KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:田中孝司)と テラドローン株式会社 (本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:徳重 徹)、は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)の「ロボット・ドローンが 活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に採択されたと発表した。


ドローンを活用した警備における運航管理システムの開発を推進

 「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」は、物流、 インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機およびロボットの開発を促進 するとともに、社会実装するためのシステム構築や飛行試験などを実施し、省エネルギー 社会の実現を目指す取り組みのこと。

 KDDI は 4G LTE を搭載したスマートドローンの実現に取り組んでおり、3月24日 にはテラ ドローンと「4G LTE 対応運航管理システム」の第一期開発を完了し、⻑岡市山古志村 (新潟県)で 4G LTE による日本初の完全自律飛行を実現した。
 今回のプロジェクトにおいて、KDDI とテラドローンは、セコム株式会社の協力を得て、 これまで開発を行ってきたスマートドローンプラットフォーム(「参考」参照)を活かし、 各社の事業で培ったノウハウを活用して、スポーツの国際大会やイベントの会場などの 広域巡回警備や、沿岸区域の警備などを支えるドローン運航管理システムの開発を推進 することになる。

参考:「スマートドローンプラットフォーム」概要

※ 「スマートドローンプラットフォーム」は、4G LTE ネットワークに接続するドローン 機体、3次元地図、運航管理、クラウドで構成さる。モバイル通信ネットワークを 利用するスマートドローン機体や、3次元地図を活用したドローン同士またはドローンの 建物への衝突を防ぐ運航管理システム、ドローンが取得したデータの蓄積・分析などの クラウドサービスをまとめたトータルソリューションの提供を目指す。

「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」の概要

・物流、インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機及びロボットの開発を促進するとともに、社会実装するためのシステム構築及び飛行試験等を実施する。

・ 研 究 開 発 項 目 は 、「 ロ ボ ッ ト ・ ド ロ ー ン 機 体 の 性 能 評 価 基 準 等 の 開 発 」「 無 人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発」「ロボット・ドローンに関する国際標準化の推進」の3つがある。

・KDDI 及びテラドローンは、「無人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発」、(1)無人航空機の運航管理システムの開発、(2)運航管理機能の開発 (物流及び災害対応等)について採択され、ドローンを活用した警備における運航 管理機能の開発を行う。

各社の役割

■KDDI
・代表機関として本案件を推進 ・無人航空機を利用した警備アプリケーションの開発 ・警備業務に対応した運航管理システム・LTE 連携機能を開発 ・機体、地図、警備アプリ等の実証・評価基盤を整備し、実証実験を実施

■テラドローン
・共同実施機関として本案件を推進
・警備業務に対応した運航管理システムの開発

運航管理システムの概念図

この記事のライター

関連する投稿


横浜で「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」セミナー 横浜ITクラスター交流会

横浜で「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」セミナー 横浜ITクラスター交流会

第18回横浜ITクラスター交流会は、経産省製造産業局 産業機械課 ロボット政策室 課長補佐の牛嶋裕之氏とテラドローンの事業開発部長の竹崎孝二氏を迎えて「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」をメインテーマに13日、横浜市の横浜情報文化センターで開催された。


テラドローン、国内7拠点目となる関西支社を設立~全国すべてのエリアをカバー~

テラドローン、国内7拠点目となる関西支社を設立~全国すべてのエリアをカバー~

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷、 代表/徳重 徹、 以下テラドローン)は、 国内7拠点目となる関西支社を神戸に設立した。


 テラドローン、レーザー搭載ドローンによる断崖絶壁の測量実施

テラドローン、レーザー搭載ドローンによる断崖絶壁の測量実施

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、北海道広尾 郡広尾町にてオリコマナイ法面防災工事で、レーザー搭載ドローンによる測量を実施致し、新技術を導入で、従来法と比べて格段に安全な工事を執り行え、精緻な 3 次元地形測量に基づい た施工管理、大幅な時間短縮が可能となった。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。


テラドローンがシドニーとメルボルンに支社を同時立ち上げ

テラドローンがシドニーとメルボルンに支社を同時立ち上げ

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、 代表取締役/徳重 徹)は、 シドニーとメルボルンに支社を6月、同時に設立すると発表した。 2017年1月に、 オーストラリア支社第一号となるブリスベン支社を立ち上げてから、 わずか5ヶ月後の設立となる。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。