「ドローンスクールジャパン兵庫姫路校」2017年5月29日開 完全屋内型スクール

「ドローンスクールジャパン兵庫姫路校」2017年5月29日開 完全屋内型スクール

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:貝應大介)は、 西日本最大級の屋内飛行場を完備した「ドローンスクールジャパン兵庫姫路校」を5月29日に開校する。開校当日は、 式典のほか、 デモフライトや操縦体験会も開催。


西日本最大級!敷地面積約1,000坪 完全屋内型ドローンスクール

スカイロボットは 一般社団法人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA/読み:ディーパ)に認定されている「ドローンスクールジャパン」を、 東京、 神奈川、 仙台、 静岡、 大阪、 福岡で運営している。
 産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されているが、 急増する需要に対し、 操縦士が不足。 ドローンの潜在市場は、 約15兆円※1と想定され、 トンネルや橋梁、 太陽光パネルなど、 各種施設の点検への利用が始まっており、 実験段階ではありますがドローンを利用した配送サービスに注目が集まっている。
 このような社会背景から同社は、「確かな操縦技術と知識を兼ね備えた操縦士」を育成するため、 西日本最大級の全天候型屋内施設を完備した、 ドローンスクールジャパン兵庫姫路校を5月26日に開校する。
 ドローンスクールジャパン兵庫姫路校は、 総敷地面積約1,000坪の施設で、 西日本最大級の広さを誇り、 今後ますます過熱するドローンの産業利用における様々なニーズに応えることができるドローン操縦士育成施設となる。

 ドローンスクールジャパン兵庫姫路校では、 プラントや太陽光パネルの保守・運用にドローンを導入している現場の「生の声」をドローンスクールにて聞くことができることが特徴となる。
 また、 インフラ点検作業時に、 『SKYCOMBINATION(スカイコンビネーション)』として、 ドローンを活用しているため、 実際の産業利用におけるドローンの効果的な活用方法を、 スクールにて指導していくことが可能となっております。 SKY COMBINATIONとは、太陽光パネル点検に洗浄ロボットとドローンを組み合わせたダブルロボット点検サービスのこと。
 産業利用における基本的な知識と技術を身に付けるための「フライトコース」を中心に、 フライトコース修了者を対象とした実際の現場で求められる技術を身に付ける「ビジネスコース」を展開する。
 実際に太陽光パネル施設に出向き、 点検現場を操縦体験できる『現場体験コース(4時間×4回)』も同時に募集する。

未来の操縦士を育成する充実したカリキュラムを準備

<ドローンスクール講習内容>
ドローンに全く触れたことのない方向けの2日間限定のカリキュラム「フライトコース」では、 円移動や四角移動等、 ドローン操縦士に必要な25種類の技能が2日間で習得できる。 カリキュラムで習得できなかったスキルは、 後日スキルアップコースによって、 習得可能。 また、 「ビジネスコース」では、 プロの操縦士を目指し、 基礎技術が身に付く赤外線カメラ撮影など産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技術が学べるコースとなっている。

<スクール概要>
名称      ドローンスクールジャパン兵庫姫路校
代表      幸長 保之
場所      兵庫県姫路市青山西4丁目4-1
電車でお越しの方: 姫路バイパス 太子東ICから10分 (※駐車場10台あり)
山陽自動車道 姫路西ICから11分
お車でお越しの方: JR山陽本線 姫路駅下車、 バス約21分
営業時間   9:30~18:00
年中無休(年末年始・大型連休を除く)
コース・料金  入会金は不要。
特定コースの修了者はDPAの認定資格を取得することができる。
星の数に応じたカード型の認定を発行。

開校日    2017年5月29日(火)
ホームページ  http://atcl-dsj.com/
お客様からのお問い合わせ先 TEL:079-290-5691 / FAX:079-290-5692

この記事のライター

関連する投稿


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


一般社団法人ドローン操縦士協会が慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアムと「ドローン防災シンポジウム2017」 共催

一般社団法人ドローン操縦士協会が慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアムと「ドローン防災シンポジウム2017」 共催

ドローン操縦技術に関する資格認定事業を行う、一般社団法人ドローン操縦士協会( DPA)は、慶應義塾大学SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアムと防災・災害調査におけるドローンの利活用をテーマにしたシンポジウム「 ドローン防災シンポジウム2017」を7月21日(金)に開催 する。


スカイロボットが太陽光パネルの「故障検出ドローンシステム」の国内特許を取得

スカイロボットが太陽光パネルの「故障検出ドローンシステム」の国内特許を取得

スカイロボット(東京都中央区)が太陽光パネルに対し、ドローン搭載カメラの"角度や距離"を最適に保つために必要とされる特許を取得。アメリカ含む世界24ヶ国にも特許申請中。


PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCあらた有限責任監査法人は、都内で「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制 最新情報~」と題するセミナーを開催した。今年で2回目となる同社のセミナーは、前回を上回る来場者となり産業用ドローンへの注目度の高さが伺われた。


合宿免許対応の「ドローンスクールジャパン岩手金ケ崎校」が6月14日開校 東北最大級の屋内練習場完備

合宿免許対応の「ドローンスクールジャパン岩手金ケ崎校」が6月14日開校 東北最大級の屋内練習場完備

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区)は、 東北最大級の屋内飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン岩手金ヶ崎校』を6月14日、開校。 当日は、 開校式典のほか農薬散布ドローン、 赤外線カメラ搭載ドローンのデモフライト及び操縦体験も実施する。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。