センサー搭載のドローンを使い「ブドウ」の収穫時期を分析

センサー搭載のドローンを使い「ブドウ」の収穫時期を分析

ワイン用のぶどう畑にセンサー搭載のドローンを飛ばし、水分量や糖度を計測、さらには収穫時期まで把握しようという実証実験が31日、長野県塩尻市の塩尻志学館高校のブドウ農園で実施された。


ブドウ農園脇から飛び立つセンサーが搭載されたドローン

産・官・学共同で精密農業の将来を探る試み

 実験は30日に行う予定だったが、台風10号の影響で1日延期を余儀なくされた。天候も回復し、約25人の関係者が見守る中、センサー搭載のドローンは無事に農園上空30メートルを飛び、3分ほどで必要なデータを収集した。1回のフライトの情報量は20ギガバイトにのぼった。
 この試みは企業と教育機関がタッグを組んだ「IoT」ならぬ「Internet of Wine(IoW)プロジェクト」の一環だが、今後さまざまな農作物に利用し、日本の農業の生産性を飛躍的に高める方法として注目されている。

ドローンを調整する東京大学院工学系研究科先端学際工学専攻でMRI研究員の高山泰一氏

 今回、ドローンに搭載されたのは東京大学と三菱総合研究所(MRI)が共同で開発、小型化に成功したハイパースペクトルカメラ。このカメラは220の波形を取得できる。この光の波長を使って水分量や糖度などのデータを収集することによって、最も適した収穫時期を導き出せるという。今回の実験にあたった東京大学院でMRIの研究員も兼ねる高山泰一氏は「今後は9月から収穫時期にあたる10月まで数回ドローンを飛ばすことで、より精度の高いデータを収集したい」としている。
 センサーカメラの小型化がドローンへの搭載を可能にした。東大とMRIはすでにインドネシアで、米を対象とした実証実験に成功しており、今回が国内では初めての試みとなった。

 実験の場所を提供したのは塩尻志学館高校のぶどう農園。同校は日本で唯一、ワイン醸造を行っている高校で、食品科学系コースの生徒はぶどうの栽培から醸造も手掛け、実際に「KIKYOワイン」というブランドのワインを生産している。
 これまで糖度のチェックや収穫時期の判定は、文字通りの人海戦術でやってきただけに、実用化が進めば、生産者サイドにとっては計り知れない効果をもたらす方法として注目される。
 実験を視察した塩尻市産業振興事業部の篠原清満部長は「この地域ではアカマツの松食い虫被害が問題となっているので、今回のシステムで被害状況の把握に応用したい」と期待をよせた。
(DRONE TIMES 渡辺照明)

前面に装着されたハイパースペクトルカメラが見える
(写真は全てDRONE TIMES/渡辺照明)

ドローンは離着陸と微調整以外は全て自動制御されている

この記事のライター

関連する投稿


JUIDA海外視察報告会「世界の無人航空機(UAS)最新動向」を東大本郷キャンパスで開催のお知らせ

JUIDA海外視察報告会「世界の無人航空機(UAS)最新動向」を東大本郷キャンパスで開催のお知らせ

東京大学本郷キャンパスにて、JUIDA主催の「定例セミナー」を開催、参加者を募集中。


有人機とドローンは共存できるか!? ANA総研、天草市、東京大学が協定締結、今日実証実験!

有人機とドローンは共存できるか!? ANA総研、天草市、東京大学が協定締結、今日実証実験!

 有人機と無人機は共存できるか。実現のためには何が必要か。ANA総合研究所、天草市、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻鈴木・土屋研究室が、この問いに答えを導き出すことなどをテーマに、12月18日、協定を締結した。19日には実証実験も行う。


ドローンを使い「ブドウ」を分析する国内初の試み実施へ〜長野県塩尻市の高校で

ドローンを使い「ブドウ」を分析する国内初の試み実施へ〜長野県塩尻市の高校で

 ドローンをワイン用のぶどう畑に飛ばして、センサーで水分量や糖度、さらには収穫時期まで把握しようという実験が8月30日、長野県塩尻市の塩尻志学館高校で実施される。企業と教育機関がタッグを組んだ「IoWプロジェクト」の一環で、センサーを搭載したドローンを利用するのは国内初の試みとして注目される。


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。