さいたま市、産業廃棄物の不適正現場の早期発見にドローンによる空撮を開始

さいたま市、産業廃棄物の不適正現場の早期発見にドローンによる空撮を開始

さいたま市は、不適正な産業廃棄物の山の状況確認や産業廃棄物を大量に保管している事業場を早期に発見するため、今年度からドローンを使用し、空中からの監視を始めると発表した。


  さいたま市は、産業廃棄物の不適正事案について、全体の把握が困難な広い場所や塀に囲まれた場所が多く全容の確認が困難であることから、ドローンを使うことで上空からの監視により迅速に不適正処理の事実の把握を今年度から開始する。不適正な産業廃棄物の山の状況確認や産業廃棄物を大量に保管している事業場の早期発見につなげたいとしている。

情報提供元:さいたま市HP
http://www.city.saitama.jp/006/014/008/003/006/004/p054761.html

この記事のライター

関連するキーワード


さいたま市 産業廃棄物

関連する投稿


不法投棄、ドローンで防げ!

不法投棄、ドローンで防げ!

 青森県は産業廃棄物の不法投棄を減らすため、小型無人機「ドローン」を使った監視活動に乗り出した。


最新の投稿


エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、 産業用ドローン向け i-Construction 対応クラウドサービス「エアロボクラウド」で、 クラウド並列処理の実装により、写真測量処理の大幅な高速化を実現し、3D モデル の 即 日仕上げが可能な改良版を9月26日にリリースした。


慶應ドロコン、第2回定例会を9月29日開催 テーマは「ドローン産業・公共分野での利活用」

慶應ドロコン、第2回定例会を9月29日開催 テーマは「ドローン産業・公共分野での利活用」

 ドローン前提社会を展望する慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(代表・古谷知之総合政策学部教授)は9月29日、2017年度第2回定例会を、東京・三田の慶大三田キャンパスで開催する。テーマは「ドローンの産業・公共分野での利活用」で、経済産業省、株式会社アイ・ロボティクスが登壇する。


システムファイブが「DJI New Pilot Experience ~はじめてのドローン飛行体験セミナー」10月13日開催

システムファイブが「DJI New Pilot Experience ~はじめてのドローン飛行体験セミナー」10月13日開催

抜群のコストパフォーマンスと、用途・予算に合わせたラインナップ展開が好評のDJI製ドローン。昨年末から多くのお客様にご参加頂いた、野外での飛行体験セミナーを再度開催致します。


エンルートラボがドローンの信頼性を高める技術「EKF」の開発で、オーストラリアGNC Solutions Pty Ltd社と提携

エンルートラボがドローンの信頼性を高める技術「EKF」の開発で、オーストラリアGNC Solutions Pty Ltd社と提携

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 GNC Solutions Pty Ltd社(オーストラリアビクトリア州)とドローンで使用するEKF(Extended Kalman Filter)の開発で提携したと発表した。


【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール 10月度(i-construction対応・土日コース)10月7日(土)~

【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール 10月度(i-construction対応・土日コース)10月7日(土)~

当スクールはドローンに必要な専門知識を専属講師が基礎から教えます。