日本発「空飛ぶクルマ」開発へ “CARTIVATOR(カーティベーター)”をトヨタグループが支援

日本発「空飛ぶクルマ」開発へ “CARTIVATOR(カーティベーター)”をトヨタグループが支援

日本発の空飛ぶクルマを開発する一般社団法人CARTIVATOR Resource Management (本部:東京都新宿区、代表理事:福澤知浩、以下CRM)は、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男)などトヨタグループ15社より、今後3年間で総額4,250万円の支援を受けると発表した。


「日本発の空飛ぶクルマ」で東京五輪の聖火の点火を目指すCARTIVATOR

CRMを支援する トヨタグループ15社

 CARTIVATORは、若手技術者・ベンチャー関係者を中心に、空飛ぶクルマの開発を行う有志の活動。今回の支援は、トヨタグループが創業より掲げている「モノづくりは人づくり」という考えのもと、日本の若手技術者による次代のクルマ製作を支援するために実現した。総額4,250万円の支援を受け、CRMは、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開会式での空飛ぶクルマによる聖火点灯を目指し、技術開発を加速する考え。
 CARTIVATOR開発活動代表の中村 翼氏は、「本活動は、乗り物からもらった夢を次代に繋いでいきたいという想いの下、メンバーが業務外の時間を使い、『飛ぶクルマ』という夢の乗り物を作ろうとするものです。聖火点灯の実現により、世界中の人々に夢と感動を与えるべく、日々開発を行っています。今回いただいた資金を基に、2018年末までに有人の試作機を完成させる予定です。ぜひ今後の私達の動きにご注目ください。そして一緒にやってみたいという方、仲間に入って夢を実現しましょう!」と語る。

5分の1スケール試作機と開発メンバー

CARTIVATOR開発活動代表の中村 翼氏

実寸スケールで安定性の実験を実施

この記事のライター

関連する投稿


空飛ぶクルマの実現にCARTIVATOR Resource ManagementとNECがスポンサー契約締結

空飛ぶクルマの実現にCARTIVATOR Resource ManagementとNECがスポンサー契約締結

日本発の空飛ぶクルマの開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」を運営する一般社団法人CARTIVATOR Resource Management(東京都新宿区)と、 日本電気株式会社(東京都港区)は、 2020年の空飛ぶクルマの実現に向けてスポンサー契約を締結した。


最新の投稿


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)