許可申請が必要な「人口集中地区」 判断基準を「平成27年度国勢調査」に切り替え

許可申請が必要な「人口集中地区」 判断基準を「平成27年度国勢調査」に切り替え

 ドローンのフライトに制限がある人口集中地区について、国土交通省は従来適用してきた平成22年度の国勢調査結果から、平成27年度の国勢調査結果に切り替えた。


 国交省「新たに加わった場所も」と注意喚起

 平成27年度国勢調査結果の適用に切り替えたのは6月24日で、国交省は「それまで人口集中地区でなかった場所でも新たに人口集中地区となっている場合がある」と注意を促している。
 ドローンを飛ばすルールは日本では2015年12月に導入されている。空港などの周辺や上空、地表または水面から150メートル以上の高さの空域に加え、人口集中地区の上空については、原則としてあらかじめ国交相の許可を受ける必要がある。

確認のための参考

・人口集中地区協会図について(総務省統計局)
http://www.stat.go.jp/data/chiri/1-3.htm

・e-Stat 政府統計の総合窓口
https://jstatmap.e-stat.go.jp/gis/nstac/

・jSTAT MAPによる人口集中地区の確認方法
http://www.mlit.go.jp/common/001128070.pdf

国土地理院地図「人口集中地区 H27年(総務省統計局)」
http://maps.gsi.go.jp/#8/35.561926/140.337103/&lcd=kokuarea&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=l

東京都の区部は人口集中地区に塗りつぶされている

この記事のライター

関連するキーワード


人口集中地区 国勢調査

最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。