NTTドコモ、災害等を想定した「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化に成功

NTTドコモ、災害等を想定した「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化に成功

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、災害等の際にご利用が困難となった携帯電話サービスエリアの救済を目的に、「ドローン中継局」の導入検討を進めてきたが、群馬県吾妻郡長野原町における実証実験を行い、5月17日に、当該地区のエリア化の成功を確認した。


地上の電源との接続により、連続24時間運用をめざす-

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、災害等の際にご利用が困難となった携帯電話サービスエリアの救済を目的に、「ドローン中継局」の導入検討を進めてきたが、群馬県吾妻郡長野原町における実証実験を行い、5月17日に、当該地区のエリア化の成功を確認したと発表した。

 「ドローン中継局」は、ドローンでの利用を想定した専用の小型中継局を搭載し、周辺のドコモの基地局電波を上空で捉え、中継することで、臨時のエリアを形成するもの。従来の移動基地局車等と比較し、可搬性に優れるため、被災時に地盤の影響等に左右されず、迅速な復旧を実現することができる。
 ドコモは「ドローン中継局」の早期導入をめざし、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県、神奈川県の6県において実験試験局免許を取得し、実証実験を行っている。可搬性と長時間稼働の両立をめざし、これまで専用小型中継局の開発や、長時間の連続運転が可能となる地上電源との接続の実現性検討等を行ってきた。
 今回の実証実験において、群馬県吾妻郡長野原町にて「ドローン中継局」を利用し、実験電波を用いたエリア化に成功した。
 今後は、2017年度下期を目途に、地上の電源と接続した実験を行い、実災害時にも実効性のある連続24時間運用の実現をめざすとしている。

「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化の概要

1. 「ドローン中継局」概要

専用の小型中継局をドローンに搭載することで、災害時に移動基地局車等の既存設備では対応できないようなケースでも、携帯電話サービスエリアの救済が可能となる。

2. 実験概要

 上空での電波中継を行うための実験試験局免許を取得の上、群馬県吾妻郡長野原町において、「ドローン中継局」を上空で運用し、エリア化の効果検証を行った。

この記事のライター

関連するキーワード


NTTドコモ ドローン中継局

関連する投稿


エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、株式会社NTTドコモ (東京都千代田区)と、災害発生時の被災状況把握を映像で広域、迅速に行うことを目的とした新たな防 災インフラの構築に向けた飛行実験を実施、VTOL機と LTE 通信が可能なドローン用 LTE 通信デバイス用いた広域リアルタイム映像伝送に成功した。


NTTドコモのドローン事業「docomo sky」 発表会での中山副社長の説明を紹介 「パートナーと効率化、高度化を」 

NTTドコモのドローン事業「docomo sky」 発表会での中山副社長の説明を紹介 「パートナーと効率化、高度化を」 

 NTTドコモが2月21日に発表した企業向けにドローンの運用を支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky(ドコモスカイ)」が大きな反響を呼んでいる。発表会に登壇した中山俊樹副社長の発言を改めて紹介する。


ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋)は、2017年6月29日に仙台市、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘)、宮城県医薬品卸組合(事務局:宮城県仙台市、理事長:鈴木三尚)と共同で、ドローンによる緊急医薬品搬送の実証実験を実施した。


広島大などがドローンを活用した血液検体などの搬送技術を開発へ

広島大などがドローンを活用した血液検体などの搬送技術を開発へ

 広島大学医学部(救急集中治療医学)の貞森拓磨客員准教授と(株)NTTドコモ、モバイルクリエイト(株)、インフォコム(株)、ciDrone(株)が提案した事業が、総務省の戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の地域ICT振興型研究開発枠に採択され、記者説明会を開催した。


富士通がドローン中継局を参考出展

富士通がドローン中継局を参考出展

ドローンによるソリューションなどを提案する「IDE TOKYO ドローンソリューション&技術展2017」に併設されていたワイヤレスジャパンの会場で、富士通株式会社(本社:神奈川県、代表取締役:田中達也)がドローンを使った中継局を参考出展した。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。