KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:田中孝司)と テラドローン株式会社 (本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:徳重 徹)、は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)の「ロボット・ドローンが 活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に採択されたと発表した。


ドローンを活用した警備における運航管理システムの開発を推進

 「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」は、物流、 インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機およびロボットの開発を促進 するとともに、社会実装するためのシステム構築や飛行試験などを実施し、省エネルギー 社会の実現を目指す取り組みのこと。

 KDDI は 4G LTE を搭載したスマートドローンの実現に取り組んでおり、3月24日 にはテラ ドローンと「4G LTE 対応運航管理システム」の第一期開発を完了し、⻑岡市山古志村 (新潟県)で 4G LTE による日本初の完全自律飛行を実現した。
 今回のプロジェクトにおいて、KDDI とテラドローンは、セコム株式会社の協力を得て、 これまで開発を行ってきたスマートドローンプラットフォーム(「参考」参照)を活かし、 各社の事業で培ったノウハウを活用して、スポーツの国際大会やイベントの会場などの 広域巡回警備や、沿岸区域の警備などを支えるドローン運航管理システムの開発を推進 することになる。

参考:「スマートドローンプラットフォーム」概要

※ 「スマートドローンプラットフォーム」は、4G LTE ネットワークに接続するドローン 機体、3次元地図、運航管理、クラウドで構成さる。モバイル通信ネットワークを 利用するスマートドローン機体や、3次元地図を活用したドローン同士またはドローンの 建物への衝突を防ぐ運航管理システム、ドローンが取得したデータの蓄積・分析などの クラウドサービスをまとめたトータルソリューションの提供を目指す。

「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」の概要

・物流、インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機及びロボットの開発を促進するとともに、社会実装するためのシステム構築及び飛行試験等を実施する。

・ 研 究 開 発 項 目 は 、「 ロ ボ ッ ト ・ ド ロ ー ン 機 体 の 性 能 評 価 基 準 等 の 開 発 」「 無 人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発」「ロボット・ドローンに関する国際標準化の推進」の3つがある。

・KDDI 及びテラドローンは、「無人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発」、(1)無人航空機の運航管理システムの開発、(2)運航管理機能の開発 (物流及び災害対応等)について採択され、ドローンを活用した警備における運航 管理機能の開発を行う。

各社の役割

■KDDI
・代表機関として本案件を推進 ・無人航空機を利用した警備アプリケーションの開発 ・警備業務に対応した運航管理システム・LTE 連携機能を開発 ・機体、地図、警備アプリ等の実証・評価基盤を整備し、実証実験を実施

■テラドローン
・共同実施機関として本案件を推進
・警備業務に対応した運航管理システムの開発

運航管理システムの概念図

この記事のライター

関連する投稿


テラドローンがシドニーとメルボルンに支社を同時立ち上げ

テラドローンがシドニーとメルボルンに支社を同時立ち上げ

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、 代表取締役/徳重 徹)は、 シドニーとメルボルンに支社を6月、同時に設立すると発表した。 2017年1月に、 オーストラリア支社第一号となるブリスベン支社を立ち上げてから、 わずか5ヶ月後の設立となる。


NEDO、運航管理システム開発に着手 「2019年度に10台以上の同時運航を」

NEDO、運航管理システム開発に着手 「2019年度に10台以上の同時運航を」

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は15日、ドローンの運航管理システムの開発に着手すると発表した。期間は今年度から3年間で、NECなど民間企業5社と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が技術を持ち寄り、2019年度には10台の同一空域・同時運航に挑む計画だ。


NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

―つり下げ型の電磁探査システムで車両位置の特定実験に成功―


NEDOとゼンリン、3次元地図を用いたドローン自動飛行支援システム実証実験を実施

NEDOとゼンリン、3次元地図を用いたドローン自動飛行支援システム実証実験を実施

NEDOとゼンリンは6月2日、3次元地図を用いたドローン自動飛行支援システムの実証実験を北九州市内の学校跡地で実施しました。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


最新の投稿


群馬県・妙義山空撮 FLIGHTS Drone Agent

群馬県・妙義山空撮 FLIGHTS Drone Agent

夕日・雲海の絶景


絶景!天空のポピー 秩父高原牧場内のポピー畑

絶景!天空のポピー 秩父高原牧場内のポピー畑

埼玉県皆野町と東秩父村にまたがる秩父高原牧場内のポピー畑では、標高500メートル、面積5.0haの敷地内に約1500万本のシャレーポピーが植栽され、5月下旬から6月にかけて満開となる。


PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwCコンサルティング合同会社が6月26日、企業のドローン活用に関するセミナー、「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制  最新情報~」を開く。PwCのロボテフィクス専門チームや、ゲストが最新動向を紹介する。


ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

日本で唯一最大スケールのプロカメラマン向けフォトビジネスフェア「PHOTONEXT 2017」が横浜市西区のみなとみらいのパシフィコ横浜で6月20日、21日の両日開催され、SONYのブース内ではセミナーが開かれSONY製のカメラを搭載したドローンによる撮影方法や写真ビジネスの提案などが行われた。


日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。