水中ドローンのPowerRayが熱海で日本初の潜水

水中ドローンのPowerRayが熱海で日本初の潜水

消費者向けのロボッティクス製品やサービスをグローバルに展開するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、熱海で水中ドローンPowerRayの体験会を6月28日に開催した。


販売代理店や釣具店などが参加した体験会

PowerRayを手にするTony Zhang(トニー・チャン)氏

 水中ドローンPowerRayの体験会には、報道関係者だけではなく、国内でドローンの販売を手がける代理店や釣具店などが参加した。当日は、あいにくの空模様だったが、アジアパシフィック統括するゼネラルマネージャーのTony Zhang(トニー・チャン)氏はPowerRayの特長について説明して、熱海港の桟橋で簡単なデモンストレーションを行った。参加者も実際にコントローラーを手にして、PowerRayを潜水させ水中の様子をスマートフォンの画面で確認したり、VRグラスを使って仮想体験を楽しんだ。続いて、参加者はチャーターされた釣り船に乗り、海岸から数キロメートルの沖合いでPowerRayを潜水させた。桟橋の浅瀬とは違い、自由に移動できる海中でPowerRayは高速に移動したり、海底のサンゴの様子などを映し出して見せる。PowerRayの基本的な操作は、飛行用ドローンのモード2と同じ規格になっている。右側のスティックで前後と左右の移動を、左側のスティックで潜水と浮上に回転の操作ができる。実際に操縦してみると、数分もあれば簡単な潜水や移動は習得できると感じた。ただ、飛行用ドローンでは主に左スティックを奥に倒して「浮上」させる操作を最初に行うが、水中ドローンのPowerRayでは、最初に左スティックを手前に倒して「潜水」させるため、不思議な感覚だった。空と違って潜水してしまうと、機体がどこにあるのか探すのが困難になるが、慣れてくればモニタ映像を見ながら自由に海中を移動できるようになる。もしも見失ってしまっても、本体を浮上させればケーブルを辿って本体を確実に発見できる。墜落などの心配がないので、初心者でも安心して楽しめる水中ドローンだ。

PowerRay本体とベースステーションにケーブルとVRゴーグル

桟橋で操作するマーケティングマネージャーのChris Song(クリス・ソー)氏

VRグラスで熱海の海底を仮想潜水

沖合いでPowerRayの潜水を体験

 PowerRayの基本的な仕組みは、本体とケーブルで接続されたベースステーションを介して、コントローラーで水中の本体を操作する。ベースステーションには、WiFiでスマートフォンやタブレットでアクセスして、PowerRayのカメラの映像をモニタリングしたり、魚群探知機のデータ確認できる。Vision+というアプリをiPhoneやAndroid端末にインストールすると、カメラの映像をリアルタイムでモニタできる。またPowerRayの最上位モデルには、スマートフォンをセットして楽しめるVRグラスが付属している。このVRグラスにアプリをインストールしたスマートフォンをセットすると、まるで海底を潜水しているような仮想体験ができる。PowerRayは30mまで潜航できる性能を備えているが、あまり深くまで潜ると本体のライトだけでは海中の様子を映し出せなくなる。反対に、天気が良くて水の透明度も高ければ、かなりの深度まで潜航しても仮想潜水を楽しめる。また、スマートフォンでモニタできる映像は、1920x1080のフルHD解像度までだが、本体に搭載されているメモリには、4K動画を記録できる。体験会でも、海底のサンゴや小魚などが泳ぐ様子がカメラに記録された。

