「DRONE OWNERS倶楽部」スタート! 〝ドローングラファ〟を養成、支援

「DRONE OWNERS倶楽部」スタート! 〝ドローングラファ〟を養成、支援

 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は、ドローンで空撮したコンテンツ情報を提供するWEBメディア「DRONE OWNERS(ドローンオーナーズ)」の関連事業として、空撮コンテンツ制作のスペシャリスト「ドローングラファ」を養成、支援する有料会員制サービス「DRONE OWNERS倶楽部」の運用を始めた。


会員は田口氏、大前氏が講師を務めるオンライン講座が受講可能

 空撮はドローンの利用法として最もポピュラーな使い道のひとつ。DRONE OWNERS倶楽部は、ドローン空撮で動画作品を制作するための、企画、撮影、編集をこなすスペシャリスト、ドローングラファの養成、支援を目的に設立された。
 会員になれば、ドローングラファとしてのノウハウを体系的に学ぶことのできるオンライン講座が受講できるほか、空撮のためにドローンを飛ばしている最中の事故などに対応した損害保険に自動的に加入できる。非公開の会員限定コミュニティを用意し、会員間での作品紹介ができたり、品評会に参加できたりする。イベントの開催も予定でしている。
 オンライン講座の講師は、株式会社ドローンエモーションの田口厚氏、大前創希氏ら実績ある実力者が担当する。入会金4万円、年会費7万8千円(税別)

DRONE OWNERS倶楽部とは:
https://droneowners.jp/about_club

オンライン講座の撮影風景。ドローン女子のはぴさやさん(高橋早矢歌さん)がアシスタントをつとめた

この記事のライター

関連するキーワード


DRONE OWNERS倶楽部 ソネット

最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。