災害現場を想定し、安全なドローン操縦能力を競う「ドローンテクニカルチャレンジ in 秋田県仙北市」を7月開催

災害現場を想定し、安全なドローン操縦能力を競う「ドローンテクニカルチャレンジ in 秋田県仙北市」を7月開催

熊による被害が後を絶たない秋田県仙北市で、その現場を想定したドローンによる捜索・救助活動をミッションとする「第1回ドローンテクニカルチャレンジ in 秋田県仙北市」を7月22,23日に開催する。参加者は初心者(運用暦2年未満)を対象にする。


 ドローンテクニカルチャレンジ実行委員会(秋田ドローンコミュニティ有志、仙北市、株式会社skyer)は、自然災害・遭難などの非常時に迅速、的確、かつ安全にドローンを操縦する技術を競い高めることにより、災害現場における生命の確保はもとより、ドローンの活用の可能性を広げ、これに関わる人材育成を目的としている。
 「DRONE TECHNICAL CHALLENGE」では、模擬的に作られた空間において、ドローンの操縦技術を競う。また、イベントを通じて新規参入者の知識の啓蒙・人材の育成を行うものとしている。
 学生の部は応募校多数のため募集を締め切ったが、一般の部は全国からのエントリーがあり、若干の応募枠増を行う予定。

日時
2017年7月22日(土)10:00~17:00 公式練習日・学生部門競技実施日
2017年7月23日(日) 9:00~15:00 一般部門競技実施日

場所
〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野73-75
田沢湖スポーツセンター 体育館
*宿泊をご希望の方は田沢湖スポーツセンターへ直接お問い合わせください。電話番号:(0187)46-2001

来場予定者数
200名(競技参加者40名、観覧者160名)

優勝賞品
【学生部門】Parrot Mambo(1人1機)
【一般部門】DJI Spark Fly More コンボ(アルペンホワイト)

参加資格
【学生部門】学生のみで構成されるチーム対抗戦。
・1校1チームのエントリーとし、原則5名で構成すること。
・使用機体はDJI Phantom3 professional(実行委員会より貸出)

【一般部門】ドローン運用歴2年未満の個人戦。
・使用機体は各自持参。(機体損傷に備え、保険加入をおすすめします。)

定員・参加費
• 学生部門:4チーム / 無料 ※受付終了
• 一般部門:20名 / 5,000円 ※若干名募集中
※仙北市民枠(無料)5名。ただし、応募多数の場合は抽選。

申し込み先
http://www.dtc.life/

競技内容
【学生部門】
*チーム全員で操縦をバトンタッチしながら次の内容を実施する。
・指定ルートの障害をかわしながら飛行する。
・対象構造物の周囲を飛行しながら撮影を行う。
・撮影は、静止画とし動画からのキャプチャー切り出し及び静止画の加工は不可。また、撮影枚数は最大20枚までとする。
・指定ポイント通過の有無、空撮の成否並びに飛行時間の長さにより得点を与え、総合得点により順位を決定します。

使用機体に関して
【モータ駆動で、回転翼により飛行するマルチロータヘリコプターであり写真撮影を行える機体であること。】
・学生部門へ参加の方は大会期間中、実行委員会より機体を貸与します。(DJI Phantom3 professional)
・一般部門へご参加の方は、原則、機体はご持参下さい。

*機体サイズ、機体重量、ロータ数、翼数による参加制限はありません。
*プロペラガードの装備を必須とします。
*技術基準適合証明・技術基準適合認定のいずれかの認証を受けていること。
*競技により機体が損傷した場合、その修理費用は参加者が負担する事。
(事前の保険加入等の対応を推奨)

協賛のご案内(企業様向け)
ドローン テクニカル チャレンジ実行委員会では【DRONE TECHNICAL CHALLENGE】の開催に
ご協賛いただける企業様を募集しております。ご協賛は1口3万円から協賛可能です。

この記事のライター

関連する投稿


入門者限定! 「ドローンテクニカルチャレンジin仙北市」の熱気を現地レポート 学生の部の優勝は国学館高校、準優勝は青山学院大

入門者限定! 「ドローンテクニカルチャレンジin仙北市」の熱気を現地レポート 学生の部の優勝は国学館高校、準優勝は青山学院大

ドローン入門者が腕を競う「第1回ドローンテクニカルチャレンジin仙北市」が7月22日、23日に、秋田県立田沢湖スポーツセンターで行われました。22日には学生の部の競技が行われ、ドローン歴2年未満の真剣勝負に、会場は一体となって応援しました。選手、運営、会場が一体となって白熱した現地のようすをレポートします。


ドローンタイムズセミナー ドローンが切り開く日本の地方創生(3)

ドローンタイムズセミナー ドローンが切り開く日本の地方創生(3)

地方創生をテーマにしたドローンタイムズのセミナーに、内閣府地方創生推進事務局 審議官 藤原豊氏が登壇し、「『国家戦略特区』におけるドローンの技術実証」について講演した。藤原氏は、岩盤規制の改革に挑む国家戦略とドローンによる地方創生の取り組みについて語った。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。