固定翼型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot Disco)」9月発売

固定翼型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot Disco)」9月発売

ドローンメーカーのParrotが固定翼型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot DISCO)」を9月に発売すると発表した。1月のCES 2016で披露された機体が、実機として製品化され登場することとなった。


 Parrot社は固定翼機型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot Disco)」を9月に発売すると発表した。パロット・ディスコは今年1月の米国で開催されたCES 2016で展示され注目を集めたが、早くも実機として登場することとなった。
 「パロット・ディスコ(Parrot DISCO)」の第一印象はアニメの「風の谷のナウシカ」の主人公が乗っていたメーヴェだ。

 推進力は多数のプロペラを持つマルチコプターとは違い、本体の後部に搭載したプロペラで飛行する。飛行速度は最大50マイル/h(約80km/h)で、24マイル/h(約39km/h)の風に耐えるられる。内蔵バッテリーによる飛行時間は最長で45分とドローンとしては長時間の飛行が可能となっている。
 機体正面には14メガピクセルの広角フルHDのカメラが搭載されており、内蔵した32GBのストレージに高画質の写真と動画を保存できる。また飛行中のライブ映像をストリーミングし、付属のゴーグル「Parrot Cockpitglasses」を通して自分がドローンに乗っているかのような臨場感ある操縦を楽しむことができる。オートパイロット機能、離着陸自動制御もあり、「Parrot Skycontroller 2」のジョイスティックでスピード調整から旋回まで簡単に操作できる

 DISCOの価格はFPV操作用のCockpitglassesとコントローラーの「Parrot Skycontroller 2」が付属して1,299ドル(約13万円)。

離陸はフリスビーのようにポンと機体を投げる。
離着陸は自動制御されている。

Parrot Skycontroller2はシンプルかつ強力。

機体前面には14メガピクセルの広角フルHDカメラを装備。32ギガバイトのメモリを使用して、高品質の空中ショットを記録できる

付属するゴーグルのParrot Cockpitglasses。
装着すると自分が操縦席に座っているような感覚になる。

広角フルHDのライブ映像をストリーミングし、Cockpitglassesを通して自分がドローンに乗っているかのような臨場感ある操縦ができる。

2機での飛行も簡単。

発売は9月を予定、価格は1299ドル。

この製品の詳細はこちら…

この記事のライター

関連する投稿


Parrot DiscoがPaparazzi (パパラッチ)UAVによる自動飛行に初成功

Parrot DiscoがPaparazzi (パパラッチ)UAVによる自動飛行に初成功

2017年2月24日。フランスの国立民間航空学院(Enac)は、youtubeにPaparazzi UAVを搭載したParrot Discoが、自動飛行に成功した様子を投稿した。(田中亘)


米ラスベガスで「CES 2017」開幕 ドローンの新製品にも注目

米ラスベガスで「CES 2017」開幕 ドローンの新製品にも注目

 世界最大規模のコンシューマーエレクトロニクスの展示会「CES 2017」が今週、米ラスベガスで開催される。今年はどのような最新ガジェットが発表されるのだろうか。


固定翼ドローン「Disco」を飛ばしてみた〜まるでナウシカの“メーヴェ”

固定翼ドローン「Disco」を飛ばしてみた〜まるでナウシカの“メーヴェ”

 仏Parrotがこのほど発売した「Disco」は、最高時速80km、最長飛行時間45分をうたう新型固定翼ドローンだ。筆者は運良くParrot Discoを飛ばす機会を得ることができたので、Discoの特筆すべき点と注意点をまとめてみた。


Parrotが10月15日に「Parrot Disco」「Bebop 2 FPVパック」など新製品の発売を開始

Parrotが10月15日に「Parrot Disco」「Bebop 2 FPVパック」など新製品の発売を開始

仏Parrot が9月に発表した新型ドローン「Parrot Disco」、「Bebop 2 FPVパック」、ミニドローン「Parrot Mambo」および「Parrot Swing」の発売日が10月15日(土)に決定した。全国の家電量販店及びオンラインストアにて販売を開始する。


最新の投稿


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。