ドローンスクールジャパンが常設屋内飛行場を完備した会津猪苗代校を開校

ドローンスクールジャパンが常設屋内飛行場を完備した会津猪苗代校を開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は、福島県に常設屋内飛行場を完備した「ドローンスクールジャパン会津猪苗代校」を5月19日(金)に開校する。当日は、開校式典のほか、デモフライトや操縦体験会も開催する。


■インフラ整備、農林など多方面で需要高まる産業用ドローン 豊かな自然に囲まれた会津猪苗代校で開校決定

 株式会社スカイロボットは一般社団法人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA/読み:ディーパ)に認定されている「ドローンスクールジャパン」を、東京、神奈川、仙台、静岡、大阪、福岡、で運営している。産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されているが、急増する需要に対し、操縦士が不足している。現在、ドローンの潜在市場は、約15兆円※1と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パネルなど、各種施設の点検への利用がはじまり、実験段階だがドローンを利用した配送サービスに注目が集まっている。
 同社は確かな操縦技術と知識を兼ね備えた操縦士を育成するため、ドローンスクールジャパン会津猪苗代校を開校する。
 現在福島県ではドローン事業に関する取り組み積極的。スクールを開校する会津若松市は、福島県の西部、会津盆地の東南にあり福島県の県庁所在地である福島市からは約100kmの距離となっている。猪苗代湖や磐梯山など豊かな自然に囲まれ、四季の移ろいをはっきりと体感できる土地。ドローンスクールジャパン会津猪苗代校では、これから必要とされる、あらゆる分野で活躍できるパイロットを養成する。
※1・・・英国ロンドンを本拠地とする世界的な監査・コンサルティンググループ PwC (Price Waterhouse Coopers)社調べ

未来の操縦士を育成する充実したカリキュラムを準備した「ドローンスクールジャパン」

 「ドローンスクールジャパン」は、初心者向けのコースから、土木業界向けのドローン3Dマッピング講習、赤外線カメラを使った夜間の人命救助講習などが受講できる、産業用ドローン操縦士の育成・訓練を目的とした学校。一般社団法人ドローン操縦士協会に認定されており、 修了者は DPA の認定資格を取得することができる。他にも 3D マッピングやレスキューなどの各種 「ビジネス・プロコース」や、「スマート農業コース」等も現在準備中。
 2016年4月に神奈川県高座郡寒川町「ドローンスクールジャパン神奈川校「、10月に東京都江東区潮見「ドローンスクールジャパン東京校」、11月に静岡県掛川市「ドローンスクールジャパン静岡掛川校」など全国それぞれに開校しており、建築や太陽光発電に関わる方、空撮を学びたい方など、産業活用を目的とした受講生がいる。「スカイボランティア」の拠点として、2017年9月までのに、北海道、千葉県、兵庫県など、全国に8校を新たに開校予定となっている。

<ドローンスクール講習内容>
 ドローンに全く触れたことのない方向けの2日間限定のカリキュラム「フライトコース」では、円移動や四角移動等、ドローン操縦士に必要な25種類の技能が2日間で習得できる。カリキュラムで習得できなかったスキルは、後日スキルアップコースによって、習得可能。
 また、「ビジネス・プロコース」では、プロの操縦士を目指し、基礎技術が身に付く赤外線カメラ撮影など産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技術が学べるコースとなっている。

開校日    2017年5月19日(金)
ホームページ http://dsj-aizu.com
お客様からのお問い合わせ先 042-23-7745

<開校式典>
2017年5月19日(金)13:00~14:45
13:00   開式の挨拶
13:10   株式会社南進測量 代表取締役挨拶
13:30   来賓祝辞 猪苗代町長  前後 公 様
13:45   来賓祝辞 一般社団法人ドローン操縦士協会理事長 小林 一郎 様
14:00   来賓祝辞 県議会議員 瓜生 信一郎 様
14:15   来賓紹介
14:30   ドローン操縦士協会認定校盾授与
14:45   閉式の挨拶
15:00   ドローンデモフライト、操縦体験会

この記事のライター

関連する投稿


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。


スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結  赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結 赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 赤外線カメラメーカーFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結し、世界最軽量クラス・赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始した。1月17日(水)から開催される「ロボデックス ロボット開発・活用展」で展示される。


スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットは、 サイバネットと共同で開発したドローン計測データ用簡易可視化ビューアー「Sky Viewer(スカイ ビューアー)」も販売を開始した。



加賀電子・スカイロボットが産業用ドローン・赤外線カメラ分野での資本業務提携を発表

加賀電子・スカイロボットが産業用ドローン・赤外線カメラ分野での資本業務提携を発表

加賀電子株式会社と株式会社スカイロボットは、資本業務提携を合意し、スカイロボットが提供する産業用ドローン・赤外線カメラ分野の販路拡大を共同で進め、急伸する同市場のニーズに対応してまいります。


最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。