テラドローン・Terra1シリーズ〜圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

テラドローン・Terra1シリーズ〜圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

テラドローン株式会社は、約一年前から協力会社と共同で開発を続けてきた農薬散布用UAVのTerra1シリーズを発表し、農薬散布事業に参入する。日本の農業は、高齢化や労働力不足などの課題を抱え、農薬散布をヘリコプター型のUAVで行う農家が増加している。(DRONE TIMES 田中亘)


小型で軽量かつ低コストな農薬散布ヘリで市場に参入

 農薬散布用UAVのTerra1シリーズの特長について、同社の事業開発部の桒原康史マネージャーは、次のように説明する。
「強味は、圧倒的なコストパフォーマンスです。ヤマハの機体と比較して、1/3の価格を実現しています。その理由は、散布タンクの容量を約1.5ヘクタール分にしたことで、エンジンや機体を小型で軽量に設計できたからです」
 Terra1シリーズは、62ccのガソリンエンジンで駆動し、機体は14.9kgと軽い。対するヤマハの最新モデルは、70kgの重量を390ccのエンジンで飛行させる。ただし、コンパクトな分だけ、散布できるタンクの容量は、ヤマハの24リットルに対して、14リットルと少ない。それでも、約1.5ヘクタールへの散布が可能だ。
 「機体が70kgもあると、大人が二人がかりで持ち運ばなければなりません。それに対して、Terra1は約15kgなので、一人で容易に搬入できます」と桒原氏は小型軽量のメリットを強調する。

自動化よりも現状の制度にそった事業モデルを優先

農薬散布用UAVのTerra1シリーズ
(C)テラドローン

 一方で、農薬散布や精密農業の分野では、マルチコプターによる実証実験を推進している事業者も多い。マルチコプター型であれば、GPSと制御システムを連携させて、将来的には完全な自動航行が可能になる。人件費も含めた価格競争力を考えると、将来的には自動化が強いと思われる。その傾向に対して、桒原氏は日本の農薬散布の現状を分析する。
 「現在の日本で、農薬散布用UAVを飛行させるためには、 一般社団法人農林水産航空協会から認定を受けたオペレーターと、そのオペレーターを補助して的確な誘導を行うナビゲーターの2名による操縦が必要です。また、散布に利用する機体も、飛行時間とペイロード(可搬重量)を考えると、マルチコプターよりもエンジンで駆動するヘリコプターの方が適しているのです」
  一般社団法人農林水産航空協会では、農薬散布に利用するUAVに対して、有人による無線操作を規定している。また、実際の運用においても、操縦するオペレーターと補佐するナビゲーターの存在が不可欠となり、自動化されたUAVを利用するメリットは少ない。加えて、機体の認定や操縦者の資格にも、同協会による審査が必要になる。こうした現状を判断すると、既存の制度に価格競争力のある機体を投入する方が、事業化の利点は多い。その機体となるTerra1は、2リットルのガソリンで約30分の飛行を可能にしている。散布タンクが満タンになると、飛行時間は減少するが、それでも20分以上の飛行は可能となる。代表的なマルチコプターでは、約10kgの積載量で10分の飛行が可能となっているので、比較するとヘリコプター型が有利だ。

