テラドローン・Terra1シリーズ〜圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

テラドローン・Terra1シリーズ〜圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

テラドローン株式会社は、約一年前から協力会社と共同で開発を続けてきた農薬散布用UAVのTerra1シリーズを発表し、農薬散布事業に参入する。日本の農業は、高齢化や労働力不足などの課題を抱え、農薬散布をヘリコプター型のUAVで行う農家が増加している。(DRONE TIMES 田中亘)


小型で軽量かつ低コストな農薬散布ヘリで市場に参入

 農薬散布用UAVのTerra1シリーズの特長について、同社の事業開発部の桒原康史マネージャーは、次のように説明する。
「強味は、圧倒的なコストパフォーマンスです。ヤマハの機体と比較して、1/3の価格を実現しています。その理由は、散布タンクの容量を約1.5ヘクタール分にしたことで、エンジンや機体を小型で軽量に設計できたからです」
 Terra1シリーズは、62ccのガソリンエンジンで駆動し、機体は14.9kgと軽い。対するヤマハの最新モデルは、70kgの重量を390ccのエンジンで飛行させる。ただし、コンパクトな分だけ、散布できるタンクの容量は、ヤマハの24リットルに対して、14リットルと少ない。それでも、約1.5ヘクタールへの散布が可能だ。
 「機体が70kgもあると、大人が二人がかりで持ち運ばなければなりません。それに対して、Terra1は約15kgなので、一人で容易に搬入できます」と桒原氏は小型軽量のメリットを強調する。

自動化よりも現状の制度にそった事業モデルを優先

農薬散布用UAVのTerra1シリーズ
(C)テラドローン

 一方で、農薬散布や精密農業の分野では、マルチコプターによる実証実験を推進している事業者も多い。マルチコプター型であれば、GPSと制御システムを連携させて、将来的には完全な自動航行が可能になる。人件費も含めた価格競争力を考えると、将来的には自動化が強いと思われる。その傾向に対して、桒原氏は日本の農薬散布の現状を分析する。
 「現在の日本で、農薬散布用UAVを飛行させるためには、 一般社団法人農林水産航空協会から認定を受けたオペレーターと、そのオペレーターを補助して的確な誘導を行うナビゲーターの2名による操縦が必要です。また、散布に利用する機体も、飛行時間とペイロード(可搬重量)を考えると、マルチコプターよりもエンジンで駆動するヘリコプターの方が適しているのです」
  一般社団法人農林水産航空協会では、農薬散布に利用するUAVに対して、有人による無線操作を規定している。また、実際の運用においても、操縦するオペレーターと補佐するナビゲーターの存在が不可欠となり、自動化されたUAVを利用するメリットは少ない。加えて、機体の認定や操縦者の資格にも、同協会による審査が必要になる。こうした現状を判断すると、既存の制度に価格競争力のある機体を投入する方が、事業化の利点は多い。その機体となるTerra1は、2リットルのガソリンで約30分の飛行を可能にしている。散布タンクが満タンになると、飛行時間は減少するが、それでも20分以上の飛行は可能となる。代表的なマルチコプターでは、約10kgの積載量で10分の飛行が可能となっているので、比較するとヘリコプター型が有利だ。

再優先の課題はオペレーターの養成とサービス網の整備

(C)テラドローン

 Terra1は、初年度の一年間で100台の販売を予定している。そのために必要となるのは、Terra1を操縦できるオペレーターと機体を整備するためのサービス網の構築になる。
「当社はメーカーとして、Terra1を販売していきます。そのためには、まずTerra1が産業用無人ヘリコプターとして一般社団法人農林水産航空協会 から認定され、日本国内でオペレーターを養成できる認定スクールなどを整備していく必要があります。加えて、販売した機体の保守や修理などを行うサービス網を全国に展開していかなければなりません」と桒原氏は今後に向けた取り組みについて話す。
 Terra1の機体自体は、散布用タンクの代わりに大型カメラなどを取り付けて、空撮などでも利用できる。しかし、当面は農薬散布用UAVとして、ビジネスの基盤を整備していく計画だ。また、自動航行に関しても、現在の制度では不要と判断しているものの、将来的には視野に入れている。
「オペレーターとナビゲーターによる目視での操縦が基本なので、現時点で自動航行の必要はありません。また、エンジンタイプのUAVは、マルチコプターに比べて姿勢制御などが複雑になるため、完全な自動操縦は困難です。しかし、すでに北米のUAV関連企業と協力して、自動航行システムについては、開発と検証を推進していく予定です」と桒原氏。
今後の事業を推進していく桒原氏は、テラドローンに移籍する前に、テラモーターズで電動バイクをアジアに展開してきた実績がある。
 「メガベンチャーを創ることが、当社のミッションです。そのためには、メーカーとして販売網を整備し、数字の実績を出さなければなりません。アジアでの経験を活かして、価格競争力のあるTerra1で日本の農薬散布用UAV市場に挑戦していきます」
Terra1による農薬散布事業は、アジアへの展開も準備中で、精密農業や測量に防災分野への応用なども推進する計画だという。
(DRONE TIMES 田中亘)

この記事のライター

関連する投稿


産業用ドローンに特化したオンラインストア「TERRA STORE」をオープン プロに相談しながら産業向けドローンの購入が可能

産業用ドローンに特化したオンラインストア「TERRA STORE」をオープン プロに相談しながら産業向けドローンの購入が可能

テラドローン株式会社は、ドローンの機体並びにドローン関連商品を販売するテラドローン公式オンラインストア「TERRA STORE」を、24月26日付けでオープンした。


テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

4月10日。テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下「テラドローン」)とセハン測器(本社:釜山広域市中区、代表:鄭世鎮)は、韓国・釜山にある荒嶺山にて、韓国初となるUAV3 次元レーザー計測を実施したと発表した。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

3月15日。NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界初となる、第4世代の高速通信規格 (4G LTE)を活用して、複数のドローンを自律飛行させる警備の実証実験をメディアに公開した。


9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

 世界各国のドローン企業を業種別に網羅した業界地図の作成で知られるドイツの調査会社、Drone Indusry Insight社(DRONEII)は、ドローンのサービスを提供するDaaS企業の「TOP20ドローン・サービス・プロバイダー・ランキング2018」を発表した。日本からテラドローン株式会社が9位に入った。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。