KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:田中孝司)と テラドローン株式会社 (本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:徳重 徹)、は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)の「ロボット・ドローンが 活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に採択されたと発表した。


ドローンを活用した警備における運航管理システムの開発を推進

 「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」は、物流、 インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機およびロボットの開発を促進 するとともに、社会実装するためのシステム構築や飛行試験などを実施し、省エネルギー 社会の実現を目指す取り組みのこと。

 KDDI は 4G LTE を搭載したスマートドローンの実現に取り組んでおり、3月24日 にはテラ ドローンと「4G LTE 対応運航管理システム」の第一期開発を完了し、⻑岡市山古志村 (新潟県)で 4G LTE による日本初の完全自律飛行を実現した。
 今回のプロジェクトにおいて、KDDI とテラドローンは、セコム株式会社の協力を得て、 これまで開発を行ってきたスマートドローンプラットフォーム(「参考」参照)を活かし、 各社の事業で培ったノウハウを活用して、スポーツの国際大会やイベントの会場などの 広域巡回警備や、沿岸区域の警備などを支えるドローン運航管理システムの開発を推進 することになる。

参考:「スマートドローンプラットフォーム」概要

※ 「スマートドローンプラットフォーム」は、4G LTE ネットワークに接続するドローン 機体、3次元地図、運航管理、クラウドで構成さる。モバイル通信ネットワークを 利用するスマートドローン機体や、3次元地図を活用したドローン同士またはドローンの 建物への衝突を防ぐ運航管理システム、ドローンが取得したデータの蓄積・分析などの クラウドサービスをまとめたトータルソリューションの提供を目指す。

「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」の概要

・物流、インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機及びロボットの開発を促進するとともに、社会実装するためのシステム構築及び飛行試験等を実施する。

・ 研 究 開 発 項 目 は 、「 ロ ボ ッ ト ・ ド ロ ー ン 機 体 の 性 能 評 価 基 準 等 の 開 発 」「 無 人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発」「ロボット・ドローンに関する国際標準化の推進」の3つがある。

・KDDI 及びテラドローンは、「無人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発」、(1)無人航空機の運航管理システムの開発、(2)運航管理機能の開発 (物流及び災害対応等)について採択され、ドローンを活用した警備における運航 管理機能の開発を行う。

各社の役割

■KDDI
・代表機関として本案件を推進 ・無人航空機を利用した警備アプリケーションの開発 ・警備業務に対応した運航管理システム・LTE 連携機能を開発 ・機体、地図、警備アプリ等の実証・評価基盤を整備し、実証実験を実施

■テラドローン
・共同実施機関として本案件を推進
・警備業務に対応した運航管理システムの開発

運航管理システムの概念図

この記事のライター

関連する投稿


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


KDDI、4G LTE対応「スマートドローン」による日本初の完全自律飛行実証実験を長岡市山古志にて実施

KDDI、4G LTE対応「スマートドローン」による日本初の完全自律飛行実証実験を長岡市山古志にて実施

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中孝司、以下KDDI) は、新潟県長岡市山古志にて、日本初の「4G LTE運航管理システム」を用いた、「スマートドローン」による4G LTE完全自律飛行実験を実施し、山古志支所から約2km離れた場所への長距離飛行に成功した。


テラドローン、北海道支社・道東営業所を設立〜北海道の事業を強化

テラドローン、北海道支社・道東営業所を設立〜北海道の事業を強化

テラドローン株式会社(本社:東京 代表取締役:徳重 徹)は、札幌市中央区に北海道支社と北見市に道東営業所をを設立したと発表した。同社の国内支社は仙台、名古屋、広島、福岡に続き、5支社目の設立となり、全国展開および北海道の事業強化をしていくことになる。


テラドローン、メガソーラー事業者向けの3次元UAVレーザー計測・CIMモデリング業務を強化

テラドローン、メガソーラー事業者向けの3次元UAVレーザー計測・CIMモデリング業務を強化

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、 社長:徳重 徹/以下、 テラドローン)は、 太陽光発電関連事業者向けの新たな主力サービスとして、 かねてより注力していた山間部での3次元レーザー計測に加え、 今後は計測後のCIMモデリング分野にも注力していく。


テラドローン、業界初レーザー搭載型固定翼無人機「Terra Powerlifter」の開発 UAVレーザー三次元計測事業を強化

テラドローン、業界初レーザー搭載型固定翼無人機「Terra Powerlifter」の開発 UAVレーザー三次元計測事業を強化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 Riegl社製レーザー搭載の固定翼無人機「Terra Powerlifter」開発した。 すでに対応済みのVelodyne社製レーザーと使い分けることで、 高精度な測量が必要顧客のニーズにも対応可能となる。


最新の投稿


エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。