テラドローン・Terra1シリーズ〜圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

テラドローン・Terra1シリーズ〜圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

テラドローン株式会社は、約一年前から協力会社と共同で開発を続けてきた農薬散布用UAVのTerra1シリーズを発表し、農薬散布事業に参入する。日本の農業は、高齢化や労働力不足などの課題を抱え、農薬散布をヘリコプター型のUAVで行う農家が増加している。(DRONE TIMES 田中亘)


小型で軽量かつ低コストな農薬散布ヘリで市場に参入

 農薬散布用UAVのTerra1シリーズの特長について、同社の事業開発部の桒原康史マネージャーは、次のように説明する。
「強味は、圧倒的なコストパフォーマンスです。ヤマハの機体と比較して、1/3の価格を実現しています。その理由は、散布タンクの容量を約1.5ヘクタール分にしたことで、エンジンや機体を小型で軽量に設計できたからです」
 Terra1シリーズは、62ccのガソリンエンジンで駆動し、機体は14.9kgと軽い。対するヤマハの最新モデルは、70kgの重量を390ccのエンジンで飛行させる。ただし、コンパクトな分だけ、散布できるタンクの容量は、ヤマハの24リットルに対して、14リットルと少ない。それでも、約1.5ヘクタールへの散布が可能だ。
 「機体が70kgもあると、大人が二人がかりで持ち運ばなければなりません。それに対して、Terra1は約15kgなので、一人で容易に搬入できます」と桒原氏は小型軽量のメリットを強調する。

自動化よりも現状の制度にそった事業モデルを優先

農薬散布用UAVのTerra1シリーズ
(C)テラドローン

 一方で、農薬散布や精密農業の分野では、マルチコプターによる実証実験を推進している事業者も多い。マルチコプター型であれば、GPSと制御システムを連携させて、将来的には完全な自動航行が可能になる。人件費も含めた価格競争力を考えると、将来的には自動化が強いと思われる。その傾向に対して、桒原氏は日本の農薬散布の現状を分析する。
 「現在の日本で、農薬散布用UAVを飛行させるためには、 一般社団法人農林水産航空協会から認定を受けたオペレーターと、そのオペレーターを補助して的確な誘導を行うナビゲーターの2名による操縦が必要です。また、散布に利用する機体も、飛行時間とペイロード(可搬重量)を考えると、マルチコプターよりもエンジンで駆動するヘリコプターの方が適しているのです」
  一般社団法人農林水産航空協会では、農薬散布に利用するUAVに対して、有人による無線操作を規定している。また、実際の運用においても、操縦するオペレーターと補佐するナビゲーターの存在が不可欠となり、自動化されたUAVを利用するメリットは少ない。加えて、機体の認定や操縦者の資格にも、同協会による審査が必要になる。こうした現状を判断すると、既存の制度に価格競争力のある機体を投入する方が、事業化の利点は多い。その機体となるTerra1は、2リットルのガソリンで約30分の飛行を可能にしている。散布タンクが満タンになると、飛行時間は減少するが、それでも20分以上の飛行は可能となる。代表的なマルチコプターでは、約10kgの積載量で10分の飛行が可能となっているので、比較するとヘリコプター型が有利だ。

再優先の課題はオペレーターの養成とサービス網の整備

(C)テラドローン

 Terra1は、初年度の一年間で100台の販売を予定している。そのために必要となるのは、Terra1を操縦できるオペレーターと機体を整備するためのサービス網の構築になる。
「当社はメーカーとして、Terra1を販売していきます。そのためには、まずTerra1が産業用無人ヘリコプターとして一般社団法人農林水産航空協会 から認定され、日本国内でオペレーターを養成できる認定スクールなどを整備していく必要があります。加えて、販売した機体の保守や修理などを行うサービス網を全国に展開していかなければなりません」と桒原氏は今後に向けた取り組みについて話す。
 Terra1の機体自体は、散布用タンクの代わりに大型カメラなどを取り付けて、空撮などでも利用できる。しかし、当面は農薬散布用UAVとして、ビジネスの基盤を整備していく計画だ。また、自動航行に関しても、現在の制度では不要と判断しているものの、将来的には視野に入れている。
「オペレーターとナビゲーターによる目視での操縦が基本なので、現時点で自動航行の必要はありません。また、エンジンタイプのUAVは、マルチコプターに比べて姿勢制御などが複雑になるため、完全な自動操縦は困難です。しかし、すでに北米のUAV関連企業と協力して、自動航行システムについては、開発と検証を推進していく予定です」と桒原氏。
今後の事業を推進していく桒原氏は、テラドローンに移籍する前に、テラモーターズで電動バイクをアジアに展開してきた実績がある。
 「メガベンチャーを創ることが、当社のミッションです。そのためには、メーカーとして販売網を整備し、数字の実績を出さなければなりません。アジアでの経験を活かして、価格競争力のあるTerra1で日本の農薬散布用UAV市場に挑戦していきます」
Terra1による農薬散布事業は、アジアへの展開も準備中で、精密農業や測量に防災分野への応用なども推進する計画だという。
(DRONE TIMES 田中亘)

この記事のライター

関連する投稿


KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:田中孝司)と テラドローン株式会社 (本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:徳重 徹)、は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)の「ロボット・ドローンが 活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に採択されたと発表した。


スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

株式会社スカイマティクス(以下「当社」)は、高性能農薬散布ドローンX-F1と専用クラウドサービスをセットにした農薬散布クラウドサービス「はかせ」、及び高性能測量ドローンX-S1と専用クラウドサービスをセットにした葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売を5月31日より開始します。


テラドローン、北海道支社・道東営業所を設立〜北海道の事業を強化

テラドローン、北海道支社・道東営業所を設立〜北海道の事業を強化

テラドローン株式会社(本社:東京 代表取締役:徳重 徹)は、札幌市中央区に北海道支社と北見市に道東営業所をを設立したと発表した。同社の国内支社は仙台、名古屋、広島、福岡に続き、5支社目の設立となり、全国展開および北海道の事業強化をしていくことになる。


テラドローン、メガソーラー事業者向けの3次元UAVレーザー計測・CIMモデリング業務を強化

テラドローン、メガソーラー事業者向けの3次元UAVレーザー計測・CIMモデリング業務を強化

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、 社長:徳重 徹/以下、 テラドローン)は、 太陽光発電関連事業者向けの新たな主力サービスとして、 かねてより注力していた山間部での3次元レーザー計測に加え、 今後は計測後のCIMモデリング分野にも注力していく。


テラドローン、業界初レーザー搭載型固定翼無人機「Terra Powerlifter」の開発 UAVレーザー三次元計測事業を強化

テラドローン、業界初レーザー搭載型固定翼無人機「Terra Powerlifter」の開発 UAVレーザー三次元計測事業を強化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 Riegl社製レーザー搭載の固定翼無人機「Terra Powerlifter」開発した。 すでに対応済みのVelodyne社製レーザーと使い分けることで、 高精度な測量が必要顧客のニーズにも対応可能となる。


最新の投稿


エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。