再優先の課題はオペレーターの養成とサービス網の整備

(C)テラドローン

 Terra1は、初年度の一年間で100台の販売を予定している。そのために必要となるのは、Terra1を操縦できるオペレーターと機体を整備するためのサービス網の構築になる。
「当社はメーカーとして、Terra1を販売していきます。そのためには、まずTerra1が産業用無人ヘリコプターとして一般社団法人農林水産航空協会 から認定され、日本国内でオペレーターを養成できる認定スクールなどを整備していく必要があります。加えて、販売した機体の保守や修理などを行うサービス網を全国に展開していかなければなりません」と桒原氏は今後に向けた取り組みについて話す。
 Terra1の機体自体は、散布用タンクの代わりに大型カメラなどを取り付けて、空撮などでも利用できる。しかし、当面は農薬散布用UAVとして、ビジネスの基盤を整備していく計画だ。また、自動航行に関しても、現在の制度では不要と判断しているものの、将来的には視野に入れている。
「オペレーターとナビゲーターによる目視での操縦が基本なので、現時点で自動航行の必要はありません。また、エンジンタイプのUAVは、マルチコプターに比べて姿勢制御などが複雑になるため、完全な自動操縦は困難です。しかし、すでに北米のUAV関連企業と協力して、自動航行システムについては、開発と検証を推進していく予定です」と桒原氏。
今後の事業を推進していく桒原氏は、テラドローンに移籍する前に、テラモーターズで電動バイクをアジアに展開してきた実績がある。
 「メガベンチャーを創ることが、当社のミッションです。そのためには、メーカーとして販売網を整備し、数字の実績を出さなければなりません。アジアでの経験を活かして、価格競争力のあるTerra1で日本の農薬散布用UAV市場に挑戦していきます」
Terra1による農薬散布事業は、アジアへの展開も準備中で、精密農業や測量に防災分野への応用なども推進する計画だという。
(DRONE TIMES 田中亘)

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、GPS内蔵対空標識の提供開始 ~現場でのTS測量不要で、大幅な時間・コスト短縮へ~

テラドローン、GPS内蔵対空標識の提供開始 ~現場でのTS測量不要で、大幅な時間・コスト短縮へ~

国内外でドローン(UAV)測量事業を展開するテラドローン株式会社(東京都渋谷区)は2017年2月22日、 オーストラリアのPropeller Aerobotics社と業務提携し、 GPSモジュール内蔵の対空標識であるAeroPointの販売、 及びこれを用いた測量サービスを開始した。


ネオキャリア子会社のネオラボがテラドローンと提携、ドローンを利用した次世代型新サービスの開発に着手

ネオキャリア子会社のネオラボがテラドローンと提携、ドローンを利用した次世代型新サービスの開発に着手

ソフトウェア開発、エンジニアリソースの提供や企画力でサービス創出に貢献 2020年の実用化を目指す


テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始

テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始

国内外でドローン(UAV)測量、 管制システム事業を展開するテラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 2017年2月14日、 太陽光発電関連事業者向けサービスを開始したと発表。


テラドローン、東北地方でのUAV測量サービス拡大へ

テラドローン、東北地方でのUAV測量サービス拡大へ

国内外でドローン(UAV)測量、 管制システム事業を展開するテラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、 2017年2月7日、 宮城県仙台拠点にUAV測量部門の専任者を配置し、 東北支社として強化致した。 レーザーや高精度カメラを活用したドローン測量により、 東北からもCIM/i-Constructionを推進する。


テラドローン、英国の大手固定翼メーカーと戦略的パートナーシップを提携

テラドローン、英国の大手固定翼メーカーと戦略的パートナーシップを提携

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 2017年1月、 イギリスの固定翼型ドローンメーカーQuestUAV社と戦略的提携を無数んだと発表した。 今後QuestUAV社の固定翼機を用いた測量サービス・機体自体の販売・新たな機体の共同開発を行う。


最新の投稿


【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

2 月 23日(木)から 26 日(日)までの 4 日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」 に、DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう)以下、DJI)は、最新ドローンとハンディスタビライザー、そして噂のHASSELBLAD搭載機を展示した。


「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

ドローンの聖地と言われる中国深圳のドローン業界との交流を目的としたフィールドワーク「深圳ドローンフィールドワーク2017」が2017年2月11日から14日までの4日間開催された。


世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

運輸会社のUPSが、フロリダ州のタンパで同社初となるドローンによる配達を行った。同社は昨年9月にも同様のテスト飛行を行っており、その際は医薬品を離島に届けることに成功している。


中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

 中国メディア襄陽日報は11日(現地時間)、湖北省咸陽の国営電力会社が火炎放射機を装着したドローンを用い、電線に付着したゴミなどを焼却していることを報じた。


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

NEDOの『TSC Foresight』セミナーの最後は、「UAVの今まで、UAVのこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われた。日本のドローン産業を牽引するパネラーによるUAVの現状と課題、そして今後に向けた取り組みが語られた。