KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:田中孝司)と テラドローン株式会社 (本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:徳重 徹)、は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)の「ロボット・ドローンが 活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に採択されたと発表した。


ドローンを活用した警備における運航管理システムの開発を推進

 「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」は、物流、 インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機およびロボットの開発を促進 するとともに、社会実装するためのシステム構築や飛行試験などを実施し、省エネルギー 社会の実現を目指す取り組みのこと。

 KDDI は 4G LTE を搭載したスマートドローンの実現に取り組んでおり、3月24日 にはテラ ドローンと「4G LTE 対応運航管理システム」の第一期開発を完了し、⻑岡市山古志村 (新潟県)で 4G LTE による日本初の完全自律飛行を実現した。
 今回のプロジェクトにおいて、KDDI とテラドローンは、セコム株式会社の協力を得て、 これまで開発を行ってきたスマートドローンプラットフォーム(「参考」参照)を活かし、 各社の事業で培ったノウハウを活用して、スポーツの国際大会やイベントの会場などの 広域巡回警備や、沿岸区域の警備などを支えるドローン運航管理システムの開発を推進 することになる。

参考:「スマートドローンプラットフォーム」概要

※ 「スマートドローンプラットフォーム」は、4G LTE ネットワークに接続するドローン 機体、3次元地図、運航管理、クラウドで構成さる。モバイル通信ネットワークを 利用するスマートドローン機体や、3次元地図を活用したドローン同士またはドローンの 建物への衝突を防ぐ運航管理システム、ドローンが取得したデータの蓄積・分析などの クラウドサービスをまとめたトータルソリューションの提供を目指す。

「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」の概要

・物流、インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機及びロボットの開発を促進するとともに、社会実装するためのシステム構築及び飛行試験等を実施する。

・ 研 究 開 発 項 目 は 、「 ロ ボ ッ ト ・ ド ロ ー ン 機 体 の 性 能 評 価 基 準 等 の 開 発 」「 無 人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発」「ロボット・ドローンに関する国際標準化の推進」の3つがある。

・KDDI 及びテラドローンは、「無人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発」、(1)無人航空機の運航管理システムの開発、(2)運航管理機能の開発 (物流及び災害対応等)について採択され、ドローンを活用した警備における運航 管理機能の開発を行う。

各社の役割

■KDDI
・代表機関として本案件を推進 ・無人航空機を利用した警備アプリケーションの開発 ・警備業務に対応した運航管理システム・LTE 連携機能を開発 ・機体、地図、警備アプリ等の実証・評価基盤を整備し、実証実験を実施

■テラドローン
・共同実施機関として本案件を推進
・警備業務に対応した運航管理システムの開発

運航管理システムの概念図

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローンは、民生用ドローンの製造や販売を行うDJと正規代理店契約を締結し、 Websiteでもハードウェア販売ページを開設し、 Web上からの購入や相談にも対応する。また損害保険ジャパン日本興亜株式会社と提携し、テラドローンオリジナルの特典で動産総合保険を自動付帯して販売を開始する。


NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOは、富士通、日本電気、イクシスリサーチ、エンルート、プロドローンとともに、橋梁点検のための無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を千葉県東金市で実施した。


NEDOとスカパーJSAT、衛星通信を利用した高高度無人航空機の飛行・通信実験を福島県で実施

NEDOとスカパーJSAT、衛星通信を利用した高高度無人航空機の飛行・通信実験を福島県で実施

NEDOとスカパーJSATが地上通信が困難な環境下でもドローンが飛行可能な運航管理システムの実現目指す実験を福島県のスカイパークで実施し、目視外エリアでもドローンの通信環境を構築できる可能性を確認した。


ヘリからドローンは見えるのか NEDO、SUBARU、エンルート、プロドローンが南相馬で実験

ヘリからドローンは見えるのか NEDO、SUBARU、エンルート、プロドローンが南相馬で実験

 ヘリコプターの操縦者は、ドローンを見ることができるのか、などについて、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と関連事業者が、12月15日、福島県南相馬市に整備中の復興工業団地内福島ロボットテストフィールドで実験し、その様子を公開した。


KDDIが国内初の「空飛ぶ基地局」の実証実験に成功

KDDIが国内初の「空飛ぶ基地局」の実証実験に成功

KDDI株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中孝司)は、株式会社KDDI総合研究所と「無人航空機型基地局 (ドローン基地局)、以下ドローン基地局」を開発し、実証実験に成功したと発表した。


最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。