CLUEがガーナでドローンを活用して金の違法採掘撲滅へ

CLUEがガーナでドローンを活用して金の違法採掘撲滅へ

ドローンのソフトウェア開発企業の株式会社CLUEは、同社がドローンを活用して西アフリカのガーナの金の違法採掘の撲滅をガーナ政府と連携して進めると15日発表した。


ガーナでは金の違法採掘から発生する自然破壊と水銀での公害が大きな社会問題となっており、これをCLUEではドローンを使って解決していく。

 金相場は2001年に1オンス、250USドルだった金の価格は10年で1オンス1,600USドルまでに高騰し、西アフリカのガーナでは、こうした国際状況を背景に金の違法採掘が加速している。
 問題は違法採掘が行われることにより、森林伐採等環境破壊がおこるだけでなく、金の精錬を目的に違法に使用されている「水銀」汚染によって地域住民への健康被害が発生していることだ。水銀は容易に入手可能で金精錬によく使われる毒性金属で、摂取すると中枢神経や脳に損傷を受け、場合によっては死に至ると言われている。
 金と結びつきやすい性質を持つ水銀を使用したアマルガム法という方法で、現地の違法採掘者は金を抽出しており、使用された水銀はそのまま川や湖に不法投棄されている。これが公害の原因となっている。

 日本でかつて問題となった水俣病の原因は、長期間にわたって排出され続けた工業廃水中のメチル水銀で、被害者は数万人に及び、うち約2000人が死亡した。これと同じ状態がいまアフリカのガーナでも起こっているということだ。
 この問題に対しガーナでは、「 STOP GALAMSEY運動」が盛んに行われている。GALAMSEYとは現地の言葉で「違法採掘の意味」。

 ガーナ政府では2017年に違法採掘に向けた方針を発表、違法採掘を国家における重大な社会問題と位置づけた。今回CLUEでは資源庁や現地の国会議員(chairman of natural resource committee)と連携し、この金の違法採掘の問題をドローンを活用した方法で解決していくという。

 ドローン活用の有効な方法は、アフリカの広大な森の奥地にある金の違法採掘現場を発見できること。採掘現場や違法採掘者が住居とするキャンプを直接発見することができれば取り締まりが可能となる。
 しかし険しく広大なため。警察が歩いて探すのは困難。ヘリコプターなど航空機の場合は高度が高すぎて発見が難しく、費用が高くて継続して利用することが難しいという障壁がある。
 一方ドローンであれば、比較的簡単に上空からの写真撮影が可能。更にその写真に位置情報が付いているため違法採掘現場も容易に特定することができる。燃料も必要なくバッテリーで飛行が可能で、低価格で確実に違法採掘を見つけられるというメリットがある。

この記事のライター

関連するキーワード


CLUE ガーナ 西アフリカ

関連する投稿


これから始める! ドローンビジネス勉強会 3月20日

これから始める! ドローンビジネス勉強会 3月20日

株式会社CLUEはこれからドローンビジネスを始める人を対象とした勉強会を3月20日、3月23日に開催する。


ドローン向けソフト開発のCLUE、屋根積算ソフトのヤナイ・ソフトウエアーと業務提携 ― ドローンを利用した屋根点検の発展へ

ドローン向けソフト開発のCLUE、屋根積算ソフトのヤナイ・ソフトウエアーと業務提携 ― ドローンを利用した屋根点検の発展へ

ドローン向けのソフトウェアを提供する株式会社CLUEは、瓦積算システムを提供する株式会社ヤナイ・ソフトウエアーと、ドローンを利用した屋根点検の戦略的パートナーとして業務提携契約を12月19日締結した。


CLUE、ドローンのソフト開発CLUEが3.3億円の資金調達を実施

CLUE、ドローンのソフト開発CLUEが3.3億円の資金調達を実施

株式会社CLUEはこの度、リアルテックファンド、DroneFund、アイ・マーキュリーキャピタル株式会社、Spiral Ventures、電通ベンチャーズ、株式会社ドリームインキュベータ、株式会社アドウェイズ、家入一真氏、及び既存株主らを引受先とする3.3億円の第三者割当増資を実施したと発表した。


ソフトバンク C&SがCLUEとドローンによる「建築物点検サービス」提供開始

ソフトバンク C&SがCLUEとドローンによる「建築物点検サービス」提供開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(東京都港区)は、 ドローンベンチャーの株式会社CLUE(東京都台東区)と協業し、 9月8日よりドローンを使った「建築物点検サービス」の提供を開始した。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。