ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

長野県伊那市と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催、メインイベントである「鹿検知コンペティション」への参加チ ームの募集を開始する。


ドローン競技会で、ドローンによる有害鳥獣対策の技術・技能の向上を図る

 地域活性化及び地域課題の解決にドローンを活 用していく指針を定めている長野県伊那市(市長:白鳥孝)と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社の3者は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催すると発表した。
 当イベントでは「ドローン空撮体験会」 や「最新技術デモンストレーション」、「鹿検知コンペティション」、「ローカル MICE(シンポジウム、ビジネスマッチング)」、「子ど も対象のドローン体験ゲーム大会」などを行う。
 メインイベントととなる「鹿検知コンペティション」実施の背景には、伊那市において野生鳥獣による農林業被害の中でも特にニホンジカによる被害が大きく、その対応は喫緊 の課題となっていることが挙げられる。
 ドローンの活用によりニホンジカの検知が効 率化されることは、全国的な有害鳥獣の被害防止につながる。今回、技術・技能の向 上を目的としてコンペティションを実施するとともに、参加チ ームの募集が開始された。

「鹿検知コンペティション」の概要

1.実施期間
2017年10月19日(木)~10月20日(金)の2日間
※表彰式・結果発表会を 21 日(土)に高遠さくらホテルで実施

2.実施会場
長野県伊那市 鹿嶺(かれい)高原 (長野県伊那市長谷非持3817-1)

3.参加費
参加費無料 ※各参加チームに参加賞として 12 万円を支給する。
研究開発費をはじめとする準備運営費用に充てることができる。

4.競技ルール
○鹿嶺高原における指定エリア(約 700 メートル×200 メートル)に設置した鹿ダミーについて、ドローンを活用 していかに正確に速く検知できるかを競う。
○ドローンの飛行方法は、原則、自律飛行で行う。
○検知の方法や使用する機器は自由。

<鹿ダミーの特徴>
○鹿ダミーは木製で、特定の色の布を被せ、周囲より高い温度を発している。
○鹿ダミーのサイズ・色は統一する。サイズや色情報、発熱方法、温度等の詳細データについては、
事前に参加チームに知らせる。

5.募集チーム数
15チーム以内(先着順にて受付ける/参加受付には一定の審査がある)
※参加資格は、複数名のメンバーにより構成される団体のみとする。

6.賞金
優勝(市長賞) 100万円
2位       50万円
3位       30万円
特別賞(新産業技術推進協議会長賞) 20万円
参加賞 (各参加チームに)12万円
※特別賞はユニークな技術を活用して検知を試みたチームに対し贈賞いたします。

7.詳細・申込方法
特設サイトを通じて告知する。  URL:http://www.dronefes-inavalley.jp
※上記「鹿検知コンペティション」概要は事前の予告なく変更させていただく場合がある。変更点はその都度特設サイトにて知らせる。

参考: 「ドローン・フェスinINAValley」の全体概要

この記事のライター

関連する投稿


JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、国土交通省航空局 安全部 運航安全課 無人航空機運航基準係の河本欣隆氏を講師にドローン情報基盤システム(Drone/UAS Information Platform System【DIPS】)について、セミナーを5月9日に東京大学(本郷)で開催する。


【ジャパンドローン2018・発見!】ブルーイノベーションのブースがOPEN前からにぎやかだった件!

【ジャパンドローン2018・発見!】ブルーイノベーションのブースがOPEN前からにぎやかだった件!

 3月24日まで千葉・幕張メッセで開かれていたJapan Drone 2018では期間中毎朝、来場者が入場する前にひときわ元気な声が響き渡るブースがあった。JUIDAを運営するドローンプラットフォーム会社、株式会社ブルーイノベーションのブースだ。


【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


ブルーイノベーションがスイスのFlyability社と業務提携、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」の提供開始

ブルーイノベーションがスイスのFlyability社と業務提携、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」の提供開始

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、Flyability SA社(スイス、ローザンヌ)と業務提携し、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」を採用、機体の販売や屋内点検分野での新たなソリューション・サービスなどを展開すると3月20日、発表した。


最新の投稿


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)