テラドローン・Terra1シリーズ〜圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

テラドローン・Terra1シリーズ〜圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

テラドローン株式会社は、約一年前から協力会社と共同で開発を続けてきた農薬散布用UAVのTerra1シリーズを発表し、農薬散布事業に参入する。日本の農業は、高齢化や労働力不足などの課題を抱え、農薬散布をヘリコプター型のUAVで行う農家が増加している。(DRONE TIMES 田中亘)


小型で軽量かつ低コストな農薬散布ヘリで市場に参入

 農薬散布用UAVのTerra1シリーズの特長について、同社の事業開発部の桒原康史マネージャーは、次のように説明する。
「強味は、圧倒的なコストパフォーマンスです。ヤマハの機体と比較して、1/3の価格を実現しています。その理由は、散布タンクの容量を約1.5ヘクタール分にしたことで、エンジンや機体を小型で軽量に設計できたからです」
 Terra1シリーズは、62ccのガソリンエンジンで駆動し、機体は14.9kgと軽い。対するヤマハの最新モデルは、70kgの重量を390ccのエンジンで飛行させる。ただし、コンパクトな分だけ、散布できるタンクの容量は、ヤマハの24リットルに対して、14リットルと少ない。それでも、約1.5ヘクタールへの散布が可能だ。
 「機体が70kgもあると、大人が二人がかりで持ち運ばなければなりません。それに対して、Terra1は約15kgなので、一人で容易に搬入できます」と桒原氏は小型軽量のメリットを強調する。

自動化よりも現状の制度にそった事業モデルを優先

農薬散布用UAVのTerra1シリーズ
(C)テラドローン

 一方で、農薬散布や精密農業の分野では、マルチコプターによる実証実験を推進している事業者も多い。マルチコプター型であれば、GPSと制御システムを連携させて、将来的には完全な自動航行が可能になる。人件費も含めた価格競争力を考えると、将来的には自動化が強いと思われる。その傾向に対して、桒原氏は日本の農薬散布の現状を分析する。
 「現在の日本で、農薬散布用UAVを飛行させるためには、 一般社団法人農林水産航空協会から認定を受けたオペレーターと、そのオペレーターを補助して的確な誘導を行うナビゲーターの2名による操縦が必要です。また、散布に利用する機体も、飛行時間とペイロード(可搬重量)を考えると、マルチコプターよりもエンジンで駆動するヘリコプターの方が適しているのです」
  一般社団法人農林水産航空協会では、農薬散布に利用するUAVに対して、有人による無線操作を規定している。また、実際の運用においても、操縦するオペレーターと補佐するナビゲーターの存在が不可欠となり、自動化されたUAVを利用するメリットは少ない。加えて、機体の認定や操縦者の資格にも、同協会による審査が必要になる。こうした現状を判断すると、既存の制度に価格競争力のある機体を投入する方が、事業化の利点は多い。その機体となるTerra1は、2リットルのガソリンで約30分の飛行を可能にしている。散布タンクが満タンになると、飛行時間は減少するが、それでも20分以上の飛行は可能となる。代表的なマルチコプターでは、約10kgの積載量で10分の飛行が可能となっているので、比較するとヘリコプター型が有利だ。

