日本航空大学校が「ドローンコース」を2018年4月から開設

日本航空大学校が「ドローンコース」を2018年4月から開設

日本航空大学校(石川県輪島市 学長:浅川正人)は、2018年4月から航空整備技術(2年制)に新たに「ドローンコース」を開設すると発表した。幅広い専門知識を身につけることで、様々な業界への就職に有利になる。


 現在、世界的にも無人航空機(ドローン)の普及は目覚ましいものがあり、資格整備やオペレーター育成が急務となっている。そのような状況から、日本航空大学校のグループである公益財団法人日本航空教育協会では、いち早くドローンパイロット養成のためにスクールを開設し、16歳から取得可能なドローン操縦資格の整備を進めてきた。
 そして同校では、航空整備技術科(2年制)に新しく「ドローンコース」と「海洋コース」を2018年4月から開設することを決定した。

航空整備技術科 ドローンコース(2年制)

 同校のドローンコースでは、2年間で高度な操縦技術の習得はもちろんのこと、開発者として必要な情報処理、自動制御、機体設計などを学ぶことができる。

オープンキャンパスのスケジュール

オープンキャンパス

・2017年
 5月13日(土)
 6月10日(土)
 7月 8日(土)、22日(土)、23日(日)
 8月19日(土)
 9月 2日(土)
11月18日(土)

・2018年
 3月17日(土)、24日(土)

夏の特別開催 2017年 7月30日(日)、7:00〜12:00
       ※全国各地に無料送迎バスを用意。(発地:新宿、横浜、名古屋、大阪)

問い合わせ先
日本航空大学校
住所:  〒929-2372 石川県輪島市三井町洲衛9部27−7
電話:  0768-26-2233
http://www.jac-n.jp

この記事のライター

最新の投稿


特集ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(5)  ドローンをビジネスにしている人たち

特集ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(5)  ドローンをビジネスにしている人たち

ドローンを飛ばしている人は、大きく二つに分かれる。一つはホビーで楽しむ人。もう一つはビジネスにしている人。趣味ではなく仕事でドローンを飛ばす人たちは、どんな仕事でどのくらいの収入があるのか、気になるところだ。


栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市の「ハンターマウンテンゆりパーク」で、ドローン撮影。


DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

大手民生用ドローンメーカーのDJIは、8月16日付のリリースで、ドローン操縦アプリからインターネット通信を停止できる「ローカルデータモード」を開発していると発表した。


米アマゾンが移動式UAV修理&配送ビークルの特許を取得

米アマゾンが移動式UAV修理&配送ビークルの特許を取得

米国時間の8月1日に公開された特許によれば、米アマゾンは故障したUAVを自動的に保守できる移動式の修理車両を開発する考えだ。


senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

ジオサーフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:内山雅之)は、茨城県の守谷市にあるラジコン飛行場で、senseFly 社の固定翼UAVのeBee RTKと、マルチコプターのalbris(アルブリス)のデモンストレーションを実施した。