セルフィードローン KIMON 国内販売開始

セルフィードローン KIMON 国内販売開始

ガジェット、バイクパーツの輸入および販売を行っている株式会社 禅インターナショナル(長野 県須坂市)は、セルフィーに特化したドローン 「KIMON (キモン)」 を今月から日本国内での販売を開始した。


フォローミーをはじめ多彩なセルフィー機能を搭載

■KIMONの特徴
1. 高画質1600万画素カメラ内蔵
KimonにはSONY製 1/2.3型1600万画素センサーのカメラが搭載され、最大4K@25fps の動画の撮影が可能。

2. 6つの屋外セルフィーモード+屋内モードで、かつてない空撮体験を実現 屋外モードはスタンダードセルフィー、360°C回転セルフィー、パノラマセルフィ―、フォ ローミーセルフィー、45°ビューティーセルフィー、シンプルセルフィーの6つのセルフィー を選べます。屋内モードではビジョンポジショニングシステムによりGPSが受信できない屋 内でもシンプルセルフィーの撮影ができる。

3. 小さいボディながら最大飛行時間15分&バッテリーはワンタッチで交換可能 Kimonは最大速度3m/s、最大下降速度1m/s、最大上昇速度1m/sで飛行します。小型なが ら最大飛行時間は15分。簡単にバッテリー交換が可能なので、スペアバッテリーさえ あれば充電を待たずに続けて飛行ができる。

4. スマホアプリで操作は簡単 iOS/Android専用の無料日本語アプリで簡単に直観的な操作が可能。ワン・タッチで離陸、 ホバリング、着陸、帰還を操作できる。女性や初心者にも使いやすいユーザーフレンドリー な設計。また写真、ビデオ、連写、スローモーション、セルフタイマーなど撮影モード も充実している。

5. 可愛くてコンパクト、チャーミングな外観で女性にもおすすめ 可愛くてチャーミングな見た目がとても印象的なKIMON。全部ホワイトとホワイト/ピンク の2色のカラーオプションが用意されている。
 またKimon自体小型でポータブルなのでバッ クパック等にも入れられ持ち運びも便利。

6. インテリジェントリターン機能搭載 ワン・タッチリターニングで機体は自動的に離陸位置(ホームポイント)に戻る。また 機体がバッテリー残量が25%未満になったことを検出すると自動的にリターンモードが起動 する。

カメラはSONY 1/2.3型1600万画素センサー搭載、動画は 4K@25FPS、飛行時間最大15分

■KIMONの概要
名称: KIMON(キモン) 空飛ぶセルフィーカメラ
発売開始日: 2017年7月3日
希望小売価格: 74,520円(税込)
本体サイズ(幅×高さ×奥行mm アーム展開時): 350 x 350 x 80 mm
本体重量: 566g(本体、バッテリー、プロペラ、プロペラガードを含む)
カメラ: SONY 1/2.3型1600万画素 視野角100°
静止画素数: 16M/12M/8M/5M
動画画素数: 4K@25FPS、1440P@30FPS(QuadHD)、1080P@60FPS(フルHD)、720P@120FPS(HD)
操作可能距離: 対応飛行高度:30m、対応飛行水平距離:50m
最大飛行時間: 約15分
操作方法: スマートフォンアプリ(iOS8.0以降/Android4.4以降 日本語対応済み)
付属品: 航空機本体、スマートバッテリー、プロペラ(2セット)、プロペラガード、充電器一式(世界 対応アダプターつき)、microSDカード(16GB SanDisc製)、保証書
カラー: 白/白、白/ピンク 計2色
オプションパーツ: バッテリー、プロペラ、プロペラガード
販売店: ビックカメラ様(http://www.biccamera.com/bc/item/3710129/) 
 Amazon様(https://www.amazon.co.jp/dp/B073R7HPCN)
日本オフィシャルサイト: http://www.zen-international.co.jp/kimon/

この記事のライター

関連するキーワード


KIMON 禅インターナショナル

最新の投稿


「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

株式会社ORSOは、ドローン操縦の基礎を、楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した、操縦者教育機能を搭載したスマートフォンアプリ「DRONE STAR」に対応した超小型機体「DRONE STAR 01」を2018年1月14日まで価格を下げて販売する。


セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 水中ドローン「BlueROV2」の無料体験会を、 2017年12月1日(金)千葉県 市川マリンセンターにて開催する。


NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県は、福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証に関する協定を11月22日締結した。本協定を通じて、NEDOと福島県の連携を強化し、NEDOプロジェクトにおいて福島ロボットテストフィールドを積極的に活用することで福島イノベーション・コースト構想の推進とロボット・ドローン産業を活性化する


若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。


JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)では、無人航空機の開発機のテスト飛行や操縦士のトレーニングを行える「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」(静岡県田方郡函南町)と「JUIDA・大宮試験飛行場」(埼玉県さいたま市)を新たに開設した。JUIDAが開設した試験飛行場はこれで国内4カ所となった。