精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

2014年に米国カリフォルニア州で創業し、精密農業に使われるマルチスペクトルカメラのRedEdgeで有名なMicaSense社は、8月8日(米国時間)からデータ管理クラウドサービスの「ATLAS」とPix4Dを連携すると発表した。


測量用ソフトと精密農業ソフトの連携

測量用ソリューションのPix4D

 Pix4Dは、ドローンによる空撮データを2Dや3Dモデルに加工するソフトウェア。測量や資源探査に鉱物管理など、空撮データからさまざまなデータを加工し解析するツールとして、産業用ドローンのソリューションとして広く利用されている。同ソフトは、先ごろ測量ソリューションのSite Scanのエンジンとしての提供も開始した。クラウドベースのPix4Dは、既存のクラウドサービスとの連携によって、処理する画像データを強化したり、データ容量を増大させるなどの性能を提供する。
 そのPix4Dが、新たに連携を発表したMicaSense社は、RedEdgeというマルチスペクトルカメラで有名なベンチャー企業。RedEdgeは、青、緑、赤、レッドエッジ、近赤外線の5波長のデータをドローンに搭載して記録できる。MicaSenseでは、このRedEdgeでキャプチャしたデータを精密農業に活用するために「ATLAS」というクラウドサービスを提供してきた。今回の両社の発表は、この「ATLAS」とPix4Dの連携。ローカルPCでの画像データ処理エンジンとしてPix4Dを活用する。具体的には、2017年8月8日から、Pix4Dのメニューの中に、「Upload to Atlas」という機能が追加される。MicaSenseのCEOのGabriel Torres氏は「お客様はAtlasを分析およびコラボレーションのプラットフォームとして評価しています。また、データをローカルで処理することも重要だと指摘しています。そこでPix4Dのデータ処理能力とMicaSense Atlasの解析機能を組み合わせることにより、我々はこれらのニーズを最適に満たすソリューションを提供します」と話す。そしてPix4Dの農業ソリューションマネージャーのJorge Fernandez氏は「Pix4Dは、放射計測でも位置座標においても、常に正確な結果を提供します。Pix4Dで処理したデータをMicaSense Atlasユーザーに提供できるようになり、とても嬉しく思っています」と連携の意義を語る。
 MicaSenseでは、7月27日からPix4DagとPix4Dmapper Proの年間ライセンスと永久ライセンスの配布を開始する。年間ライセンスは$1,499(約17万円)、永久ライセンスは$3,490(約39万円)。

精密農業向けクラウドサービスのATLAS

この記事のライター

関連する投稿


Parrotが精密農業用ドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表

Parrotが精密農業用ドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表

2018年11月8日 - フランス。Parrot(仏)は、マルチスペクトルカメラを標準搭載した精密農業向けのドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表し、アメリカなどで販売を開始した。価格は、$4,490(約50万円)


Delair(仏)が農業・林業の大規模測量に最適化された新しいUAV UX11 Agを発表

Delair(仏)が農業・林業の大規模測量に最適化された新しいUAV UX11 Agを発表

2018年11月6日-フランス、トゥルーズ。商業用UASソリューションのサプライヤであるDelair(仏)は、農業向けに最適化された新しいUASプラットフォームのDelair UX11 Agを発表した。


MicaSenseが3-in-1のマルチスペクトルカメラAltumを発表

MicaSenseが3-in-1のマルチスペクトルカメラAltumを発表

2018年10月3日、米国ワシントン州。マルチスペクトルリモートセンシング技術を開発するMicaSense(シアトル)は、革新的な3-in-1ソリューションを実現したAltumを発表した。


SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

ドローンの販売や産業向けソリューションを展開する、SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company :京都市北区)は、航空写真測量ソフトウェアの開発を手がけるPix4D社(スイス)と共催し、ドローンを活用した測量分析ツールの公式セミナー、およびフィールドワークショップを京都で開催する。


DJI InspireとMatriceに対応したクアッドセンサーを米国Sentra社が発表

DJI InspireとMatriceに対応したクアッドセンサーを米国Sentra社が発表

2018年8月7日、米国ミネアポリス。農業用のマルチスペクトルカメラを開発するSentera(米国)社は、DJI InspireとMatriceに対応したジンバルとセットになったクアッドセンサーを発表した。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。