エアバス社が米国でドローン事業を開始

エアバス社が米国でドローン事業を開始

米国テキサス州ダラス。2017年5月10日、エアバス社(証券取引所シンボル:AIR)は、商業用無人機のスタートアップ企業のAirbus Aerial(エアバス・エアリアル)を設立したと発表した。


画像サービスから物流までを見据えた事業展開

エアバス・エアリアル社による空中からのデータ収集のイメージ

 エアバス・エアリアル社は、ジョージア州アトランタに本社を置き、ジョージア工科大学での研究、連邦航空局(FAA)の連邦政策など12年以上の経験を持つUAS業界の専門家ジェシー・コールマン(Jesse Kallman)氏 、Airwareの商用UAS、AUVSI(無人車両システム国際連合)などの団体の支持を得ている。Kallman氏は、Fortune 500企業、議会のメンバー、FAAとホワイトハウスの上級職員、およびシリコンバレーベンチャーキャピタルの主要グループの役員に対する信頼できるアドバイザーとして働いている。
 エアバス・エアリアル社の初期の事業は、新しい画像サービスの開発になる。このサービスは、ソフトウェアおよび航空宇宙技術を活用して、無人機と衛星と高高度の航空機およびその他の情報源によって提供される情報の実用的なデータおよび分析を提供する。
エアバス防衛宇宙局長のDirk Hoke氏は「我々は、商用の無人航空システム(UAS)業界を発展させるために尽力し、自動車メーカー、データ分析会社、サービス・プロバイダーなどから、データに重点​​を置いたサービスを大規模に提供していきます」と述べ、「UASプラットフォームから衛星画像への統合された資産の組み合わせを使用して、エアバス・エアリアルは幅広い新しい画像サービスを展開します。エアバス・エアリアルのさらなる事業の柱は、貨物無人機サービスの分野にもあります」と展望を語る。
 エアバス・エアリアル・アメリカのジェシー・カルマン社長は「ドローンは私たちの大きな構想の一部に過ぎません」と言い、「エアバス・エアリアルは、無人機や衛星を含むさまざまな航空宇宙技術を共通のソフトウェア基盤上に統合し、業種別の分析を適用して、お客様の最大の課題に合わせたソリューションを提供します」と話す。
 同社の空中画像サービスは、保険、農業、石油・ガス、公益事業、州や地方自治体などの商業産業向けのさまざまなアプリケーションを対象としている。今後は、優秀な人材の登用やサービスを市場に提供するためのパートナーを探していく。

www.airbusaerial.com


エアバスについて

 エアバスは、航空宇宙および関連サービスの世界的企業。2016年には、670億ユーロの収入を得て、約134,000人の従業員を雇用した。エアバスは、100以上から600以上の座席までの最も幅広い種類の旅客機を提供している。また、ヨーロッパ最大の宇宙企業であり、世界で2番目に大きい宇宙ビジネスであるタンカー、戦闘、輸送、ミッション航空機も提供している。ヘリコプターでは、エアバスは世界中で最も効率的な民生用および軍事用のロータークラフトソリューションを提供している。

エアバス・エアリアル・アメリカのジェシー・カルマン社長

この記事のライター

最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。