NTTドコモ、災害等を想定した「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化に成功

NTTドコモ、災害等を想定した「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化に成功

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、災害等の際にご利用が困難となった携帯電話サービスエリアの救済を目的に、「ドローン中継局」の導入検討を進めてきたが、群馬県吾妻郡長野原町における実証実験を行い、5月17日に、当該地区のエリア化の成功を確認した。


地上の電源との接続により、連続24時間運用をめざす-

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、災害等の際にご利用が困難となった携帯電話サービスエリアの救済を目的に、「ドローン中継局」の導入検討を進めてきたが、群馬県吾妻郡長野原町における実証実験を行い、5月17日に、当該地区のエリア化の成功を確認したと発表した。

 「ドローン中継局」は、ドローンでの利用を想定した専用の小型中継局を搭載し、周辺のドコモの基地局電波を上空で捉え、中継することで、臨時のエリアを形成するもの。従来の移動基地局車等と比較し、可搬性に優れるため、被災時に地盤の影響等に左右されず、迅速な復旧を実現することができる。
 ドコモは「ドローン中継局」の早期導入をめざし、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県、神奈川県の6県において実験試験局免許を取得し、実証実験を行っている。可搬性と長時間稼働の両立をめざし、これまで専用小型中継局の開発や、長時間の連続運転が可能となる地上電源との接続の実現性検討等を行ってきた。
 今回の実証実験において、群馬県吾妻郡長野原町にて「ドローン中継局」を利用し、実験電波を用いたエリア化に成功した。
 今後は、2017年度下期を目途に、地上の電源と接続した実験を行い、実災害時にも実効性のある連続24時間運用の実現をめざすとしている。

「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化の概要

1. 「ドローン中継局」概要

専用の小型中継局をドローンに搭載することで、災害時に移動基地局車等の既存設備では対応できないようなケースでも、携帯電話サービスエリアの救済が可能となる。

2. 実験概要

 上空での電波中継を行うための実験試験局免許を取得の上、群馬県吾妻郡長野原町において、「ドローン中継局」を上空で運用し、エリア化の効果検証を行った。

3. 実験日時

2017年5月10日(水曜)~5月17日(水曜)

4. 実験場所

群馬県吾妻郡長野原町

情報提供元:株式会社NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/05/17_00.html

この記事のライター

関連するキーワード


NTTドコモ ドローン中継局

関連する投稿


NTTドコモが世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発 -360度どこからでも見える広告展開が可能

NTTドコモが世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発 -360度どこからでも見える広告展開が可能

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、無人航空機(以下ドローン)を活用した新たなビジネスの創出に向けて、全方位に映像を表示しながら飛行することができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を世界で初めて※1 開発した。


仙台市とNTTドコモ「ドローンを活用した冬山遭難者捜索支援の実証実験」にブイキューブロボティクスが参加

仙台市とNTTドコモ「ドローンを活用した冬山遭難者捜索支援の実証実験」にブイキューブロボティクスが参加

2017年2月25日。仙台市と株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘、以下NTTドコモ)は、「ドローンを活用した冬山捜索支援の実証実験」を実施。この実験に、株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋、以下ブイキューブロボティクス)も参加した。


ドローンコラム: 過疎地の“買い物弱者”を救え! 夢と笑顔運ぶドローン

ドローンコラム: 過疎地の“買い物弱者”を救え! 夢と笑顔運ぶドローン

 ドローンが、ほしいものを自宅まで届けてくれる、そんな日が近づいている。外出が難しい高齢者や障害者、近所にスーパーやコンビニエンスストアがない過疎地の住民といった“買い物弱者”の問題を解決するための実証実験が各地で始まっている。


首都圏直下型を想定したドコモの防災訓練 ドローンによる電波中継など先端技術が登場

首都圏直下型を想定したドコモの防災訓練 ドローンによる電波中継など先端技術が登場

 ドローンで電波を中継し、パワードスーツで可搬型基地局を搬入する――NTTドコモが30日に実施した防災訓練において、先端技術を活用する試みが披露された。


新潟市がドローンを活用し、稲の生育と松林の保全に貢献する実証プロジェクトの連携協定を締結

新潟市がドローンを活用し、稲の生育と松林の保全に貢献する実証プロジェクトの連携協定を締結

国家戦略特区の新潟市は、株式会社NTTドコモ、農業のIT化に取り組むベジタリア株式会社、ドローンの機体を開発している株式会社自律制御システム研究所、ドローンの産業用ソリューションを提供するエアロセンス株式会社の4社と、ドローンを活用した「水稲プロジェクト」と「海岸保安林プロジェクト」の連携協定を締結した。(田中亘)


最新の投稿


エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。