固定翼型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot Disco)」9月発売

固定翼型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot Disco)」9月発売

ドローンメーカーのParrotが固定翼型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot DISCO)」を9月に発売すると発表した。1月のCES 2016で披露された機体が、実機として製品化され登場することとなった。


 Parrot社は固定翼機型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot Disco)」を9月に発売すると発表した。パロット・ディスコは今年1月の米国で開催されたCES 2016で展示され注目を集めたが、早くも実機として登場することとなった。
 「パロット・ディスコ(Parrot DISCO)」の第一印象はアニメの「風の谷のナウシカ」の主人公が乗っていたメーヴェだ。

 推進力は多数のプロペラを持つマルチコプターとは違い、本体の後部に搭載したプロペラで飛行する。飛行速度は最大50マイル/h(約80km/h)で、24マイル/h(約39km/h)の風に耐えるられる。内蔵バッテリーによる飛行時間は最長で45分とドローンとしては長時間の飛行が可能となっている。
 機体正面には14メガピクセルの広角フルHDのカメラが搭載されており、内蔵した32GBのストレージに高画質の写真と動画を保存できる。また飛行中のライブ映像をストリーミングし、付属のゴーグル「Parrot Cockpitglasses」を通して自分がドローンに乗っているかのような臨場感ある操縦を楽しむことができる。オートパイロット機能、離着陸自動制御もあり、「Parrot Skycontroller 2」のジョイスティックでスピード調整から旋回まで簡単に操作できる

 DISCOの価格はFPV操作用のCockpitglassesとコントローラーの「Parrot Skycontroller 2」が付属して1,299ドル(約13万円)。

離陸はフリスビーのようにポンと機体を投げる。
離着陸は自動制御されている。

Parrot Skycontroller2はシンプルかつ強力。

機体前面には14メガピクセルの広角フルHDカメラを装備。32ギガバイトのメモリを使用して、高品質の空中ショットを記録できる

付属するゴーグルのParrot Cockpitglasses。
装着すると自分が操縦席に座っているような感覚になる。

広角フルHDのライブ映像をストリーミングし、Cockpitglassesを通して自分がドローンに乗っているかのような臨場感ある操縦ができる。

2機での飛行も簡単。

発売は9月を予定、価格は1299ドル。

この製品の詳細はこちら…

この記事のライター

関連する投稿


米ラスベガスで「CES 2017」開幕 ドローンの新製品にも注目

米ラスベガスで「CES 2017」開幕 ドローンの新製品にも注目

 世界最大規模のコンシューマーエレクトロニクスの展示会「CES 2017」が今週、米ラスベガスで開催される。今年はどのような最新ガジェットが発表されるのだろうか。


固定翼ドローン「Disco」を飛ばしてみた〜まるでナウシカの“メーヴェ”

固定翼ドローン「Disco」を飛ばしてみた〜まるでナウシカの“メーヴェ”

 仏Parrotがこのほど発売した「Disco」は、最高時速80km、最長飛行時間45分をうたう新型固定翼ドローンだ。筆者は運良くParrot Discoを飛ばす機会を得ることができたので、Discoの特筆すべき点と注意点をまとめてみた。


Parrotが10月15日に「Parrot Disco」「Bebop 2 FPVパック」など新製品の発売を開始

Parrotが10月15日に「Parrot Disco」「Bebop 2 FPVパック」など新製品の発売を開始

仏Parrot が9月に発表した新型ドローン「Parrot Disco」、「Bebop 2 FPVパック」、ミニドローン「Parrot Mambo」および「Parrot Swing」の発売日が10月15日(土)に決定した。全国の家電量販店及びオンラインストアにて販売を開始する。


最新の投稿


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS株式会社(エムソリューションズ株式会社、 本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:佐藤 光浩、 以下M-SOL)は、 この度、 簡単にドローンの活用を支援するM-SOLのオリジナルサービス「Smart at drone(スマートアットドローン)」の提供を本日より開始すると発表した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

本セミナーの内容を正しくご理解してもらうことで、ユーザーが実際に国土交通省とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートする。


【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

 福島県田村市の県立船引高等学校(伊豆幸男校長)2年生、石井新一さん(写真中央)が、慶應大学が指導する「ドローン特別講座」に参加した感想を、日記にまとめてくれました。昨年12月にスタートした講座は、現在、基礎練習から、空撮、レース、地域課題解決に分かれ、専門のトレーニングにさしかかっています。