水中ドローンのPowerRayが熱海で日本初の潜水

水中ドローンのPowerRayが熱海で日本初の潜水

消費者向けのロボッティクス製品やサービスをグローバルに展開するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、熱海で水中ドローンPowerRayの体験会を6月28日に開催した。


販売代理店や釣具店などが参加した体験会

PowerRayを手にするTony Zhang(トニー・チャン)氏

 水中ドローンPowerRayの体験会には、報道関係者だけではなく、国内でドローンの販売を手がける代理店や釣具店などが参加した。当日は、あいにくの空模様だったが、アジアパシフィック統括するゼネラルマネージャーのTony Zhang(トニー・チャン)氏はPowerRayの特長について説明して、熱海港の桟橋で簡単なデモンストレーションを行った。参加者も実際にコントローラーを手にして、PowerRayを潜水させ水中の様子をスマートフォンの画面で確認したり、VRグラスを使って仮想体験を楽しんだ。続いて、参加者はチャーターされた釣り船に乗り、海岸から数キロメートルの沖合いでPowerRayを潜水させた。桟橋の浅瀬とは違い、自由に移動できる海中でPowerRayは高速に移動したり、海底のサンゴの様子などを映し出して見せる。PowerRayの基本的な操作は、飛行用ドローンのモード2と同じ規格になっている。右側のスティックで前後と左右の移動を、左側のスティックで潜水と浮上に回転の操作ができる。実際に操縦してみると、数分もあれば簡単な潜水や移動は習得できると感じた。ただ、飛行用ドローンでは主に左スティックを奥に倒して「浮上」させる操作を最初に行うが、水中ドローンのPowerRayでは、最初に左スティックを手前に倒して「潜水」させるため、不思議な感覚だった。空と違って潜水してしまうと、機体がどこにあるのか探すのが困難になるが、慣れてくればモニタ映像を見ながら自由に海中を移動できるようになる。もしも見失ってしまっても、本体を浮上させればケーブルを辿って本体を確実に発見できる。墜落などの心配がないので、初心者でも安心して楽しめる水中ドローンだ。

PowerRay本体とベースステーションにケーブルとVRゴーグル

桟橋で操作するマーケティングマネージャーのChris Song(クリス・ソー)氏

VRグラスで熱海の海底を仮想潜水

沖合いでPowerRayの潜水を体験

 PowerRayの基本的な仕組みは、本体とケーブルで接続されたベースステーションを介して、コントローラーで水中の本体を操作する。ベースステーションには、WiFiでスマートフォンやタブレットでアクセスして、PowerRayのカメラの映像をモニタリングしたり、魚群探知機のデータ確認できる。Vision+というアプリをiPhoneやAndroid端末にインストールすると、カメラの映像をリアルタイムでモニタできる。またPowerRayの最上位モデルには、スマートフォンをセットして楽しめるVRグラスが付属している。このVRグラスにアプリをインストールしたスマートフォンをセットすると、まるで海底を潜水しているような仮想体験ができる。PowerRayは30mまで潜航できる性能を備えているが、あまり深くまで潜ると本体のライトだけでは海中の様子を映し出せなくなる。反対に、天気が良くて水の透明度も高ければ、かなりの深度まで潜航しても仮想潜水を楽しめる。また、スマートフォンでモニタできる映像は、1920x1080のフルHD解像度までだが、本体に搭載されているメモリには、4K動画を記録できる。体験会でも、海底のサンゴや小魚などが泳ぐ様子がカメラに記録された。

PowerRayの水中カメラからの映像を頼りに操縦するTony Zhang(トニー・チャン)氏

体験会で得られた意見は来年の新モデルに反映させていく

ルアーを海中に沈める株式会社ヤマリアの石田哲也氏

 体験会に参加した釣具を開発している株式会社ヤマリアの石田哲也氏は、自社製のルアーを船上からキャストして、水中でPowerRayのカメラで映し出せるかどうかを確かめていた。石田氏は「水中撮影に使うとなると、4時間のバッテリーでも少し足りない」と話しつつも「東京に戻ったら、すぐにPowerRayを注文します」と話していた。また関西圏を中心に釣具店を展開しているアサヒレジャー株式会社の伊藤通氏は「前方だけではなく、水面下もモニタできるカメラがあると、もっと便利に使えそう」と感想を述べた。この意見に対して、マーケティングマネージャーのChris Song(クリス・ソー)氏は「カメラやGPSの搭載なども含めて、体験会やユーザーからの意見を聞いて、来年の秋ごろを予定している次期モデルに反映させたい」と話す。
 欧米ではマリンスポーツを楽しむ人たちを中心に、数十万台の受注を処理しているというPowerRayだが、シンガポールの海洋大学では珊瑚の検査などに利用されている。日本でも、研究機関からPowerRayによる海洋や湖水の調査に関する相談が寄せられ、ホビーだけではなく産業や研究分野での導入も進んでいるという。欧米でのバックオーダーの関係から、当初は6月に計画されていた日本向けの出荷は、7月の中旬以降から開始される予定。

VRグラスを装着して操作するChris Song(クリス・ソー)氏

ソナーの画像をスマートフォンでモニタできる

この記事のライター

関連する投稿


FullDepthが水深300mまで潜行可能な小型水中ドローンのサービス導入説明会開催

FullDepthが水深300mまで潜行可能な小型水中ドローンのサービス導入説明会開催

株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 7月30日(月)・31日(火)に同社開発の水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」のサービス導入説明会を福岡県・北九州市で開催。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

オンデマンドUAVサービス「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 『DroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyo』をTOKYO POOL LABO(東京都足立区)で、 6月30日と7月29日の両日開催する。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。


最新の投稿


【慶大ドローン】ドロゼミが湘南・辻堂海浜公園を空撮 実践見据えた取り組みの3か月の成果を確認

【慶大ドローン】ドロゼミが湘南・辻堂海浜公園を空撮 実践見据えた取り組みの3か月の成果を確認

 ドローンの研究と社会実装を目指している慶應義塾大学の自主活動“ドロゼミ”のメンバーはこのほど、湘南海岸沿いに国道をはさんで広がる神奈川県立辻堂海浜公園(神奈川県藤沢市)で、空撮活動を実施した。初めてドローンに触れてから3カ月で、公共の場での撮影にこぎつけた。


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。