エアバス社が米国でドローン事業を開始

エアバス社が米国でドローン事業を開始

米国テキサス州ダラス。2017年5月10日、エアバス社(証券取引所シンボル:AIR)は、商業用無人機のスタートアップ企業のAirbus Aerial(エアバス・エアリアル)を設立したと発表した。


画像サービスから物流までを見据えた事業展開

エアバス・エアリアル社による空中からのデータ収集のイメージ

 エアバス・エアリアル社は、ジョージア州アトランタに本社を置き、ジョージア工科大学での研究、連邦航空局(FAA)の連邦政策など12年以上の経験を持つUAS業界の専門家ジェシー・コールマン(Jesse Kallman)氏 、Airwareの商用UAS、AUVSI(無人車両システム国際連合)などの団体の支持を得ている。Kallman氏は、Fortune 500企業、議会のメンバー、FAAとホワイトハウスの上級職員、およびシリコンバレーベンチャーキャピタルの主要グループの役員に対する信頼できるアドバイザーとして働いている。
 エアバス・エアリアル社の初期の事業は、新しい画像サービスの開発になる。このサービスは、ソフトウェアおよび航空宇宙技術を活用して、無人機と衛星と高高度の航空機およびその他の情報源によって提供される情報の実用的なデータおよび分析を提供する。
エアバス防衛宇宙局長のDirk Hoke氏は「我々は、商用の無人航空システム(UAS)業界を発展させるために尽力し、自動車メーカー、データ分析会社、サービス・プロバイダーなどから、データに重点​​を置いたサービスを大規模に提供していきます」と述べ、「UASプラットフォームから衛星画像への統合された資産の組み合わせを使用して、エアバス・エアリアルは幅広い新しい画像サービスを展開します。エアバス・エアリアルのさらなる事業の柱は、貨物無人機サービスの分野にもあります」と展望を語る。
 エアバス・エアリアル・アメリカのジェシー・カルマン社長は「ドローンは私たちの大きな構想の一部に過ぎません」と言い、「エアバス・エアリアルは、無人機や衛星を含むさまざまな航空宇宙技術を共通のソフトウェア基盤上に統合し、業種別の分析を適用して、お客様の最大の課題に合わせたソリューションを提供します」と話す。
 同社の空中画像サービスは、保険、農業、石油・ガス、公益事業、州や地方自治体などの商業産業向けのさまざまなアプリケーションを対象としている。今後は、優秀な人材の登用やサービスを市場に提供するためのパートナーを探していく。

www.airbusaerial.com


エアバスについて

 エアバスは、航空宇宙および関連サービスの世界的企業。2016年には、670億ユーロの収入を得て、約134,000人の従業員を雇用した。エアバスは、100以上から600以上の座席までの最も幅広い種類の旅客機を提供している。また、ヨーロッパ最大の宇宙企業であり、世界で2番目に大きい宇宙ビジネスであるタンカー、戦闘、輸送、ミッション航空機も提供している。ヘリコプターでは、エアバスは世界中で最も効率的な民生用および軍事用のロータークラフトソリューションを提供している。

エアバス・エアリアル・アメリカのジェシー・カルマン社長

この記事のライター

最新の投稿


エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

エンルート、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動! 23日に直営校が千葉・東金で開講!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。