デンソーの産業用 ドローンがQoncept の画像認識技術を速度推定に活用

デンソーの産業用 ドローンがQoncept の画像認識技術を速度推定に活用

株式会社コンセプト(本社:東京都千代田区、Qoncept)は、 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市)が開発中の、 道路の橋などの社会インフラの点検に使用する産業用 UAV (ドローン)向けに画像認識技術を用いた飛行速度制制御の実装を進めている。


橋の下など、GPS による測位精度が低い環境でのインフラ点検に利用

画像から特徴点の検出

 Qonceptはこれまで、 大阪大学発の研究開発型技術ベンチャー企業として 「Qoncept 4D Tracker」「Qoncept Visual SLAM」「Qoncept AR Engine」などの独自の画像認識技術を開発し、 放送やスポーツの現場での実用可能な技術として継続的発展をしている。 特にスポーツ分野では、 リアルタイムで使用可能な計測技術として、 国際大会等の大舞台で活用されている。
 この技術はドローンの分野でも、 画像処理によるドローンの自動制御技術の研究開発を実施し、 東京都の助成金事業「次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業」にも採択された。

 産業用ドローンを活用したインフラ点検において、 損傷点検用に撮影する画像の質と量を必要十分にするためには、 機体の進行速度を一定に保つという方法がある。 一般的に、 屋外ではGPSを活用するが、 橋の下などGPSによる測位精度が低い環境では、 機体の速度推定の精度は相対的に悪化する。
 今回デンソーのドローンは、 機体の速度推定の精度を上げるため、 Qonceptの画像認識技術を用いた開発を進めている。 具体的には、 機体に搭載されたステレオカメラで橋の裏側などを撮影する場合、 Qonceptの画像認識技術では、 検出された特徴点の単位時間あたりの三次元的な移動量を計算することで機体の速度をリアルタイムに推定する技術が搭載され、 推定された速度をフィードバックすることで安定飛行による撮影が実現できる。

 ドローンは、 小型・軽量であるという性質上、 計算資源が限られていて、 機体に搭載されるソフトウェアにも、 限られた計算資源でも適切に動作することが求められる。独自開発であることのメリットを活かしたプラットフォームニュートラルな最適化対応、 リアルタイム画像処理についての豊富な経験といったQonceptの技術開発力や実績も評価されている。

特徴点群の移動量から速度を推定

 今後もQonceptでは、 速度推定技術にとどまらず、 画像認識技術による産業用ドローンの安定飛行、 操縦者の負荷軽減、 撮影の最適化等に寄与する技術開発を進めるとしている。
 なお、 デンソーの産業用ドローンは、 2017年7月19日(水)から同月21日(金)までの間、 東京ビッグサイト東ホールで開催される「第9回インフラ検査・維持管理展」のデンソーブース(ブース番号:1C-16)で見ることができる。

この記事のライター

関連する投稿


デンソーが測量機器販売の岩崎に出資 ドローンを使った測量・社会インフラ点検事業で協業

デンソーが測量機器販売の岩崎に出資 ドローンを使った測量・社会インフラ点検事業で協業

株式会社デンソーは、ICT関連機器・測量機器・計測器を販売する技術商社の株式会社岩崎に出資、ドローンを使った測量・社会インフラ点検事業で協業をおこなっていく。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。