KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:田中孝司)と テラドローン株式会社 (本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:徳重 徹)、は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)の「ロボット・ドローンが 活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に採択されたと発表した。


ドローンを活用した警備における運航管理システムの開発を推進

 「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」は、物流、 インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機およびロボットの開発を促進 するとともに、社会実装するためのシステム構築や飛行試験などを実施し、省エネルギー 社会の実現を目指す取り組みのこと。

 KDDI は 4G LTE を搭載したスマートドローンの実現に取り組んでおり、3月24日 にはテラ ドローンと「4G LTE 対応運航管理システム」の第一期開発を完了し、⻑岡市山古志村 (新潟県)で 4G LTE による日本初の完全自律飛行を実現した。
 今回のプロジェクトにおいて、KDDI とテラドローンは、セコム株式会社の協力を得て、 これまで開発を行ってきたスマートドローンプラットフォーム(「参考」参照)を活かし、 各社の事業で培ったノウハウを活用して、スポーツの国際大会やイベントの会場などの 広域巡回警備や、沿岸区域の警備などを支えるドローン運航管理システムの開発を推進 することになる。

参考:「スマートドローンプラットフォーム」概要

※ 「スマートドローンプラットフォーム」は、4G LTE ネットワークに接続するドローン 機体、3次元地図、運航管理、クラウドで構成さる。モバイル通信ネットワークを 利用するスマートドローン機体や、3次元地図を活用したドローン同士またはドローンの 建物への衝突を防ぐ運航管理システム、ドローンが取得したデータの蓄積・分析などの クラウドサービスをまとめたトータルソリューションの提供を目指す。

「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」の概要

・物流、インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機及びロボットの開発を促進するとともに、社会実装するためのシステム構築及び飛行試験等を実施する。

・ 研 究 開 発 項 目 は 、「 ロ ボ ッ ト ・ ド ロ ー ン 機 体 の 性 能 評 価 基 準 等 の 開 発 」「 無 人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発」「ロボット・ドローンに関する国際標準化の推進」の3つがある。

・KDDI 及びテラドローンは、「無人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発」、(1)無人航空機の運航管理システムの開発、(2)運航管理機能の開発 (物流及び災害対応等)について採択され、ドローンを活用した警備における運航 管理機能の開発を行う。

各社の役割

■KDDI
・代表機関として本案件を推進 ・無人航空機を利用した警備アプリケーションの開発 ・警備業務に対応した運航管理システム・LTE 連携機能を開発 ・機体、地図、警備アプリ等の実証・評価基盤を整備し、実証実験を実施

■テラドローン
・共同実施機関として本案件を推進
・警備業務に対応した運航管理システムの開発

この記事のライター

関連する投稿


テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

4月10日。テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下「テラドローン」)とセハン測器(本社:釜山広域市中区、代表:鄭世鎮)は、韓国・釜山にある荒嶺山にて、韓国初となるUAV3 次元レーザー計測を実施したと発表した。(田中亘)


KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI株式会社 (東京都千代田区) は、産業用ドローンを開発・製造する株式会社プロドローン (愛知県名古屋市) と追加出資に関する資本提携、業務提携契約を締結した。これによりプロドローンは、KDDIの持分法適用関連会社となった。


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

3月15日。NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界初となる、第4世代の高速通信規格 (4G LTE)を活用して、複数のドローンを自律飛行させる警備の実証実験をメディアに公開した。


9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

 世界各国のドローン企業を業種別に網羅した業界地図の作成で知られるドイツの調査会社、Drone Indusry Insight社(DRONEII)は、ドローンのサービスを提供するDaaS企業の「TOP20ドローン・サービス・プロバイダー・ランキング2018」を発表した。日本からテラドローン株式会社が9位に入った。


最新の投稿


DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

UAVやロケットなどのパラシュートを数多く開発しているFRUITY CHUTES社(米国カリフォルニア州)は、DJI Mavic Pro用のパラシュートの販売を開始した。(田中亘)


日本初のプロチーム「RAIDEN RACING」が発足 中学生選手も! 最高峰リーグ「DCL」への参戦を表明

日本初のプロチーム「RAIDEN RACING」が発足 中学生選手も! 最高峰リーグ「DCL」への参戦を表明

 DRONE SPORTS株式会社(東京)は4月25日、プロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」の発足を発表した。中学生を含む4選手が、2018年はヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ「Drone Champions league」に挑む。初陣は6月22日だ。


JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVACとコマツは、i-Constructionに対応したドローンを活用した測量を行うためのパイロット育成コースを共同開発し、6月より開始予定。


コマツ、「EverydayDrone」の提供を5月より開始 日々の進捗管理を可能にするスマートコンストラクション新サービス

コマツ、「EverydayDrone」の提供を5月より開始 日々の進捗管理を可能にするスマートコンストラクション新サービス

コマツは、建設現場の課題解決のためのソリューション事業「スマートコンストラクション」において、ドローンおよびエッジコンピューティング技術を利用した新サービス「EverydayDrone」(エブリデイドローン)を、子会社であるコマツカスタマーサポート株式会社を通じて本年5月より開始する。


アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクスはドローンによる産業構造の刷新「ドローン・イノベーション」をより身近にするため、「Drone 4 - innovation」のプログラム(通称「D4」)の提供を開始した。