再優先の課題はオペレーターの養成とサービス網の整備

(C)テラドローン

 Terra1は、初年度の一年間で100台の販売を予定している。そのために必要となるのは、Terra1を操縦できるオペレーターと機体を整備するためのサービス網の構築になる。
「当社はメーカーとして、Terra1を販売していきます。そのためには、まずTerra1が産業用無人ヘリコプターとして一般社団法人農林水産航空協会 から認定され、日本国内でオペレーターを養成できる認定スクールなどを整備していく必要があります。加えて、販売した機体の保守や修理などを行うサービス網を全国に展開していかなければなりません」と桒原氏は今後に向けた取り組みについて話す。
 Terra1の機体自体は、散布用タンクの代わりに大型カメラなどを取り付けて、空撮などでも利用できる。しかし、当面は農薬散布用UAVとして、ビジネスの基盤を整備していく計画だ。また、自動航行に関しても、現在の制度では不要と判断しているものの、将来的には視野に入れている。
「オペレーターとナビゲーターによる目視での操縦が基本なので、現時点で自動航行の必要はありません。また、エンジンタイプのUAVは、マルチコプターに比べて姿勢制御などが複雑になるため、完全な自動操縦は困難です。しかし、すでに北米のUAV関連企業と協力して、自動航行システムについては、開発と検証を推進していく予定です」と桒原氏。
今後の事業を推進していく桒原氏は、テラドローンに移籍する前に、テラモーターズで電動バイクをアジアに展開してきた実績がある。
 「メガベンチャーを創ることが、当社のミッションです。そのためには、メーカーとして販売網を整備し、数字の実績を出さなければなりません。アジアでの経験を活かして、価格競争力のあるTerra1で日本の農薬散布用UAV市場に挑戦していきます」
Terra1による農薬散布事業は、アジアへの展開も準備中で、精密農業や測量に防災分野への応用なども推進する計画だという。
(DRONE TIMES 田中亘)

この記事のライター

関連する投稿


KDDIとテラドローン「4G LTE運航管理システム」開発を完了

KDDIとテラドローン「4G LTE運航管理システム」開発を完了

KDDI株式会社 (本社: 東京都、代表取締役社長: 田中孝司、以下KDDI) は24日、ドローン 事業を展開するテラドローン株式会社 (本社: 東京都、社長: 徳重 徹/以下、テラドローン) と共同で、「4G LTE運航管理システム」の開発を完了したと発表した。


テラドローン、 ドローン専用画像処理ソフト「Terra Mapper」β版をリリース

テラドローン、 ドローン専用画像処理ソフト「Terra Mapper」β版をリリース

国内外でドローン(UAV)計測事業を展開するテラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン専用の画像処理ソフト“Terra Mapper” のβ版をリリースした。


テラドローン、建設・測量業者向けに UAV 測量 トレーニング事業開始

テラドローン、建設・測量業者向けに UAV 測量 トレーニング事業開始

国内外でドローン(以下 UAV)測量事業を展開するテラドローン株式会社(東京都 渋谷区)は、2017 年 3 月、i-Construction 普及の更 なる加速を図るため、建設・測量業者を対象とし土木測量に特化したトレーニング事業 (OJT/セミナー)を開始した。当初は先進的な取り組みが 進んでいる中部地方にて実施。


テラドローン、広島県に中国支社設立  ~UAV レーザー測量活用で、メガソーラー建設等にも対応~

テラドローン、広島県に中国支社設立  ~UAV レーザー測量活用で、メガソーラー建設等にも対応~

国内外でドローン(UAV)測量事業を展開するテラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、2017年2月、広島県広島市東区に中国支社を設立した。今後、中国地方における CIM/i-Construction への対応強化に加え、UAV レーザー測量を活用したメガソーラー建設への対応も強化していく。


テラドローン、GPS内蔵対空標識の提供開始 ~現場でのTS測量不要で、大幅な時間・コスト短縮へ~

テラドローン、GPS内蔵対空標識の提供開始 ~現場でのTS測量不要で、大幅な時間・コスト短縮へ~

国内外でドローン(UAV)測量事業を展開するテラドローン株式会社(東京都渋谷区)は2017年2月22日、 オーストラリアのPropeller Aerobotics社と業務提携し、 GPSモジュール内蔵の対空標識であるAeroPointの販売、 及びこれを用いた測量サービスを開始した。


最新の投稿


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


 ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都、代表取締役社長:出村太晋)は、ドローンの離発着から充電にデータリンクまでを完全自動で実現するDRONEBOXというドローン基地を提供する。そのソリューションの概要と将来性を同社の出村氏に聞いた。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。