<DJI空撮セミナー>ドローンが魅せる無限の画角 写真家・別所隆弘氏

<DJI空撮セミナー>ドローンが魅せる無限の画角 写真家・別所隆弘氏

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIの空撮セミナー「日本の風景を新しい視点から」が、東京カメラ部などで活躍する写真家の別所隆弘氏を講師に迎え、7月28日、東京・品川区港南のDJI JAPAN本社で開催された。別所氏は「地上からは見えなかった風景が見えてきました」とドローン空撮の魅力について話した。


 東京カメラ部やインスタグラムなどのSNSに掲載した美しい風景写真で現在注目されている写真家の別所隆弘氏が、ドローンによる空撮写真について語った。元々三脚などを使い普通に風景写真を撮っていたが、「風景の向こう側」を見たい衝動から、センサーサイズも1/2.3”、有効画素数が12.4Mと画質が向上したのを期にPhantom 4の購入に踏み切ったという。別所氏はPhantom 4のカメラスペックが写真のトーンや精彩さを出せるようになり「勝負のできるスタートラインについた」と話す。ドローンの写真が、自分の作品制作においてギリギリ許容できる画質になったということだろう。
 別所氏がPhantom 4を最初に飛ばしたのは琵琶湖畔で印象は「1音が大きい、2ホバリングが安定していて映像の水平が維持できる、3撮影データについてはRAWデータは引き上げても色が残り暗部もトーンがあった」だった。

作例を挙げて説明する別所隆弘氏(右)。

 滋賀県高島市の「メタセコイア並木を、夜明け直後の光の中、初めて見た時の感動は生涯忘れられることは出来ません」という別所氏だが、その後メタセコイアの並木道もPhantom 4で撮影し、その空撮の魅力について画角の広がりをあげる。

<東京カメラ部以下参照>
http://tokyocameraclub.com/photographers/10_member.php?user=takk.bulkington.9

 冬の雪の付いたメタセコイアの並木を例に「特に俯瞰、ドローンは鳥の目で真下を見下ろすような、人には見ることのできない視点での撮影ができる」と話す。この並木道は望遠系レンズを使い、道の奥行き感を出す位置から狙い、画角に並木の季節感を入れ込んで撮影するのがセオリーだろう。ドローンを使うことで樹の真上の位置から、濡れて黒くなった道路に、枝に付いた雪がコントラストを作り、模様のように浮き上がる撮影が可能となった。同じモチーフを多くのカメラマンが狙う中で、全く違うテイストの写真に仕上がった。地上での撮影だと平凡なものも、俯瞰の構図では人工的なものほど美しく表現できるとも付け加えた。
 「手持ちだと正確な水平が取れないものだが、Phantom 4は3軸ジンバルで水平が保てる」ため上空で光線状態を見ながら画角、構図だけを意識するだけでシャッターチャンスを逃さない利点がある。また左右に振って複数の写真データをソフトで繋げることも、高いジンバル性能のおかげで可能となり、結果センサーサイズを補うことにもなるという。

頭にPhantomを乗せてセミナー参加者と記念写真に収まる別所氏。

 別所氏は写真撮影方法の他にも、ドローン操縦の練習の必要性や法令遵守の重要性も話した。操縦では琵琶湖の等間隔に設置された杭を練習に利用したり、8の字の練習のエピソードも披露した。特に航空法の定める高度制限では、山の上空で飛ばしていて前方に谷など高度に変化がある場合の落とし穴や、自治体ごとに条例が違うため事前調査の必要性などについて注意を促した。

 今後はドローンを風景撮影だけでなく、家族撮影にも使いたいと話した。「将来的にドローンがより安定し、スローシャッターも切れるまでになったら、夜景など撮影の幅を広げたい」と更なる開発に期待をよせた。
 「ドローン空撮は『視覚の革命』をもたらした。もしかしたら見えるかもしれないという、想像力を広げてくれた」と別所氏は約1時間あまりにわたりドローン空撮の魅力について実例をあげながら話した。

別所 隆弘氏HP
http://www.takahirobessho.com/ 

DJI空撮セミナー

この記事のライター

関連する投稿


DJI JAPANとトプコン、ドローン測量に標定点不要の写真測量専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」発表

DJI JAPANとトプコン、ドローン測量に標定点不要の写真測量専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」発表

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)と株式会社トプコン(東京都板橋区)は、トータルステーションでドローンを自動追尾することで、 世界で初めて標定点 を不要とし、大幅な省力化を実現する空中写真測量システム「TSトラッキングUAS」に対応した専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」の提供を開始した。


7月にアジサイ満開! 麻綿原高原/千葉・大多喜町  Drone Japan

7月にアジサイ満開! 麻綿原高原/千葉・大多喜町  Drone Japan

麻綿原高原は、清澄山系、清澄寺の北3.5キロ、標高340mにある関東随一のアジサイの名所として知られています。7月20日頃まで。


セキドがドローン導入のための補助金活用セミナー開催 産業用途でのドローン導入の足がかりに。

セキドがドローン導入のための補助金活用セミナー開催 産業用途でのドローン導入の足がかりに。

DJIドローン正規代理店である株式会社セキドは、ドローンの産業活用へ向けた、国の補助金制度に関する情報に特化したセミナーを開催する。


「第40回足立の花火」(7月21日)をJ:COMチャンネルで生中継 ドローン映像も

「第40回足立の花火」(7月21日)をJ:COMチャンネルで生中継 ドローン映像も

40回を記念し1万3,600発に増発!ドローンによる上空から見る花火の映像などで生中継放送。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。