この秋にPowerVision社のドローンが日本に上陸

この秋にPowerVision社のドローンが日本に上陸

先日、水中ドローンの日本での予約販売を発表したPowerVision社が、この秋に空中ドローンの販売を計画している。すでに海外では販売を開始している2つのモデルについてレポートする。


プロ用空撮ドローンのPowerEye

プロ用空撮ドローンのPowerEye

 2016年の9月に、海外の展示会で発表されたPowerEyeは、最長で29.5分間の飛行が可能なプロ用の空撮ドローン。最長で5kmまでの範囲でリアルタイムのビデオストリーミングが可能。本体には、操縦者用のカメラと障害物センサーが取り付けられ、機体下部には3軸ジンバルで支えられたマイクロ4/3対応のカメラ (Panasonic Lumix G 14mm F2.5 ASPH)が装備される。二つのカメラによって、操縦者と撮影者は複数のリモコンを操作して映像を撮影できる。また機体の総重量は約4kgと軽く、脚とアームが折りたたみ式になっているので、コンパクトに収納できる。米国では、すでに$3,988(約45万円)で販売を開始しているが、日本では電波法の関係から審査待ちになっている。許認可などが順調に進めば、「9月には販売を開始する予定だ」とアジアパシフィック地域のゼネラルマネージャーのTony Zhang氏は話す。
 日本での競合製品は、DJIのInspier 2になる。Inspier 2の国内価格は、カメラを搭載していないモデルで389,000円。カメラ (Panasonic Lumix G 14mm F2.5 ASPH)付きのPowerEyeがコストパフォーマンスでInspier 2を凌ぐのかどうか注目される。

PowerEyeを手にする販売担当取締役のSage Raterman(セージ ラターマン)氏

シンプルなデザインと直感的な操作のPowerEgg

PowerEggを手にする販売担当取締役のSage Raterman(セージ ラターマン)氏

 PowerEggと名づけられたドローンは、アームと脚を収納した状態が卵のような形になっている。飛行時には、4本のアームと脚を開いて利用するが、離陸すると脚は自動的に収納され、機体下部に取り付けられている4k UHDカメラにより360度のパノラマ撮影が可能になる。カメラは、3軸ジンバルで支えられ最長で5kmまでのビデオストリーミングを転送できる。最大飛行速度は46kmで23分の飛行が可能。そしてユニークなのはデザインだけではなく、操作方法にも特長がある。通常の2スティックによるプロポでの操縦に加えて、マエストロと呼ばれるジョイスティックで直感的に動かせる。イメージビデオでは、スティックを操作して自撮する様子などが紹介されている。また被写体を追随する撮影モードなどもあり、写したい場所に機体を移動して360度回転するカメラで、好きな被写体を映し出せる。機体の重量は約2kgと軽く、持ち運ぶときにはラグビーボールを抱えるような感覚だ。発表会では、販売担当取締役のSage Raterman(セージ ラターマン)氏が同社の特長を「他社の真似をしない独創的な製品開発」にあると説明していたが、水中ドローンやPowerEggはその開発ポリシーを証明する製品といえる。
 PowerEggも、PowerEyeと同様に電波法などの許認可が必要になるため、販売は秋ごろになる予定だという。米国での販売価格は$1,288(約14万円)だが、日本での価格は未定。

この記事のライター

関連するキーワード


PowerVision PowerEgg PowerEye

関連する投稿


PowerVisonが水中・水上ドローンをボートショーのメインステージで披露

PowerVisonが水中・水上ドローンをボートショーのメインステージで披露

パシフィコ横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2018」のメインステージで、PowerVision社(中国)が水中ドローンを披露した。マリンスポーツを楽しむボートオーナーの多くが、水中・水上ドローンに高い関心を示した。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


新型ドローン「PowerEgg」の発売を 2017 年 11 月 11 日(土)に開始

新型ドローン「PowerEgg」の発売を 2017 年 11 月 11 日(土)に開始

中国の商業用ドローンの開発・販売を手掛けてきたパワービジョンの日本法人である臻廸(しんてき)日本株式会社(所在地:東京都多摩市、代表:王 珈瑶)は、ドローンの概念を変えるデザインと機能を兼ね備えた新型ドローン「PowerEgg」の発売を2017 年 11 月 11 日(土)に開始すると発表した。


スカイウィングス、水中ドローンを日本の水産業・水中インフラへ向けて販売を展開

スカイウィングス、水中ドローンを日本の水産業・水中インフラへ向けて販売を展開

株式会社スカイウィングスは、 水中ドローン世界最大手のPoweVision社と提携し、 水中ドローンを日本の水産業を中心に販売展開していく。


中からプロペラ! タマゴ型ドローン「PowerEgg」発売

中からプロペラ! タマゴ型ドローン「PowerEgg」発売

 ドローン開発のPowervision Robot社(中国・北京)が今年2月に発表していた、プロペラを本体に格納するとタマゴ型になるドローン「PowerEgg」の発売を開始した。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。