システムファイブ、DaVinci Resolveで学ぶ! ドローンユーザー向け映像編集入門セミナー6/6開催!

システムファイブ、DaVinci Resolveで学ぶ! ドローンユーザー向け映像編集入門セミナー6/6開催!

映像編集ソフトウェア「DaVinci Resolve」を提供するブラックマジックデザイン株式会社の認定トレーナーが、実際にDJI Mavic Pro / Phantom 4 Proで空撮した映像素材を使用し、ファイルの取り込み、編集作業、書き出しまでの流れを解説する。


概要

 テレビ番組、Web動画コンテンツの撮影用途としても、急速に普及してきた小型ドローン。今までラジコンヘリ等のオペレーターをしていて、新たに撮影業務を手掛けるようになった人も多いのではないか?「操縦と撮影はやっているが、編集をどうすれば良いか分からない」「どのように編集を進めれば良いのか学びたい」という声が多い。
 本講座では、映像編集ソフトウェア「DaVinci Resolve」を提供するブラックマジックデザイン株式会社の認定トレーナーが、実際にDJI Mavic Pro / Phantom 4 Proで空撮した映像素材を使用し、ファイルの取り込み、編集作業、書き出しまでの流れを解説する。
 ドローンと編集ソフトそれぞれの特性を理解してもらい、覚えるべき概念や用語、操作方法を整理し、効率的なワークフローを実現できる。

対象者

・現在ドローンのオペレートを行なっているひと
・編集のワークフローについて学びたい人
・これからDaVinci Resolveを使って映像編集をしたいと考えている人

※持ってきてもらうもの
Mac 又は Windowsラップトップ
・Mac: OS 10.10以降推奨。 MacBook Pro 15inch Retina モデル等
・Win: Windows 8.1 64bit以降推奨。Dell Precision M6800等
※練習素材があるためPCに30GBの空き容量を用意すること。
※2名まで、事前申請でラップトップコンピューター (MacまたはWindows)を貸し出す。 (別途税抜5,000円)
※マシンスペックが不安な場合、予めDaVinci Resolve 12.5無償版をインストールして確認しておくこと。

講師

北山 壮平 氏 (ブラックマジックデザイン株式会社 DaVinci Resolve認定トレーナー)

プログラム内容

1.DaVinci Resolveの起動
ユーザー作成
プロジェクトマネージャー
新規プロジェクトの作成
2.メディアページ

インターフェース
環境設定・プロジェクト設定
素材の読み込み
3.エディットページ

インターフェース
新規タイムラインの作成
素材の確認、3点編集
トリムツール
トランジション
タイトルツール
4.カラーページ

インターフェース
LUTの当て方
カラーコレクション、カラーグレーディングの基礎
5.デリバーページ

インターフェース
プロジェクトの書き出し、読み込み
※プログラムの内容は予定です。変更の可能性がございますことを予めご了承ください。

日時と会場

◆日時
2017年6月6日(火)13:30~16:00 お申込受付中

※ 受付は開始時20分前からとなります。開始時間10分前迄にご来場下さい。
※ 受付にてお名刺を1枚頂戴いたします。
◆会場
株式会社システムファイブ PROGEAR半蔵門セミナールーム
<所在地>〒102-0093 東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階
<連絡先>TEL : 03-5212-5100|FAX : 03-5212-5101
<MAIL>proseminar@system5.jp
<営業時間>月~土曜日 10:00-19:00|定休日 日・祝

受講料と定員

◆受講料:7,500円(税抜)
◆定員:20名様
※事前申し込み制となります。
※申込者のご都合が悪くなった場合、代理出席をお受け致します。
※お申し込み後のキャンセルは、他のお客様のご迷惑となりますのでご遠慮ください。
◆主催
株式会社システムファイブ
◆協力
ブラックマジックデザイン株式会社
◆お問い合わせ先
TEL:03-5212-5100 | FAX:03-5212-5101
東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階
株式会社システムファイブ PROSEMINAR事務局
■会場に関するお問い合わせ
TEL:03-5212-5100 | FAX:03-5212-5101
東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階
株式会社システムファイブ PROSEMINAR事務局」
■申し込み先
https://www.system5.jp/products/detail85669.html

情報提供元:株式会社システムファイブ
https://info.system5.jp/proseminar/archives/15950

この記事のライター

関連する投稿


システムファイブが「DJI New Pilot Experience ~はじめてのドローン飛行体験セミナー」10月13日開催

システムファイブが「DJI New Pilot Experience ~はじめてのドローン飛行体験セミナー」10月13日開催

抜群のコストパフォーマンスと、用途・予算に合わせたラインナップ展開が好評のDJI製ドローン。昨年末から多くのお客様にご参加頂いた、野外での飛行体験セミナーを再度開催致します。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

本セミナーでは、実際に使用した書類を用いながら、どのような流れで地方航空局に申請するのか、またどのような点に注意すれば良いのかを弊社講師〔JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクター〕が丁寧に解説します。


【限定5名】ドローン操縦集中講座、8月6日から特別料金で開催 ークリーク・アンド・リバー社ー

【限定5名】ドローン操縦集中講座、8月6日から特別料金で開催 ークリーク・アンド・リバー社ー

株式会社クリーク・アンド・リバー社はこのたび、5名様限定でドローン操縦士コースと安全運航管理者コースをまとめた集中講座を開催します。


セキドがDJIドローン操縦士育成セミナー【1日基礎コース】 in 横浜 8月7日

セキドがDJIドローン操縦士育成セミナー【1日基礎コース】 in 横浜 8月7日

ドローン初心者が1日で学べる講習会(初心者講習会1Day編)


 特機スペシャリストが語る! 空中撮影 × 地上撮影 編集ベーシック講座 7/27 開催!

特機スペシャリストが語る! 空中撮影 × 地上撮影 編集ベーシック講座 7/27 開催!

 空中、地上、水中を網羅する特機スペシャリストで、DJI公式動画の制作者でもある株式会社アルマダスの吉田泰行氏が、空中、地上それぞれの映像を編集し1本に仕上げる手順を伝えるベーシ講座が7月27日、株式会社アルマダスと株式会社システムファイブの共催で開かれます。


最新の投稿


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。


ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

米国インテルは、科学者や専門家と提携し、ドローンと人工知能(AI)を活用して、北極熊やクジラなどの野生生物の生態研究をサポートしている。