水中ドローンのPowerRayが熱海で日本初の潜水

水中ドローンのPowerRayが熱海で日本初の潜水

消費者向けのロボッティクス製品やサービスをグローバルに展開するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、熱海で水中ドローンPowerRayの体験会を6月28日に開催した。


販売代理店や釣具店などが参加した体験会

PowerRayを手にするTony Zhang(トニー・チャン)氏

 水中ドローンPowerRayの体験会には、報道関係者だけではなく、国内でドローンの販売を手がける代理店や釣具店などが参加した。当日は、あいにくの空模様だったが、アジアパシフィック統括するゼネラルマネージャーのTony Zhang(トニー・チャン)氏はPowerRayの特長について説明して、熱海港の桟橋で簡単なデモンストレーションを行った。参加者も実際にコントローラーを手にして、PowerRayを潜水させ水中の様子をスマートフォンの画面で確認したり、VRグラスを使って仮想体験を楽しんだ。続いて、参加者はチャーターされた釣り船に乗り、海岸から数キロメートルの沖合いでPowerRayを潜水させた。桟橋の浅瀬とは違い、自由に移動できる海中でPowerRayは高速に移動したり、海底のサンゴの様子などを映し出して見せる。PowerRayの基本的な操作は、飛行用ドローンのモード2と同じ規格になっている。右側のスティックで前後と左右の移動を、左側のスティックで潜水と浮上に回転の操作ができる。実際に操縦してみると、数分もあれば簡単な潜水や移動は習得できると感じた。ただ、飛行用ドローンでは主に左スティックを奥に倒して「浮上」させる操作を最初に行うが、水中ドローンのPowerRayでは、最初に左スティックを手前に倒して「潜水」させるため、不思議な感覚だった。空と違って潜水してしまうと、機体がどこにあるのか探すのが困難になるが、慣れてくればモニタ映像を見ながら自由に海中を移動できるようになる。もしも見失ってしまっても、本体を浮上させればケーブルを辿って本体を確実に発見できる。墜落などの心配がないので、初心者でも安心して楽しめる水中ドローンだ。

PowerRay本体とベースステーションにケーブルとVRゴーグル

桟橋で操作するマーケティングマネージャーのChris Song(クリス・ソー)氏

VRグラスで熱海の海底を仮想潜水

沖合いでPowerRayの潜水を体験

 PowerRayの基本的な仕組みは、本体とケーブルで接続されたベースステーションを介して、コントローラーで水中の本体を操作する。ベースステーションには、WiFiでスマートフォンやタブレットでアクセスして、PowerRayのカメラの映像をモニタリングしたり、魚群探知機のデータ確認できる。Vision+というアプリをiPhoneやAndroid端末にインストールすると、カメラの映像をリアルタイムでモニタできる。またPowerRayの最上位モデルには、スマートフォンをセットして楽しめるVRグラスが付属している。このVRグラスにアプリをインストールしたスマートフォンをセットすると、まるで海底を潜水しているような仮想体験ができる。PowerRayは30mまで潜航できる性能を備えているが、あまり深くまで潜ると本体のライトだけでは海中の様子を映し出せなくなる。反対に、天気が良くて水の透明度も高ければ、かなりの深度まで潜航しても仮想潜水を楽しめる。また、スマートフォンでモニタできる映像は、1920x1080のフルHD解像度までだが、本体に搭載されているメモリには、4K動画を記録できる。体験会でも、海底のサンゴや小魚などが泳ぐ様子がカメラに記録された。

PowerRayの水中カメラからの映像を頼りに操縦するTony Zhang(トニー・チャン)氏

体験会で得られた意見は来年の新モデルに反映させていく

この記事のライター

関連する投稿


水中ドローン専業メーカーの空間知能化研究所が「株式会社FullDepth」へ社名変更

水中ドローン専業メーカーの空間知能化研究所が「株式会社FullDepth」へ社名変更

日本初の水中ドローン(ROV)専業メーカーとして2014年に創業した 株式会社 空間知能化研究所が、自社開発の水中ドローンのレンタルサービス開始を前に、3月30日付で社名を「株式会社 FullDepth」(フルデプス)へ変更したと発表した。


水深50メートル航続距離7キロメートルで群制御が可能な水中ドローンSwarmDiver

水深50メートル航続距離7キロメートルで群制御が可能な水中ドローンSwarmDiver

2018年4月9日。シドニー、マサチューセッツ。水中ドローンを開発しているAquabotix社は、1人で複数の水中ロボットを操作できるSwarmDiverを発表した。海洋調査や防衛などに活用できる。(田中亘)


日本から水中ドローンで米国のSXSWに参加したイノベーション企業の挑戦

日本から水中ドローンで米国のSXSWに参加したイノベーション企業の挑戦

毎年3月にアメリカ合衆国テキサス州オースティンで行なわれるSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト:South by Southwest)は、音楽祭や映画祭にインタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模イベント。最近では、スタートアップの登竜門として世界から注目が集まっている。(田中亘)


PowerVisonが水中・水上ドローンをボートショーのメインステージで披露

PowerVisonが水中・水上ドローンをボートショーのメインステージで披露

パシフィコ横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2018」のメインステージで、PowerVision社(中国)が水中ドローンを披露した。マリンスポーツを楽しむボートオーナーの多くが、水中・水上ドローンに高い関心を示した。


ソフトバンク C&Sが水中ドローン「PowerRay」最新モデルの販売開始

ソフトバンク C&Sが水中ドローン「PowerRay」最新モデルの販売開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、PowerVision Technology(中国)製の水中ドローン「PowerRay」の最新モデルの販売を2018年3月より開始します。


最新の投稿


DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

UAVやロケットなどのパラシュートを数多く開発しているFRUITY CHUTES社(米国カリフォルニア州)は、DJI Mavic Pro用のパラシュートの販売を開始した。(田中亘)


日本初のプロチーム「RAIDEN RACING」が発足 中学生選手も! 最高峰リーグ「DCL」への参戦を表明

日本初のプロチーム「RAIDEN RACING」が発足 中学生選手も! 最高峰リーグ「DCL」への参戦を表明

 DRONE SPORTS株式会社(東京)は4月25日、プロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」の発足を発表した。中学生を含む4選手が、2018年はヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ「Drone Champions league」に挑む。初陣は6月22日だ。


JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVACとコマツは、i-Constructionに対応したドローンを活用した測量を行うためのパイロット育成コースを共同開発し、6月より開始予定。


コマツ、「EverydayDrone」の提供を5月より開始 日々の進捗管理を可能にするスマートコンストラクション新サービス

コマツ、「EverydayDrone」の提供を5月より開始 日々の進捗管理を可能にするスマートコンストラクション新サービス

コマツは、建設現場の課題解決のためのソリューション事業「スマートコンストラクション」において、ドローンおよびエッジコンピューティング技術を利用した新サービス「EverydayDrone」(エブリデイドローン)を、子会社であるコマツカスタマーサポート株式会社を通じて本年5月より開始する。


アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクスはドローンによる産業構造の刷新「ドローン・イノベーション」をより身近にするため、「Drone 4 - innovation」のプログラム(通称「D4」)の提供を開始した。