ドローンスクールジャパンが常設屋内飛行場を完備した会津猪苗代校を開校

ドローンスクールジャパンが常設屋内飛行場を完備した会津猪苗代校を開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は、福島県に常設屋内飛行場を完備した「ドローンスクールジャパン会津猪苗代校」を5月19日(金)に開校する。当日は、開校式典のほか、デモフライトや操縦体験会も開催する。


■インフラ整備、農林など多方面で需要高まる産業用ドローン 豊かな自然に囲まれた会津猪苗代校で開校決定

 株式会社スカイロボットは一般社団法人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA/読み:ディーパ)に認定されている「ドローンスクールジャパン」を、東京、神奈川、仙台、静岡、大阪、福岡、で運営している。産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されているが、急増する需要に対し、操縦士が不足している。現在、ドローンの潜在市場は、約15兆円※1と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パネルなど、各種施設の点検への利用がはじまり、実験段階だがドローンを利用した配送サービスに注目が集まっている。
 同社は確かな操縦技術と知識を兼ね備えた操縦士を育成するため、ドローンスクールジャパン会津猪苗代校を開校する。
 現在福島県ではドローン事業に関する取り組み積極的。スクールを開校する会津若松市は、福島県の西部、会津盆地の東南にあり福島県の県庁所在地である福島市からは約100kmの距離となっている。猪苗代湖や磐梯山など豊かな自然に囲まれ、四季の移ろいをはっきりと体感できる土地。ドローンスクールジャパン会津猪苗代校では、これから必要とされる、あらゆる分野で活躍できるパイロットを養成する。
※1・・・英国ロンドンを本拠地とする世界的な監査・コンサルティンググループ PwC (Price Waterhouse Coopers)社調べ

未来の操縦士を育成する充実したカリキュラムを準備した「ドローンスクールジャパン」

 「ドローンスクールジャパン」は、初心者向けのコースから、土木業界向けのドローン3Dマッピング講習、赤外線カメラを使った夜間の人命救助講習などが受講できる、産業用ドローン操縦士の育成・訓練を目的とした学校。一般社団法人ドローン操縦士協会に認定されており、 修了者は DPA の認定資格を取得することができる。他にも 3D マッピングやレスキューなどの各種 「ビジネス・プロコース」や、「スマート農業コース」等も現在準備中。
 2016年4月に神奈川県高座郡寒川町「ドローンスクールジャパン神奈川校「、10月に東京都江東区潮見「ドローンスクールジャパン東京校」、11月に静岡県掛川市「ドローンスクールジャパン静岡掛川校」など全国それぞれに開校しており、建築や太陽光発電に関わる方、空撮を学びたい方など、産業活用を目的とした受講生がいる。「スカイボランティア」の拠点として、2017年9月までのに、北海道、千葉県、兵庫県など、全国に8校を新たに開校予定となっている。

<ドローンスクール講習内容>
 ドローンに全く触れたことのない方向けの2日間限定のカリキュラム「フライトコース」では、円移動や四角移動等、ドローン操縦士に必要な25種類の技能が2日間で習得できる。カリキュラムで習得できなかったスキルは、後日スキルアップコースによって、習得可能。
 また、「ビジネス・プロコース」では、プロの操縦士を目指し、基礎技術が身に付く赤外線カメラ撮影など産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技術が学べるコースとなっている。

この記事のライター

関連する投稿


スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、今年2月に提携した米国のドローンソリューション・ベンチャー PrecisionHawk USA Inc.(米・北カロライナ州) のドローン業務ソリューションの提供を5月から開始する。


スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

i-Construction対応ドローン3D空中測量と精密農業ソリューション&サービス


ドローンスクールジャパン、「スマート農業コース」を開講 !5日間で農薬散布用ドローン認定資格が日本全国で取得可能に

ドローンスクールジャパン、「スマート農業コース」を開講 !5日間で農薬散布用ドローン認定資格が日本全国で取得可能に

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)が運営するドローンスクールジャパンは、農薬散布用ドローンDJI AGRAS MG-1専門のスマート農業コースを開講する。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。


スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結  赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結 赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 赤外線カメラメーカーFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結し、世界最軽量クラス・赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始した。1月17日(水)から開催される「ロボデックス ロボット開発・活用展」で展示される。


最新の投稿


DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

UAVやロケットなどのパラシュートを数多く開発しているFRUITY CHUTES社(米国カリフォルニア州)は、DJI Mavic Pro用のパラシュートの販売を開始した。(田中亘)


日本初のプロチーム「RAIDEN RACING」が発足 中学生選手も! 最高峰リーグ「DCL」への参戦を表明

日本初のプロチーム「RAIDEN RACING」が発足 中学生選手も! 最高峰リーグ「DCL」への参戦を表明

 DRONE SPORTS株式会社(東京)は4月25日、プロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」の発足を発表した。中学生を含む4選手が、2018年はヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ「Drone Champions league」に挑む。初陣は6月22日だ。


JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVACとコマツは、i-Constructionに対応したドローンを活用した測量を行うためのパイロット育成コースを共同開発し、6月より開始予定。


コマツ、「EverydayDrone」の提供を5月より開始 日々の進捗管理を可能にするスマートコンストラクション新サービス

コマツ、「EverydayDrone」の提供を5月より開始 日々の進捗管理を可能にするスマートコンストラクション新サービス

コマツは、建設現場の課題解決のためのソリューション事業「スマートコンストラクション」において、ドローンおよびエッジコンピューティング技術を利用した新サービス「EverydayDrone」(エブリデイドローン)を、子会社であるコマツカスタマーサポート株式会社を通じて本年5月より開始する。


アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクスはドローンによる産業構造の刷新「ドローン・イノベーション」をより身近にするため、「Drone 4 - innovation」のプログラム(通称「D4」)の提供を開始した。