「ドローン × AI」(5)   MITが研究するAIとVRを組み合わせた仮想空間の自律飛行

「ドローン × AI」(5)  MITが研究するAIとVRを組み合わせた仮想空間の自律飛行

マサチューセッツ工科大学( Massachusetts Institute of Technology:MIT)のSertac Karaman(セルタック カラマン)准教授は、AI(人工知能)とVR(仮想現実)を活用してドローンが障害物を回避するリアルタイム ビジュアルSLAMを研究している。


VRゴーグルを着けたドローンが仮想空間で自律飛行の強化学習を行う

 カラマン准教授が開発したシステムは、図のようになっている。

VRによるリアルタイム ビジュアルSLAMの構造図

 NVIDIAのJetson TX2を搭載したSparrow(スズメ)というミニドローンに、NVIDIA TITAN Xベースのワークステーションから仮想現実の屋内映像をWiFiで送信する。Sparrowドローンは、実際には障害物がない空の屋内を飛行するが、VRゴーグルを着けているかのように、送られてくる屋内の映像が現実の飛行空間だと認識して、飛行と回避を行う。

シミュレーション飛行のイメージ

 飛行しているドローンの位置情報は、モーションキャプチャ システムを用いてリアルタイムでワークステーションに送信される。そしてワークステーションでは、送られてきたドローンの位置情報からVR空間の位置をリアルタイムに計算して、Sparrowにフィードバックする。

実際のドローンが飛行している空間

 この繰り返しによって、ドローンが実際の屋内を飛行することなく、安全に障害物を回避するための強化学習が可能になる。実験動画によれば、370mの連続飛行で、エラー率は0.37%(3.7mm)だった。

実験の結果

 カラマン准教授は「今後は、DGX-1(NVIDIAのディープラーニングシステム)を使用して、すべてのデータを取得し、強化学習を実施したいと考えています」と話す。VRを活用した仮想飛行による学習システムは、ドローンが実際に衝突したり物理的な損傷を受けることなく、自律飛行と衝突回避を短期間に学習する可能性を広げる。

MITのSertac Karaman(セルタック カラマン)准教授

 実験に利用されたSparrowドローンには、GPSは搭載されていない。オンボードのカメラに装備されているIMU( Inertial Measurement Unit:慣性計測装置)を利用しているだけで、衝突回避などはカメラからの映像をJetson TX2でリアルタイムに解析して処理している。VRとAIの効果的な活用により、画像認識だけで自律飛行と衝突回避が可能になれば、ドローンの活躍できる領域はさらに広がる。

実験に利用されたドローン

この記事のライター

関連する投稿


ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

2018 年 9 月 13 日 - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、ヤマハ発動機株式会社 (以下、「ヤマハ発動機」) が、同社のドローンや無人農業用車両などの次世代製品群の共通開発プラットフォームとしてNVIDIA Jetson AGX Xavier を採用したと発表した。


MITの研究者が水中と空気中での通信を可能にするワイヤレス技術を開発

MITの研究者が水中と空気中での通信を可能にするワイヤレス技術を開発

2018年8月22日、米国。MITの研究者が、水中と空気中で無線データを伝送する技術を発表した。


「Rock Garage」がNVIDIA Inception Programのパートナー企業に認定

「Rock Garage」がNVIDIA Inception Programのパートナー企業に認定

株式会社ロックガレッジは、GPUディープラーニング プラットフォームを提供しているAIコンピューティング カンパニーNVIDIA Corporationより、AIスタートアップを支援するプログラムである「Inception Program」のパートナー企業に認定された。


MITがミニドローン用の制御チップ「Navion」をアップグレード

MITがミニドローン用の制御チップ「Navion」をアップグレード

2018年6月20日 – 米国マサチューセッツ州。マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者は、2017年に設計したミニドローン用の制御チップをアップグレードし、さらに小さく省電力になったと発表した。


KDDIが5Gによるドローン空撮のリアルタイム映像配信を展示

KDDIが5Gによるドローン空撮のリアルタイム映像配信を展示

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、ワイヤレスジャパンの展示コーナーで、ドローンで空撮した360°映像をVR(仮想現実)ゴーグルで体験するデモンストレーションを披露していた。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。