ソフトバンクの「+Style」が空撮を楽しめる組み立て式のドローン「LIVE CAM DRONE」を販売開始

ソフトバンクの「+Style」が空撮を楽しめる組み立て式のドローン「LIVE CAM DRONE」を販売開始

ソフトバンク株式会社は、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「ショッピング」で、簡単に空撮を楽しめる組み立て式のドローン「LIVE CAM DRONE(ライブカムドローン)」を5月15日から販売。


「LIVE CAM DRONE」は、プラモデルのように自分の手で組み立てることができるドローンです。組み立てたドローンは、スマートフォンやタブレットなどから操縦できます。また、ドローンに内蔵されたカメラの映像をリアルタイムで見たり静止画・動画を撮影したりすることが可能です。気圧センサーにより高度を自動で維持できるため、簡単に空撮を楽しむことができます。価格は1万260円(税込み)です。

本製品は「+Style」の「ショッピング」に掲載します。「ショッピング」では、一般販売前の商品などを、先行や数量限定で販売するといった活用ができるとともに、商品に対する購入者からの意見を集めることができます。

プラモ感覚で造って・飛ばせる、組立てドローンキット LIVE CAM DRONE (ライブカムドローン) | ショッピング | +Style (プラススタイル) : SoftBank(ソフトバンク) | IoT | プロダクト

https://plusstyle.jp/shopping/item?id=221

+StyleはIoT(Internet of Things)製品などを創出したいと考える企業と最先端のIoT製品などを購入したいと考える消費者をつなげるプラットフォームです。

●+Styleはソフトバンク株式会社の商標です。
●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
●このプレスリリースに記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

情報提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000019325.html

この記事のライター

関連する投稿


ソフトバンクが「Rapyuta Robotics」などドローン関連3社と協業へ

ソフトバンクが「Rapyuta Robotics」などドローン関連3社と協業へ

ソフトバンク株式会社は、2016年8月から開始した「第2回 SoftBank Innovation Program」の選考で、国内の企業3社と協業し、3つの案件でテストマーケティングを実施し、商用化を検討することを発表した。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。


ソフトバンクがドローン無線中継システムの実証実験を実施 北海道

ソフトバンクがドローン無線中継システムの実証実験を実施 北海道

ソフトバンク株式会社は、新たに開発したドローン無線中継システムを用いた※1屋外での実証実験を、国内で初めて2016年12月中旬から北海道虻田郡倶知安町で実施します。


ソフトバンクが +Style で、スマホで操縦する小型ドローン「PXY SMART」を販売開始

ソフトバンクが +Style で、スマホで操縦する小型ドローン「PXY SMART」を販売開始

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「ショッピング」で、 スマートフォンで操縦して写真や動画が撮影できる小型ドローン「PXY SMART」(販売元:株式会社ジーフォース)を2016年11月11日から販売。


最新の投稿


エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。