X-F1は10Lの液剤タンクを搭載する液剤散
布用オクトコプター(8枚機)で、最大20kgを搭載可能な機体設計に対して余裕のあるタン
ク容量により、極めて安定した飛行と空中散布を実現します。事前に設定したフライトプラ
ンに従い飛行を支援するアシストモード等、複数の操縦支援機能の搭載により初心者の方で
も簡単に安心して操縦することが可能です。水洗いが可能な防水性、機体を長持ちさせる耐
久性、軽トラックでも運搬できる移動性にも優れます。
生産者は専用のタブレットで、圃場の登録、機体の点検、散布計画の作成、飛行状況の確認
や散布後の履歴管理をインターネットを通じて簡単に行えます。散布前の機体点検や散布後
の記録作成を自動化することで、散布に関わる一連の作業時間の削減に貢献します。


「いろは」は“手のひらに、いつでも葉の色を”をコンセプトに開発した、X-S1と専用クラウ
ドサービスによる葉色解析クラウドサービスです。X-S1は高画質カメラを搭載した全天候
型の自律飛行マルチコプター(4枚機)で、簡単なボタン操作により事前に設定した飛行経
路を飛行し、高高度からの撮影により圃場全体を、低高度からの撮影により葉色の詳細を自
動撮影することが可能です。生産者は専用のタブレットで、圃場の登録、機体の点検、飛行
状況の確認、葉色画像の診断・管理をインターネット通じて簡単に行えます。撮影した画像
は、圃場内の位置に合わせて自動管理し、タブレットで全ての葉色を見ることが可能で、害
虫情報、作業情報などを入力することにより、毎日の葉色の確認を容易にし、きめ細かな生
育管理を実現します。


販売面において、購入モデル、シェア(共有)モデル等の複数モデルを用意します。シェア
モデルについては、クラウドサービスの特徴を生かし、「はかせ」と「いろは」共に機体を
複数人で共有し、利用者各々が持つ専用タブレットでサービスを利用することが可能で、1
名あたりの費用負担を減らしながらサービスを利用することが可能です。


今後、「はかせ」と「いろは」をシステム連携することにより、「いろは」を通じて害虫発
生地点などの農薬散布が必要な場所を確認し、X-F1によりその場所に散布をするコストパ
フォーマンスに優れた「適所散布」を支援する機能の追加等を予定しており、当社は、ド
ローンとクラウドサービスにより農作業の効率化、コスト削減や農作業の担い手不足の解決
に貢献するスマートアグリサービスを開発・提供して参ります。

株式会社スカイマティクス概要
スカイマティクスは、「空から無限の情報を届け、あらゆる産業の課題をリモートセンシン
グで解決する」ことを目指し、ドローン・人工衛星という先進的なハードウェアと、画像処
理解析・AI・IoTという革新的なソフトウェアを融合し、お客様が簡単に上空を活用し、業務
に活かせる産業用リモートセンシングサービスを開発・提供致します。
URL: http://skymatix.co.jp/

「はかせ」概要

1. 主要特徴
1)X-F1: 全天候型8枚機
●最大ペイロード20kg
●10L液剤タンク搭載
●飛行時間13分以上(10L搭載時)
●水洗い可能
●1haを10分以内で散布可能
●軽トラックで運搬可能
●初心者の方でも簡単に操縦可能なアシストモードを搭載

2)専用クラウド
●圃場登録
●飛行・散布計画作成
●機体点検
●飛行・散布状況確認
●散布の履歴・実績管理

2. スケジュール(予定)
受注開始: 2017年5月31日
出荷開始: 2017年6月下旬

3. 購入とシェア(共有)

いつでもどこでも
自分が利用したい方向け

機体1機に対して、専用タブレット1個とクラウドサービスを提供します。
自分で機体を保有、散布や撮影を実施し、専用タブレットを使っていつでもクラウドサービスを利用できます。

仲間とシェアして
費用負担を減らしたい方・企業向け

機体1機に対して、最大で専用タブレット5個とクラウドサービスを提供します。
複数人で機体を保有し、専用タブレットとクラウドサービスはシェアユーザー全員に用意されますので、1名当たりの費用負担を減らしながら、全員がサービスを利用できます。

4. 参考(価格等)
①購入(基本セット)
 価格: 約320万円(税抜)を予定
 内容: X-F1本体・散布装置一式・付属品・タブレット端末・保険・クラウド年間利用料
 その他:注1: 農林水産航空協会から認定された教育施設での教育受講費がかかります。
 注2: 2年目以降:保守点検・保険・クラウド年間利用料がかかります。
 注3: 保険は対人・対物の賠償責任保険と機体保険の両方を含んでおります。
②シェア(基本セットに加えて必要となる費用)
     価格: 約1.5万円/月額・人(税抜)を予定
 内容: タブレット端末・クラウド年間利用料(年間契約)
 例:  3名でシェアする場合の初年度費用:約356万円(約320万円+約18万円*2名)
③販売代理店、整備所、教習所等については順次当社ホームページにて公開致します。

「いろは」概要

この記事のライター

関連する投稿


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


ドローン大学校が 請川博一氏を講師に「ドローン農薬散布実務実習」を開講

ドローン大学校が 請川博一氏を講師に「ドローン農薬散布実務実習」を開講

ドローン大学校が開校する「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 実際にドローンによる農薬散布の業務受注ができるようになるための実務を経験するための実習となっている。


ドローンで撮影した画像を3D化するクラウドサービス「くみき」を12月18日リリース

ドローンで撮影した画像を3D化するクラウドサービス「くみき」を12月18日リリース

株式会社スカイマティクスは、 ドローンで撮影した画像を3D化するための専用クラウドサービス「くみき」の提供を12月18日より開始する。


「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

2017年10月11日から13日までの3日間。幕張メッセで「第4回国際次世代農業EXPO」が開催された。最先端のIT技術や農業用ドローンが数多く登場し、各社が最新のソリューションを紹介していた


スカイマティックスがキヤノンMJと、農業分野向け製品「はかせ」と「いろは」販売に関する販売代理店契約を締結

スカイマティックスがキヤノンMJと、農業分野向け製品「はかせ」と「いろは」販売に関する販売代理店契約を締結

株式会社スカイマティクス(以下「スカイマティクス」)は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下「キヤノンMJ」)と以下スカイマティクス社製の農薬散布クラウドサービス「はかせ」と葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売に関する販売代理店契約を締結したと発表した。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。