許可申請が必要な「人口集中地区」 判断基準を「平成27年度国勢調査」に切り替え

許可申請が必要な「人口集中地区」 判断基準を「平成27年度国勢調査」に切り替え

 ドローンのフライトに制限がある人口集中地区について、国土交通省は従来適用してきた平成22年度の国勢調査結果から、平成27年度の国勢調査結果に切り替えた。


 国交省「新たに加わった場所も」と注意喚起

 平成27年度国勢調査結果の適用に切り替えたのは6月24日で、国交省は「それまで人口集中地区でなかった場所でも新たに人口集中地区となっている場合がある」と注意を促している。
 ドローンを飛ばすルールは日本では2015年12月に導入されている。空港などの周辺や上空、地表または水面から150メートル以上の高さの空域に加え、人口集中地区の上空については、原則としてあらかじめ国交相の許可を受ける必要がある。

確認のための参考

・人口集中地区協会図について(総務省統計局)
http://www.stat.go.jp/data/chiri/1-3.htm

・e-Stat 政府統計の総合窓口
https://jstatmap.e-stat.go.jp/gis/nstac/

・jSTAT MAPによる人口集中地区の確認方法
http://www.mlit.go.jp/common/001128070.pdf

国土地理院地図「人口集中地区 H27年(総務省統計局)」
http://maps.gsi.go.jp/#8/35.561926/140.337103/&lcd=kokuarea&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=l

東京都の区部は人口集中地区に塗りつぶされている

この記事のライター

関連するキーワード


人口集中地区 国勢調査

最新の投稿


入門者限定! 「ドローンテクニカルチャレンジin仙北市」の熱気を現地レポート 学生の部の優勝は国学館高校、準優勝は青山学院大

入門者限定! 「ドローンテクニカルチャレンジin仙北市」の熱気を現地レポート 学生の部の優勝は国学館高校、準優勝は青山学院大

ドローン入門者が腕を競う「第1回ドローンテクニカルチャレンジin仙北市」が7月22日、23日に、秋田県立田沢湖スポーツセンターで行われました。22日には学生の部の競技が行われ、ドローン歴2年未満の真剣勝負に、会場は一体となって応援しました。選手、運営、会場が一体となって白熱した現地のようすをレポートします。


【日本初公開】期待と想像を超えたインテルのドローン・ライトショー ハウステンボス

【日本初公開】期待と想像を超えたインテルのドローン・ライトショー ハウステンボス

Intel Shooting Starドローン300機による、秘本初となるライトショーが7月22日夜、長崎ハウステンボスで開催された。第三世代となる最新の機体が、夜空に華麗な光のアートを描いた。


中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

 中国で外資系、国営系以外では宅配便事最大手の順豊エクスプレス(順豐速運、本部・広東省深圳)は、物流ドローンモデル運行区の空域申請を行い、正式に認可された。


琵琶湖、湖面に映る大空 <FLIGHTS -Drone Agent>

琵琶湖、湖面に映る大空 <FLIGHTS -Drone Agent>

琵琶湖の絶景を空撮


 特機スペシャリストが語る! 空中撮影 × 地上撮影 編集ベーシック講座 7/27 開催!

特機スペシャリストが語る! 空中撮影 × 地上撮影 編集ベーシック講座 7/27 開催!

 空中、地上、水中を網羅する特機スペシャリストで、DJI公式動画の制作者でもある株式会社アルマダスの吉田泰行氏が、空中、地上それぞれの映像を編集し1本に仕上げる手順を伝えるベーシ講座が7月27日、株式会社アルマダスと株式会社システムファイブの共催で開かれます。