ドローン運行管理システムの現在--各国がテクノロジーを競う目視外飛行の実現

ドローン運行管理システムの現在--各国がテクノロジーを競う目視外飛行の実現

ドローン産業の発展に欠かすことの出来ない基盤と言っても過言ではないUTMについて、その重要性や、機能、取り組みを紹介する。


 UTMとは、Unmanned Traffic Management system(無人機の運行管理)の略称である。有人航空機の業界には、ATM (Air Traffic Management: 航空運行管理) という用語があるが、同様の運行管理の概念として、無人機の世界で議論が進んでいる。

 機能については現在、さざまな議論がなされているが、複数の無人機同士・有人機の運行情報を統合・差配するその手法が大きな論点となっている。

ドローンの目視外飛行の可能性

 現在のドローンの運用は、ラジコンのように人が見える範囲内(目視内)でコントローラを用いて操縦するイメージが強い。しかしドローンの本質的な可能性は、無人での自動制御が可能という点であり、特定の飛行に対して人の介在を最小限にして、ローコストで活躍できることが望ましい。

 ドローン産業の発展のためには、…この記事の続きを読む

情報提供元:ZDNet Japan
https://japan.zdnet.com/article/35100447/

この記事のライター

関連するキーワード


UTM

関連する投稿


NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

米国時間の6月9日から、NASAはFAAと協力して「技術能力レベル2(TCL2)ナショナルキャンペーン」を実施した。米国の6つのサイトで、最新の無人航空機システム(UAS)の飛行管制(UTM)技術のテストを行った。


【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

Japan Drone 2017、2日目の基調講演は、アメリカ航空宇宙局(NASA) エイムズ・リサーチセンター シニアテクノロジストのパリマル・コパーデカー博士が、「低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について」ビデオで講演した。


楽天が米国AirMap社と協業しドローン向けの管制システム(UTM)を提供する「楽天AirMap」を設立

楽天が米国AirMap社と協業しドローン向けの管制システム(UTM)を提供する「楽天AirMap」を設立

楽天株式会社(本社:東京都、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)と、AirMap(本社:米国カリフォルニア州、共同創業者兼CEO:ベン・マーカス)は、日本国内における商用ドローンの運用者および空域管理者に向けて、日本でUTM(無人航空機管制)ソリューションを提供すると発表した。


世界の無人航空機(UAS)最新動向 〜JUIDA定例セミナー

世界の無人航空機(UAS)最新動向 〜JUIDA定例セミナー

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(東京都千代田区、JUIDA)は、2月27日、東京大学本郷キャンパスで、世界の無人航空機(UAS)の最新動向について定例セミナーを開催した。


テラドローンと東急コミュニティ『スタジアム点検に自動運行ドローンを活用』静岡県エコパスタジアム

テラドローンと東急コミュニティ『スタジアム点検に自動運行ドローンを活用』静岡県エコパスタジアム

ドローン土木測量の日本最大手テラドローン株式会社(東京都渋谷区)と、 大手総合不動産管理会社の株式会社東急コミュニティー(東京都世田谷区)は、 静岡県袋井市の小笠山総合運動公園内エコパスタジアムの管理業務において、 自動航行ドローンを活用した空撮システム(運行管理システム/UTM)を導入すると発表した。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。