PowerRayの水中カメラからの映像を頼りに操縦するTony Zhang(トニー・チャン)氏

体験会で得られた意見は来年の新モデルに反映させていく

ルアーを海中に沈める株式会社ヤマリアの石田哲也氏

 体験会に参加した釣具を開発している株式会社ヤマリアの石田哲也氏は、自社製のルアーを船上からキャストして、水中でPowerRayのカメラで映し出せるかどうかを確かめていた。石田氏は「水中撮影に使うとなると、4時間のバッテリーでも少し足りない」と話しつつも「東京に戻ったら、すぐにPowerRayを注文します」と話していた。また関西圏を中心に釣具店を展開しているアサヒレジャー株式会社の伊藤通氏は「前方だけではなく、水面下もモニタできるカメラがあると、もっと便利に使えそう」と感想を述べた。この意見に対して、マーケティングマネージャーのChris Song(クリス・ソー)氏は「カメラやGPSの搭載なども含めて、体験会やユーザーからの意見を聞いて、来年の秋ごろを予定している次期モデルに反映させたい」と話す。
 欧米ではマリンスポーツを楽しむ人たちを中心に、数十万台の受注を処理しているというPowerRayだが、シンガポールの海洋大学では珊瑚の検査などに利用されている。日本でも、研究機関からPowerRayによる海洋や湖水の調査に関する相談が寄せられ、ホビーだけではなく産業や研究分野での導入も進んでいるという。欧米でのバックオーダーの関係から、当初は6月に計画されていた日本向けの出荷は、7月の中旬以降から開始される予定。

VRグラスを装着して操作するChris Song(クリス・ソー)氏

ソナーの画像をスマートフォンでモニタできる

この記事のライター

関連する投稿


 「PowerRay」「PowerEgg」が価格改定で値下げ

「PowerRay」「PowerEgg」が価格改定で値下げ

中国の商業用ドローンの開発・販売を手掛けるパワービジョンの日本法人 臻廸(しんてき)日本株式会社(所在地:東京都多摩市、代表:王 珈瑶)は、2018年10月19日より一部商品を除き、現行製品の価格を改定した。


FullDepの水中ドローンが火山性ガスの噴気孔「たぎり」の撮影・映像のリアルタイム配信成功 「バーチャル海底旅行」へ事業展開も

FullDepの水中ドローンが火山性ガスの噴気孔「たぎり」の撮影・映像のリアルタイム配信成功 「バーチャル海底旅行」へ事業展開も

株式会社FullDepthは、鹿児島県・錦江湾の海底火山域において、自社開発の小型水中ドローン(ROV)の試験潜行を2018年9月19日〜20日、実施し,火山性熱水噴気活動「たぎり」の撮影にも成功した。


5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

CFD販売の開催した水中ドローンのお披露目会で、最大の目玉となった機種が、GLADIUS mini。4K Ultra HDカメラを採用し、±45°のチルトロックや水圧センサーによる水深ロックモードなど、水中の点検や探索に効果的なインテリジェント機能を備える。


中国のテレビ局でも採用している高画質が魅力の水中ドローンFIFISH P3

中国のテレビ局でも採用している高画質が魅力の水中ドローンFIFISH P3

FIFISH P3は、 1インチのSONY製CMOSセンサーにより、4Kで水中の美しい瞬間を捉える。中国では、テレビ局でも水中撮影用の機材として採用する高画質が魅力の水中ドローン。


水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

CFD販売株式会社(名古屋市中区)は、 法人向けから個人用途向けまで幅広いラインナップを取り揃えた水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」をオープンした。


最新の投稿


ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)は、第2回セミナー「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」を1月30日に東京都品川区のきゅりあん 1F 小ホール(品川区立総合区民会館)で開催。


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。


スカイシーカーと和郷が農薬散布ドローンの教育コンテンツ開発・自律飛行実証実験・ドローン用農薬研究開発で業務提携合意

スカイシーカーと和郷が農薬散布ドローンの教育コンテンツ開発・自律飛行実証実験・ドローン用農薬研究開発で業務提携合意

国土交通省認定のドローン管理団体「Sky Seeker Academy(スカイシーカーアカデミー)」を運営する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)と株式会社和郷(千葉県香取市 )が、 業務提携に合意した。