この秋にPowerVision社のドローンが日本に上陸

この秋にPowerVision社のドローンが日本に上陸

先日、水中ドローンの日本での予約販売を発表したPowerVision社が、この秋に空中ドローンの販売を計画している。すでに海外では販売を開始している2つのモデルについてレポートする。


プロ用空撮ドローンのPowerEye

プロ用空撮ドローンのPowerEye

 2016年の9月に、海外の展示会で発表されたPowerEyeは、最長で29.5分間の飛行が可能なプロ用の空撮ドローン。最長で5kmまでの範囲でリアルタイムのビデオストリーミングが可能。本体には、操縦者用のカメラと障害物センサーが取り付けられ、機体下部には3軸ジンバルで支えられたマイクロ4/3対応のカメラ (Panasonic Lumix G 14mm F2.5 ASPH)が装備される。二つのカメラによって、操縦者と撮影者は複数のリモコンを操作して映像を撮影できる。また機体の総重量は約4kgと軽く、脚とアームが折りたたみ式になっているので、コンパクトに収納できる。米国では、すでに$3,988(約45万円)で販売を開始しているが、日本では電波法の関係から審査待ちになっている。許認可などが順調に進めば、「9月には販売を開始する予定だ」とアジアパシフィック地域のゼネラルマネージャーのTony Zhang氏は話す。
 日本での競合製品は、DJIのInspier 2になる。Inspier 2の国内価格は、カメラを搭載していないモデルで389,000円。カメラ (Panasonic Lumix G 14mm F2.5 ASPH)付きのPowerEyeがコストパフォーマンスでInspier 2を凌ぐのかどうか注目される。

PowerEyeを手にする販売担当取締役のSage Raterman(セージ ラターマン)氏

シンプルなデザインと直感的な操作のPowerEgg

PowerEggを手にする販売担当取締役のSage Raterman(セージ ラターマン)氏

 PowerEggと名づけられたドローンは、アームと脚を収納した状態が卵のような形になっている。飛行時には、4本のアームと脚を開いて利用するが、離陸すると脚は自動的に収納され、機体下部に取り付けられている4k UHDカメラにより360度のパノラマ撮影が可能になる。カメラは、3軸ジンバルで支えられ最長で5kmまでのビデオストリーミングを転送できる。最大飛行速度は46kmで23分の飛行が可能。そしてユニークなのはデザインだけではなく、操作方法にも特長がある。通常の2スティックによるプロポでの操縦に加えて、マエストロと呼ばれるジョイスティックで直感的に動かせる。イメージビデオでは、スティックを操作して自撮する様子などが紹介されている。また被写体を追随する撮影モードなどもあり、写したい場所に機体を移動して360度回転するカメラで、好きな被写体を映し出せる。機体の重量は約2kgと軽く、持ち運ぶときにはラグビーボールを抱えるような感覚だ。発表会では、販売担当取締役のSage Raterman(セージ ラターマン)氏が同社の特長を「他社の真似をしない独創的な製品開発」にあると説明していたが、水中ドローンやPowerEggはその開発ポリシーを証明する製品といえる。
 PowerEggも、PowerEyeと同様に電波法などの許認可が必要になるため、販売は秋ごろになる予定だという。米国での販売価格は$1,288(約14万円)だが、日本での価格は未定。

この記事のライター

関連するキーワード


PowerVision PowerEgg PowerEye

関連する投稿


中からプロペラ! タマゴ型ドローン「PowerEgg」発売

中からプロペラ! タマゴ型ドローン「PowerEgg」発売

 ドローン開発のPowervision Robot社(中国・北京)が今年2月に発表していた、プロペラを本体に格納するとタマゴ型になるドローン「PowerEgg」の発売を開始した。


最新の投稿


エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。