CLUEが日本企業初、ガーナ政府とドローンによる道路点検実施で協定締結

CLUEが日本企業初、ガーナ政府とドローンによる道路点検実施で協定締結

ドローンのソフトウェア開発企業の株式会社CLUE(以下CLUE)は、2017年5月、西アフリカのガーナ政府機関Ghana Highways Authority(以下GHA)と協力協定(MOU)を締結したことをお知らせいたします。


ガーナの政府機関がドローン関連企業と協定を締結するのは史上初。またアフリカ全土でも政府機関と日本のドローン企業が提携するのは史上初。

今回の締結によりCLUEは、GHAが管理している約14,000kmの道路をドローンを使って点検作業を行っていきます。今後は道路点検で得た知見を、アフリカ各国や日本で幅広いドローンビジネスに活かしていきます。

■Ghana Highways Authorityについて
ガーナの国土交通省は5つの実施機関を持っており、GHAはその中の1つです。1974年にガーナの幹線道路(高速自動車国道、一般国道、主要地方道など)の計画、管理、開発に責任を持つ機関として設立されました。日本では国土交通省の道路局がこれに該当します。

■ドローンを利用した道路点検
ドローンで上空から道路を数キロメートル単位で撮影。その画像を道路全体が把握できる1枚の2次元データ、または立体的な3次元データに変換します。これにより従来の点検作業と比較して約10分の1以下に作業時間を短縮することができます。

現在ガーナでは経済成長の伸びにインフラ整備が追いついておらず、補修が必要な道路が数多く存在しています。しかし実際の点検作業は現場作業員が道路を歩きながら目視で欠損を探して、欠損を発見した場合は用紙に手書きで記入。その後、用紙をオフィスで別の保存用紙に手書きで写しているなど、多大な時間と人手が必要な方法で進めています。

今回CLUEでは、これら道路の点検作業をドローンと独自に開発したクラウドのシステムによりワンストップでサービスを提供します。クラウド上で道路の画像データを蓄積することによって、道路の舗装状況の経年劣化を把握し、AI(人工知能)の画像解析技術を用いることにより自動で欠損箇所を特定します。

今回の活動は地元大手メディアにも掲載されました。

※補足
記事内では提案中と記載がありますが、取材後に協定を締結いたしました。
■この件に関するお問い合わせ先
株式会社CLUE 広報担当 内田
E-mail: support@t-clue.com TEL:03-6802-7996

情報提供元:株式会社CLUE
https://corp.t-clue.com/news/20170509ghanamou

この記事のライター

関連するキーワード


CLUE

関連する投稿


これから始める! ドローンビジネス勉強会 3月20日

これから始める! ドローンビジネス勉強会 3月20日

株式会社CLUEはこれからドローンビジネスを始める人を対象とした勉強会を3月20日、3月23日に開催する。


ドローン向けソフト開発のCLUE、屋根積算ソフトのヤナイ・ソフトウエアーと業務提携 ― ドローンを利用した屋根点検の発展へ

ドローン向けソフト開発のCLUE、屋根積算ソフトのヤナイ・ソフトウエアーと業務提携 ― ドローンを利用した屋根点検の発展へ

ドローン向けのソフトウェアを提供する株式会社CLUEは、瓦積算システムを提供する株式会社ヤナイ・ソフトウエアーと、ドローンを利用した屋根点検の戦略的パートナーとして業務提携契約を12月19日締結した。


CLUE、ドローンのソフト開発CLUEが3.3億円の資金調達を実施

CLUE、ドローンのソフト開発CLUEが3.3億円の資金調達を実施

株式会社CLUEはこの度、リアルテックファンド、DroneFund、アイ・マーキュリーキャピタル株式会社、Spiral Ventures、電通ベンチャーズ、株式会社ドリームインキュベータ、株式会社アドウェイズ、家入一真氏、及び既存株主らを引受先とする3.3億円の第三者割当増資を実施したと発表した。


ソフトバンク C&SがCLUEとドローンによる「建築物点検サービス」提供開始

ソフトバンク C&SがCLUEとドローンによる「建築物点検サービス」提供開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(東京都港区)は、 ドローンベンチャーの株式会社CLUE(東京都台東区)と協業し、 9月8日よりドローンを使った「建築物点検サービス」の提供を開始した。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。