日本航空大学校が「ドローンコース」を2018年4月から開設

日本航空大学校が「ドローンコース」を2018年4月から開設

日本航空大学校(石川県輪島市 学長:浅川正人)は、2018年4月から航空整備技術(2年制)に新たに「ドローンコース」を開設すると発表した。幅広い専門知識を身につけることで、様々な業界への就職に有利になる。


 現在、世界的にも無人航空機(ドローン)の普及は目覚ましいものがあり、資格整備やオペレーター育成が急務となっている。そのような状況から、日本航空大学校のグループである公益財団法人日本航空教育協会では、いち早くドローンパイロット養成のためにスクールを開設し、16歳から取得可能なドローン操縦資格の整備を進めてきた。
 そして同校では、航空整備技術科(2年制)に新しく「ドローンコース」と「海洋コース」を2018年4月から開設することを決定した。

航空整備技術科 ドローンコース(2年制)

 同校のドローンコースでは、2年間で高度な操縦技術の習得はもちろんのこと、開発者として必要な情報処理、自動制御、機体設計などを学ぶことができる。

オープンキャンパスのスケジュール

オープンキャンパス

・2017年
 5月13日(土)
 6月10日(土)
 7月 8日(土)、22日(土)、23日(日)
 8月19日(土)
 9月 2日(土)
11月18日(土)

・2018年
 3月17日(土)、24日(土)

夏の特別開催 2017年 7月30日(日)、7:00〜12:00
       ※全国各地に無料送迎バスを用意。(発地:新宿、横浜、名古屋、大阪)

問い合わせ先
日本航空大学校
住所:  〒929-2372 石川県輪島市三井町洲衛9部27−7
電話:  0768-26-2233
http://www.jac-n.jp

この記事のライター

最新の投稿


NEDOと日本気象協会がドローン向け気象情報提供とドローンによる気象観測の実証試験を南相馬市で実施へ

NEDOと日本気象協会がドローン向け気象情報提供とドローンによる気象観測の実証試験を南相馬市で実施へ

NEDOと(一財)日本気象協会は、10月24日から26日の3日間、ドローン向け気象情報提供のデータ連携の実証試験とドローンによる気象観測の実証試験を、福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施すると発表した。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。