精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

2014年に米国カリフォルニア州で創業し、精密農業に使われるマルチスペクトルカメラのRedEdgeで有名なMicaSense社は、8月8日(米国時間)からデータ管理クラウドサービスの「ATLAS」とPix4Dを連携すると発表した。


測量用ソフトと精密農業ソフトの連携

測量用ソリューションのPix4D

 Pix4Dは、ドローンによる空撮データを2Dや3Dモデルに加工するソフトウェア。測量や資源探査に鉱物管理など、空撮データからさまざまなデータを加工し解析するツールとして、産業用ドローンのソリューションとして広く利用されている。同ソフトは、先ごろ測量ソリューションのSite Scanのエンジンとしての提供も開始した。クラウドベースのPix4Dは、既存のクラウドサービスとの連携によって、処理する画像データを強化したり、データ容量を増大させるなどの性能を提供する。
 そのPix4Dが、新たに連携を発表したMicaSense社は、RedEdgeというマルチスペクトルカメラで有名なベンチャー企業。RedEdgeは、青、緑、赤、レッドエッジ、近赤外線の5波長のデータをドローンに搭載して記録できる。MicaSenseでは、このRedEdgeでキャプチャしたデータを精密農業に活用するために「ATLAS」というクラウドサービスを提供してきた。今回の両社の発表は、この「ATLAS」とPix4Dの連携。ローカルPCでの画像データ処理エンジンとしてPix4Dを活用する。具体的には、2017年8月8日から、Pix4Dのメニューの中に、「Upload to Atlas」という機能が追加される。MicaSenseのCEOのGabriel Torres氏は「お客様はAtlasを分析およびコラボレーションのプラットフォームとして評価しています。また、データをローカルで処理することも重要だと指摘しています。そこでPix4Dのデータ処理能力とMicaSense Atlasの解析機能を組み合わせることにより、我々はこれらのニーズを最適に満たすソリューションを提供します」と話す。そしてPix4Dの農業ソリューションマネージャーのJorge Fernandez氏は「Pix4Dは、放射計測でも位置座標においても、常に正確な結果を提供します。Pix4Dで処理したデータをMicaSense Atlasユーザーに提供できるようになり、とても嬉しく思っています」と連携の意義を語る。
 MicaSenseでは、7月27日からPix4DagとPix4Dmapper Proの年間ライセンスと永久ライセンスの配布を開始する。年間ライセンスは$1,499(約17万円)、永久ライセンスは$3,490(約39万円)。

精密農業向けクラウドサービスのATLAS

この記事のライター

関連する投稿


SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

ドローンの販売や産業向けソリューションを展開する、SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company :京都市北区)は、航空写真測量ソフトウェアの開発を手がけるPix4D社(スイス)と共催し、ドローンを活用した測量分析ツールの公式セミナー、およびフィールドワークショップを京都で開催する。


DJI InspireとMatriceに対応したクアッドセンサーを米国Sentra社が発表

DJI InspireとMatriceに対応したクアッドセンサーを米国Sentra社が発表

2018年8月7日、米国ミネアポリス。農業用のマルチスペクトルカメラを開発するSentera(米国)社は、DJI InspireとMatriceに対応したジンバルとセットになったクアッドセンサーを発表した。


【慶大×田村市】ビール主原料、ホップの畑をInspire2などがフライト! 「たむらモデル」の次の一手

【慶大×田村市】ビール主原料、ホップの畑をInspire2などがフライト! 「たむらモデル」の次の一手

 福島県田村市のホップ畑に、ドローンが飛んでいる。飛ばしているのは田村市と包括連携協定を結んでいる慶應義塾大学の南政樹さんのチームだ。ビールの主原料であるホップの高い品質の確保、農家の労力軽減、生産コスト削減にドローンを役立てるため、実践投入を見据えて飛行を繰り返している。「たむらモデル」の次の一手は、農業だ。


精密農業に最適化されたPix4Dfieldsが発表される

精密農業に最適化されたPix4Dfieldsが発表される

ドローン用画像解析ソフトを開発するPix4D(スイス)は、精密農業に最適化されたPix4Dfieldsを発表した。


精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測

精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測

市場調査会社のRESEARCH&MARKETS社(米国)は、2018年の精密農業市場が50.9億ドル(約5,650億円)に達すると予測し、CAGRが13.38%で2023年には95.3億ドル(約1兆円)になるとの予測を発表した。(田中亘)


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。